週刊 最乗寺だより

小田原のほうではなく、横浜市都筑区にある浄土真宗本願寺派のお寺です。

勝田山 最乗寺
045-941-3541

ねむの木

2017-06-22 21:36:29 | 境内の植物

朝、住職に「墓地にネムノキが綺麗に咲いているよ」と言われ、これはブログへの情報提供だなと思い、さっそく写真を撮りに行ってきました。

  

上から撮ったネムノキ。
花が葉の上に咲くので、下からだと葉っぱしか写りません。

  

糸状の花を咲かせ、淡いピンクはおしべになります。
奥に写っているツブツブが蕾で、一つの蕾から20ほどの花が咲き、それが集まって写真のような一つの花に見えています。

ネムノキは日本語で「眠の木」。
由来は夜になると葉が閉じて、眠っているように見えることから「ねむの木」と名付けられたそうです。

そしてもう一つ、パソコンで「ねむのき」と打つと「合歓木」と変換されます。
この漢名を使った歌が万葉集に残っており、なかなか色っぽい意味合いなので、興味を持たれた方は調べてみてください。


そして前回の花ですが、住職に聞いても「分かんない」とのことでした。
はてさて、何なのでしょうねぇ?

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤黒い花 | トップ | 築地でご縁結び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

境内の植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。