某国破壊工作団体幹部氏 へ

某破壊工作団体と某被害者とのごく内輪の遣り取りの場所です。

17/6/30 其の六

2017年06月30日 | 日記

睡眠時間二時間有るか無いか位で、叩き起こされた 笑。
世の中には「鬼畜」が本当にままいるのだな、、とこの事件で痛感させられた 笑


今もそうだが、、 最近動悸が止まない処がかなりある。


水曜日、六月二十八日に外出したのだが、、 車を避けようと小走りになったところ、いわゆる「オカマちゃん走り」になってしまって、苦笑いをした。
歩いている最中も、、 万事自分の体がガタガタになって来ていて、自分で自分がコントロールできていないものを、この事件での外出中に初めて本当に感じるものがあった。


母の次に今度は自分だな、、 と最近痛感させられている。
この夏中におかしくなる予定(笑)なので彼らと本気でバトルすることを決めている。


先程は、「其の五」で随分と奇妙な文を成してしまい、、恥ずかしさと後悔で寝起き後しばらくは「頭痛」がしたのだが(笑)、この彼らの扱いを見ていると、、 一種の遺言(?笑)としては許されるかな? と思い直してもいる。


自分は星が余り良くない下に生きていると最近は諦めて来ている(笑笑)。
先程の記事では妙に壮大な内容を書いてしまったが、、、 結局、猿の様に苦しむ役割が運命として与えられた  というところが正解かな? と思っている 笑笑笑。


せいぜい苦しむ猿として役割を果たして、、 この事件が世の中の御役にほんの少しは立ってくれたなら猿なりに(笑)嬉しいな、 と思っている。


令嬢も、両親も、、 私が令嬢に接近しようなどとはゆめゆめ考えてはいないから安心されたい。


さて、、 最後に一番言いたいことだが、、

この極度の疲れ、寝不足の中で頭も張り詰めた様になっているのだが、、 『室内も例によって暑さ攻撃で熱くなっているのだが(!!!)』、、 その中ようやく布団で身を横たえて一時休もうとしたら、、
『頭部を熱してくる』のだ。 これは脳内出血を起してナンボのことであり、彼らの煽りには凄まじいものがある。


私の話しは妄想なのだろう?
笑・笑・笑  そのまた笑。
(新司令さん、、貴方の彼女の話しを止められているけれども、できる範囲内で近々御話致しましょう)



一時も早く公権力の方々の御手によって、、彼らに大鉄槌が下るのを願って止みません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/6/30 其の四 | トップ | 17/6/30 其の七 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事