某国破壊工作団体幹部氏 へ

某破壊工作団体と某被害者とのごく内輪の遣り取りの場所です。

17/4/20 其の二

2017年04月20日 | 日記

御嬢さんね、、、文字というのは対面で話すのとは異なり、伝達手段としては真に難しいものがあります。


ですから以下、私の真意が正確に伝わることを祈りつつ書きますが、、


貴女や貴女の御家族のされていること、、それは失礼ながら自己保身ではあるのですが、、


自己保身自体は悪いものでは決してありません。

しかし、、誇張ではなく私は何時死ぬか解らないのです。 格好をつけて言うのでは全くなく、ここは残念ながら「戦場」なのです。


そこでの貴女や貴女の御家族の振る舞いは、これは異性間のことで例えるならば、、「政略結婚」と呼ぶもののそれであります。


そして政略結婚であるならば、、私ほど貴女に相応しくない者も他にありません。

ですから、、一刻も早く金銭的処理をして頂きたいのです。そして、貴女は貴女の世界で早く幸せになって頂きたいのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/4/20 其の一 | トップ | 17/4/20 其の三 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL