某国破壊工作団体幹部氏 へ

某破壊工作団体と某被害者とのごく内輪の遣り取りの場所です。

17/7/18 其の三

2017年07月18日 | 日記


私がこれから出す事実は「絶対に」国に御迷惑は御掛けしない。


御前らの動画とやらの「録画日時」をどうやって証明するのだ?


万が一、仮に問題になったとしても、事は簡単だ。
私が御願いして、警備員さんに来て貰っていただけだ。非常階段内に異常が見受けられました、、と言ってね?


さて、、 いい加減な新司令なぞどうでもいい。
君らサイドの御偉いさんにはよく考えて貰いたい。


正確な日時など細かなことは、後々にきちんと記したいと思う。
(なにせ寝不足とかで、今は疲れているもんで 笑)


簡単に言うならば、、 私が外出すると丁度私が家の外に出たところでそこに警備員さんがやって来た、、 という問題である。
しかも、、それは確か五回くらいは連続して続き、、私の外出時刻は当然ながらその度に異なり、何曜日に出掛けるか、、という点も規則性は全くなかったことなのである。


①誰が警備員さんに命令をしていらっしゃるのか?
②どうしたらベストタイミングで、、私が家を出たところ「丁度」で、警備員さんが拙宅の前に姿を現すことが可能なのか?


①の問題はここでは横に置こう。

さて問題は、、 ② である。
答えは簡単。 私のチップから来る情報を読み取っていらっしゃるから・・



新司令以下の英邁なる君らサイドの皆さん、、
そして社長一派の諸君、、

貴方方が自慢の種にしている「超科学」を自在に使っていらっしゃる誰かが存在される、、、 と言っても信じないかい??

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/7/18 其の二 | トップ | 17/7/18 其の四 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL