某国破壊工作団体幹部氏 へ

某破壊工作団体と某被害者とのごく内輪の遣り取りの場所です。

17/4/20 其の六

2017年04月20日 | 日記

繰り返しになりますが、、恭○さん、またもや短時間睡眠とは随分と手荒い御返答ですね?

 

貴女様の目から見れば私も母もゴミ同然なのでしょう。

 

どうして、そんな貴女の家に私が関わろうとするのですか?

自惚れるのもいい加減にして頂きたい。

地に足を付けて実直に生きることがどれだけ素晴らしいことか・・

 

私も一応男性です。

これ以上、詰まらないことを書いたりなど決してしたくはない。

金銭で処理を計るべく早く交渉を開始致したい。

 

母と共にこの家を出ます。

今後、余計な口外は決して致しません。

── これで宜しいですね?

 

それとも、、、 短時間睡眠などで私が「自然死」するのをどうしても御望みか?

貴女などが国家に圧力を加えているのか?

 

 

 

御令嬢、、、

 

もう貴女は東京の御自宅に御帰りなさい。

そんな意味のない会談・談判などより、、「匿名」の「一行」のでいいから謝罪文が私は欲しかっただけだ。

 

この十三年間、、私も母もどれだけ苦しんだろうか?

貴女と知り合った御蔭で、最早、私の人生は無茶苦茶になってしまった。

 

ここまで忍耐の限りを尽くして来た。

それでも親子して嘲笑うなら嘲笑えば好かろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/4/20 其の五 | トップ | 17/4/20 其の七 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL