某国破壊工作団体幹部氏 へ

某破壊工作団体と某被害者とのごく内輪の遣り取りの場所です。

17/6/18 其の五

2017年06月18日 | 日記

指導者氏よ、、 もういい加減に「プロレス」は止めましょうよ。


元1007号室妖怪もプロレスをとうとう見抜いて、また舐め切った性格に戻ってしまった。




さて、、


財閥家へも含め、私は甘いことを貴方方に要求した覚えはない。


完全に楽になろう、だとかまして妖怪をこのマンション外へ連れ出せ、なんて微塵も要求した積もりはない。


ただ、、 合意に達したか何か知らんけれども、、


どうして、すぐに 『殺し』『寝たきり』 に踏み込むのだ、、『獣』諸君?


それから、、 いい加減、妖怪のせいにして逃げるのは止めましょう。

この妖怪に装置なんか渡したら、どういうことをするか、、 我々全員一人残らず知っていることではないか?


指導者さん、、 『貴方が』自分の判断で装置を妖怪に渡したのだから、責任を取るべきは貴方だ。


もしくは、、『合意』がなったのでしょう?


ただ、、 それが本当だとしたら、私は物凄く気が楽になりました。

大変な事件で揉みくちゃになるのですが、、何とかやって行けそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17/6/18 其の四 | トップ | 17/6/18 其の六 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL