自治州と環境と防災と新エネルギー(災害予防調査会プラネット通信ブログ版)

防災環境研究24年。危険な高層ビルや地下開発が進まないよう、防災環境基準作りと対策を州で行うよう訴えるブログを開設した。

6月20日再修正「築地移転意思決定権は議会と借地借家人にあり」ー私を不当逮捕すると北から核が飛んでくるぞ千葉県警と市川警察!

2017-06-19 | 築地問題も猪瀬と民進党が本当は悪
今後このページを最後として新たな投稿ごとに6月6日分の新しい修正として前文だけを付け加える。
 
私が大喪の礼を止めようとしなければ、憲法1条違反の退位法が天皇の要求で全会一致で共産党を含めて通ることはあり得なかったからである。4年前の都議選で共産党の議席を橋下の東京進出を止めて「穴が開いているから立候補するように」と教えることもなく、共産党が都議選衆参両院とも大量議席増になっていなかったであろう。

妨害がひどいのでまったくかけない。6日から9日にかけて4日かけて文字を修正したときと同じで書いた文字がすぐ消える。これで今日はやめる。修正したタイトルの趣旨で築地問題は別途HPにする。


 昨日夜中に築地に行っている間に、誰かが自宅に侵入した形跡を感じる。警察ではないだろう。なぜなら県警には原子力規制委員会を通じて、北朝鮮の核攻撃の危機が顕在化したときに「不当逮捕すると北朝鮮の核が飛んでくるぞ」と警告するように申し入れてあるからだ。

千葉県警トップは警察人事のことばかりのあるブログで、「民主党政権で原子力関係機関に移動して警察に戻れないはずの人物がなった」(事実確認は取れてない)とかいてあったからである。

千葉県警と市川警察が警察職務法に違反して何度も不当逮捕しようとしてきたことについては、千葉地裁に訴えたら、地裁が10年前の団地管理組合の詐欺背任計画修繕工事に肩入れした後、私の訴えに対して1件を除き不当裁判を続けてきた、

そもそも災害予防調査会のほうが、建築基準を決める国の官庁営繕部や建築指導課より災害対策の建築工事については正しいことはこのブログを見ている皆さんは知っていると思う。最近だけでも、笹子トンネルの事故後の早期復帰は私の改修工事のアイデアである。

このとき羽田国土交通大臣に申し入れて以降、提案にはお金をもらうことにしてある。御嶽で噴火後救助を見送ろうとしたときに官邸にすぐに救助を申し入れて自衛隊員がわたしの提案を踏まえて救援に赴いたし、利根川の水害も紀伊半島の自然ダムもしかりである。そういうわけで東日本大震災関係を除いても救援に向かう自衛隊員や警察官を含め何十人も何百人もの命を助けている。

請求できないできたのは千葉地裁と市川簡易裁判所の不当判決のせいである。

わたしよりはるかに知識がないインチキマンション管理士会社と結託して20年団地管理組合を私物化してきた無知無教養理事どもが、インチキ泥棒施工管理手数料工事費の10%という非常識な額を詐欺会社が管理組合から吸い取る、あと10年不要な無駄工事を止めようとして、千葉県警と千葉地裁の不正介入と不当判決の結果、母の介護中の2012年には愛知に帰っていたところをインチキ工事の仮処分不当判決を押し付けられた。

仮処分命令で、市川警察が工事の強制に来るなどあってはならないのに、警察が執行法違反を犯してインチキ管理組合とインチキ管理会社と本社登記場所に内容証明を送っても「あて先不明」帰ってくる本社住所もない詐欺工事管理会社と詐欺工事施工会社と結託して強制した。千葉地裁の不当仮処分でインチキ工事を押し付けられてわたしが千葉に戻ってすぐに実家の母は死んだのである。

その1年後から不当裁判を訂正させようと千葉地裁に訴えて以来、今度は千葉地裁が裁判の不正を隠ぺいするために東京高裁に上がらないようにわたしの訴えの趣旨を勝手にゆがめてインチキ判決の上塗りをした。そのおかげで喘息になったのである。

千葉地裁がそんなことをしたのは、あまりの不正に「私が原発爆発の鎮静化のアイデアを出して助けたことや新民主党を提案して選挙に勝たせたのも私である」ことを明かしたからである。

特に「田中真紀子を助けた時に最高裁に東京地裁高裁の建物の具体的な危険箇所を指摘し、最高裁は全国の裁判所の建物を耐震工事を始めたほど私の知識がインチキ会社より勝っていると言ったら逆に自己防衛に走ったのである。

もっととんでもないことは、野田佳彦(勘違い野田さん)が落選県会議員から民主党の首相になったことである。藤井裕久が消費税を原発4連発爆発中に策謀したせいだった(事務所に確認済み)。

菅直人の辞任で野田が首相候補とのニュースの時点で藤井事務所に抗議すると、首相候補を撤回してもいいようだったが、野田が玉突きで上がった財務大臣の秘書官が、2000年に最初に東海南海地震の危険を聞いてくれた、羽田内閣の元官房長官熊谷氏の秘書として逮捕された日高氏だったので、いつもの浪花節で「熊谷氏を首相にしたかっただろうに」と思って、「ただし野田首相は1か月で引きずりおろしてやる」といった後のことである。

誰の仕業か市川で猟銃と弾140発が盗まれた。ところがそのニュースは朝NHKが報じたあと3日間音沙汰がなかった。ネットではなぜ橋を検問しない?とか市川市民と周辺地区住民からたくさんの書き込みがあった。

橋の検問どころか、逆に銀行駅学校駅前ポリスボックスから繁華街の交差点まで警察官がひとりもいなくなったのであった。そこで官邸に「私を殺そうとしている者がいるのではないか?」と電話したら即逮捕されてNHKがコソ泥と報じた。

その次に起きたのは、天皇の心臓手術を創価学会東大の心臓移植の教授がやるという報道だった。わたしは1989年の昭和天皇の大喪の礼でお祭りや娯楽がすべて「自粛という名の禁止」になったことは憲法に反すると思う。

憲法は国事行為だけを天皇のすることと定めていて「ご公務」は憲法違反だというのが、小学校から大学まで、私たち60歳以上が習ってきた定説であった。いつから「ご公務」が憲法違反でなくなったのか定かでない。

日経新聞が最初は社会面の小さな病状記事だったのが、批判されたのかほかの新聞と一緒に、どの新聞社も一面にしたことは国民主権の国の出来事とは思えなかったので、天皇の手術が失敗して大喪の礼になることを止めようと思ったのである。

昭和天皇の時は、赤旗が「戦前は何が禁止された」と書くたびに、何にも知らなかった自民党政府が赤旗の言うように禁止にした。共産党は戦前と同じことを国民主権の現在の国民に押してけることに反対のデモ一つ打てなかった。反対ができないぐらいなら、せめて誰も知りもしない天皇制の大喪の礼を国民に押し付けることにわざわざ協力すべきではなかった。

そういうわけで、当時は東日本大震災から1年たってなかったので、まだ毎日のように余震が東京にも来ていたので、「拠点病院と再開発都心の超高層大学から避難する方法を教えるから今の天皇の大喪の礼を防いでほしい」と申し入れたのである。

もちろん文部省の大学局と厚生省の医事局である。(母が死んだのでまだ教えてない。この手を母のために使うべきだったとおもうが、ただのおばあさんの為には日本一の名医を紹介はしないだろう)

そうしたらと神の手は「1週間前に手術の依頼が来た」といって、天皇は翌週土曜日に手術をした。天皇は直前金曜までご公務とやらを続けていた。心臓手術なら,一般人でも仕事はセーブして手術前に事前入院するのが当然であろうに不自然と思うのである。

野田佳彦の官邸には、当時大喪の礼を望んでいた今の加計事件のような人がいたのだろうと思う。事実、そのあと天皇皇后の声として、「天皇陵を小さく、皇后はそのそばに小屋でも」と言っているというニュースも報じられた。

この当時は宮内庁にも電話が通じていた。そして厚生省出身の宮内庁長官を、野田佳彦は就任直後やめさせた(わたしは中野公安委員長に菅が望んでいたクビにしないように頼んでいた)安藤警察庁長官に変えるといいながら、実際は国土交通省出身者に変えたのである。

手術が成功し大喪の礼の可能性がなくなった直後から、野田首相が天皇の希望していた女性宮家創設を提案したのはどうしてか?私は今回の退位騒動を大変残念に思う。我々は憲法の定めるように勉強させられてきた。

憲法違反と習った「ご公務」のために、憲法1条の解釈を180度変える退位の法律を通そうとしていることは、天皇の命を助けるきっかけの一つになった者としては残念である。(皇后が最初は反対したというニュースがあったが、戦後教育を受けた元国民としては当然と思う)

さて小括だが、このブログ読者には今、築地問題の真の解決のために、「環境防災クラブ準備会」が考案した、12月から中央卸売市場に提案してきた安上がりで1年以内に可能な築地での建て替え案で、今まで積み立てたといわれる2000億円以内で追加負担なしで可能な解決案を待っている人もいると思う。

わたしの率直な物言いでインチキ会社から名誉棄損のウソを訴えられて、あるいは民主党の原発事故海水注入人災を暴いたら不当逮捕されるとか、また千葉県警千葉地裁が今後不当裁判の再審を訴えたら不当逮捕するとかが、万が一にもないにように協力してほしい。

築地でその一部を1年で実行することで、北朝鮮から原爆が落ちてくることを防ぐために。北朝鮮が核開発と世界最先端のどこもやっていない水素社会の真っ先の導入をバーター取引をすることを願う。

なお今回の最大の危機は1月のトランプ大統領就任直後から4月のティラーソン国務長官就任までの間である。

アメリカと中国と北朝鮮とロシアに対しても、世界中のこれ以上の温暖化や自然破壊を防ぎたいという人々にも必ず私の提案は参考になるいはずだ。わたしへの期待にこたえたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 修正の修正築地市場問題の緊... | トップ | 北朝鮮危機to立憲民主党躍進... »

コメントを投稿

築地問題も猪瀬と民進党が本当は悪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL