さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

祝オープン♪~海野宿の新たなカフェ~

2016年07月16日 | 現場16 東御市 古民家カフェ計画

海野宿の新たなカフェ

古本カフェ のらっぽ

祝オープンです

客間

  

2014年秋口に依頼をいただきました古本カフェ計画&工事。

1年強程、お待ち頂きまして

2015年末頃から具体的な計画に着手し、

2016年1月下旬から工事が始まりまして

ようやく2016年7月15日オープンを迎える事が出来ました

 

今回は、いわばデザインビルドといいますか

栖風采としては、設計というより、デザイン監修的な立ち位置で関わりまして

施工はうちの主人(夢創)。

つまるところ、設計施工、いわゆるデザインビルドです。

(私はプランとデザインと積算のみで対応。あとは現場判断で)

   

通常は、

栖風采でお施主さんと設計契約をし、

計画がまとまりましたら

うちの主人(夢創)とお施主さんが、工事契約をする

というスタンスでやっているのですが、

(一応、設計と施工は別扱い)

 

今回はいわゆる別腹案件でしたので

このようなデザインビルド方式で対応させて頂きました。 はい。

(海野宿関係は別腹?扱いなのです

     

というか、栖風采に依頼して下さってるお客様は皆さん、順番で設計を待って頂いておりますので

それを割りこんで、地元の仕事を優先する、というのは

私としては出来ないのです。 建前上かもしれませんけど。 はい。

  

海野宿の案件については、歩いて行ける距離の現場なので、

設計に時間をかけるのではなく、現場で対応することで

栖風采にご依頼の順番待ちのお客様になるべくご迷惑をかけないようにと苦肉の策だったりもするんですけどね

 

さて、そんな訳で急ピッチで進めておりました海野宿古本カフェ工事も何とか終わりまして

無事にオープンを迎えました

お施主さん、改め、店主の奥村さま、オープンおめでとうございます

  

これから同じ海野宿で共にやっていく者として、

私共もカフェを応援しながら、そして建物のメンテも対応しながら

これからもお付き合いの程をどうぞ宜しくお願い致します

 

という事で、

オープン初日に、早速一服にお邪魔いたしました☆

オープン初日は、ちょっと曇り空。

雨が降りそうなお天気でしたけど、午後からは晴れました。

  

 

 

新しい暖簾も掛けられました♪

暖簾のデザインは、店主の奥村さんがご自身で考えたものです!

店名の「のらっぽ」(意味はなまけもの)らしいロゴですね。

 

改修工事の方は、結構、ビシーっと綺麗に直しましたので

ありゃ、もう少しラフな感じにすれば良かったのかな?

と、

この暖簾をみた時、正直思いましたデス

 

でも什器類は、モダンな感じなものを選ばれてましたし

ビシーっと綺麗な改修しても、全然許容範囲。

そこが古民家のいいところなんですよね。

何でも許容できる懐の深い古民家

 

ちなみに

このお手洗いを示すピクトグラムは、奥村さんの手作り

 

そうだ、まだ竣工写真として掲載してなかったお手洗いもUPしておきますね♪

 

 

 

 

おっと話が逸れてきましたが、元に戻しまして

オープン初日に、一応、利用客としてお邪魔してきた訳ですが

ずっと出入りしていた現場だけに、空間には慣れっこではあるんですけど

改まって客として座ってみると、なんだか照れくさいものデス

  


 

ホットコーヒーを注文。

  

で、折角の古本カフェなんですから本を拝見

本のセレクトが、興味ある分野が多く、面白そうな本が結構ありまして

早速、青山二郎の本を手にとってみた

で、

そうやって私達が一服しているところへ

ちょうど息子が学校から帰ってくる途中で、街道から見つけらてしまい

息子も一緒に一服することに(笑)

  

 

息子もたまには現場に来てたので

 

どーよ?お父さん、お母さんがやった現場はどーよ?

 

と、息子に建物の感想を聞くと

  

うん、綺麗になったね

  

と。

ん?それだけ? 

ま、いっか(笑)

こういう空間、見慣れ過ぎて息子にとっては何とも思わなくなっちゃったかしら^^;;

 

それはさておき

一応、カフェも無事にオープンしましたし

私共の方は取りあえず一段落。

(いやまだ残務がありますが)

 

そしてお施主さん、改め、店主の奥村さんは、

これからが始まりです

 

ここ長野県東御市の海野宿で、

ゆる~く(?)

そして

長ーく、

続けていって貰えればいいなと思っております

  

 

さてさて、私の方は、これで気持ちを入れ替えまして、

ずーっとずーっとお待たせしております次の案件を進めなくては(超焦)

  

 

~お店情報~

 

信州北国街道 海野宿の古民家

 古本カフェ 「のらっぽ」

 used book &café norappo

 

 映画、写真、美術工芸、絵本、文芸、山と自然などの本を扱う古本屋です。

 座って本を読みたい人も、珈琲を飲みたい人も歓迎です。

 あなたのお気に入りの本が見つかればほんのり幸福気分になれるでしょう。

 ついでに本を買っていただけると、店主も少しだけ幸福になります。

 (店主:奥村誠一)

 

◆お店の場所

 東部湯の丸ICから車で10分

 しなの鉄道田中駅からは徒歩で22分くらい。

 海野宿の真ん中あたりです。

 (長野県東御市本海野1030)

 

◆営業時間

 だいたい10時半~16時半ころ

 お休み:火曜日と水曜日+冬眠の季節

 電話:090-4161-3200

 Eめーる:sei.okumura@gmail.com

 twitter@fukagawafura

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開店のお知らせ~海野宿古本... | トップ | 小休止~お酒がおいしくなる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですね! (Wolfen)
2016-07-16 22:40:54
古民家が好きで本が好きな私にとって夢のようなお店です。距離があるところの住んでいますが、きっといつかお邪魔できると思います。
ブログで紹介されているいろんな物件、とても興味深く読ませて頂いています。
Unknown (kaori)
2016-07-20 18:48:41
Wolfenさん

コメント有難うございます♪
Wolfenさんは長野県でいらっしゃるのですね。
わぁ~ なんだか嬉しいです☆
是非、いつか遊びに海野宿にいらして下さると嬉しいです^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。