さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

煙突掃除

2016年10月29日 | 現場1~小諸の別荘 古民家再生

先日、霜が降りて寒くなったと思えば、次の日には10℃以上も暑くなったり、

と思えば、また寒くなり、、、

そんなアップダウンな気温に振り回される季節の変わり目、晩秋の頃になりつつあります。

晴れていれば、少々寒くても紅葉を観に行きたい症候群が発症するのですが

今年はどういう訳でしょう、

天気が続かず、出掛けたくなるような気分も元気も出ません

 

  

さて、少し前の話になりますが

小諸市の古民家再生物件の煙突掃除の見学?に行ってきました。

 

こちらの家は

2006年に設計依頼を頂き

2009年に竣工した小諸の古民家再生の家です。

別荘として使って頂いている家なので、未だに創建当初とあまり変わらず綺麗なままです。

  
別荘ですので、薪ストーブの使用頻度は低く

煙突掃除は、竣工後4年目くらいにお施主さんが御自分でお掃除されたようでした。

    
  
今回は、煙突からスズメが何羽か入ってしまうハプニングがあったそうで、また、薪ストーブに上手く火が入らなかったりで

お施主さんから薪ストーブを制作したケンズメタルワークの高橋さんに直接、煙突のお掃除メンテナンスを依頼されました。

  
薪ストーブは、お施主さんが直接、薪ストーブ屋さんを見つけて購入してくるケースが多く

そういう場合は、建築工事と別途扱いになるので、メンテナンス依頼は施主さんから直接、薪ストーブ屋さんへ、となります。

  
ですが、この現場の場合

煙突工事は、薪ストーブ本体を作った高橋さんではなく

私共と当時、取引のあった薪ストーブ屋さん(輸入薪ストーブの代理店)が施工したものでした。

といいますのも、高橋さんはその当時、「瓦屋根」の煙突施工の経験が無かったという事で、
煙突工事を御辞退されたのでした。

でも現在は、この現場の煙突施工をみて覚え、瓦屋根の煙突施工も出来るようになられたそうです!

さすがですね。 

しかも、今は息子さんも一緒に薪ストーブを作っているんですって~☆ 後継ぎが出来て羨ましい~♪
  

  
 
そんな竣工して7年目になるこの小諸の家なのですが、始めてプロによる煙突掃除となりまして

私も是非、煙突掃除の見学をしたいと思いまして、現場に押し掛けてしまいました。

 

煙突そのものは、やはり使用頻度が少ないので、煤もあまりなく綺麗だったそうです。

そして、鳥の巣も出来て無かったとの事です。

 

 

煙突掃除が終わった後は、ストーブ本体のお掃除。

室内で作業が始まりました。

 

そうしましたら、

なんと!

ストーブの中に羽根がいっぱいあるじゃないですか!


 

写真でお分りになるでしょうか?

鳥の羽根、そう、スズメの羽根がいっぱいだったのです

 

え?え?

煙突には鳥の巣らしきものは無かった。

けど

ストーブの炉内に羽根がいっぱい?

 

お掃除しながら羽根を掻きだしていると

スズメの亡骸も出て来る、、、

それも10羽近くも出てきたみたい。。。

 

どうもスズメが煙突からストーブ内に入り、出れなくなったみたいなんですが、

それが一羽二羽じゃない、、、

高橋さんもビックリ!

私もビックリ!

もちろんお施主さんもスズメさんが可哀そうだと。

 

うーむ。

  

実は2009年の竣工当初、留守している間にスズメがどこからか家の中に入り込む事件がありました。

外張り断熱工法を使った新築同様の古民家再生なのにどこからスズメが入ったのか。

その件については隙間を特定できたので、解決したのですが

(隙間は、軒裏現しの盲点といいますか、棟木と垂木の接点にやむ負えなく出来てしまう隙間でした。

屋根勾配が急だと特に隙間が出来てしまうんですね。 軒裏現しの盲点、この現場で知りましたです)

 

またスズメさんが、、、今度は薪ストーブの中に入ってしまう事件。 

スズメさん、可哀そう

なので、

煙突からスズメが入らない対策を講じよう、というお話になりました。
  

 
取りあえず、この物件の煙突工事は高橋さんではなかったので

一先ず、煙突工事を施工してくれた別の薪ストーブ屋さんに相談し、

幾つか対策案を考えて

お施主さんにご提案してみて、どうするかを決めていくことにしました。

(一応、対策方法は決めました)

  

家って、建てて終わりではなくて、

その後も、、、多少でもいろいろあるもので

その度、どこへ連絡すればよいのか、どうすればいいのか、誰が対応してくれるのか、等、

悩んだり困ったりする事も多いものです。

 
    
そんな時は遠慮なく、声を掛けてもらいたいなと思って

そういうお付き合いを竣工後も心掛けてはいるつもりですが、
    
ハガキの一枚でも定期的に出す、とか、本当はやっておくべきだと思ってはいるものの

そういう事務的なサービスが、案外出来て無い私でして、、、

(いつも仕事が山積で手一杯、、、これが零細事務所の現実)
   
  
それでも、この小諸の家は「別荘」という事もありまして

一応、冬場の凍結管理とか、何かあった時にお施主さんの代わりに駆けつける、そういう見回りをお願いされていますので

このように竣工後の様子を見させてもらって有難いものです。

 

   
ちなみにこの現場は、息子が当時2歳くらいの時から設計がはじまりまして

その息子も今は小6。

今回、煙突掃除の時に息子も連れて行ったのですが

お施主さん、小6になった息子をみて

「うわ~ こんなに大きくなったんだね~」と驚いてました

 

2006年からやってた現場でしたからね。

それから勘定すると、もう10年も経ちます、、、、

 

さて、帰る時には

お施主さんから収穫したばかりのサツマイモと人参をたくさん頂きました

 

凄い~

月に1,2度くらいしか別荘に来れないのに、こんなに野菜を作ってるなんて!

 

こんなに広い畑、

最初は大丈夫なんだろうかと心配したものでしたけど

なんのどっこい!

お施主さん、少しずつ畑を広げて、とうとうこんなにも!

菜園を楽しんでおられるのがよく分かります☆

 

早速、採りたてのサツマイモと人参を、その日の晩にいただきました~♪

人参は生のまま、息子なんかは美味しい~と、ぼりぼり頬張ってましたね。

 

サツマイモは鉄板で焼いてホクホク♪

(鉄板は、薪ストーブの高橋さんの製品です。私の愛用品)

そして、私は熱燗で一人晩酌でしたー

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霜降 | トップ | 少しずつ始まってます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。