さいふうさいブログ

けんちくのこと、日々のこと、いろんなこと。長野県の建築設計事務所 栖風采プランニングのブログです。

朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり

2017年05月09日 | 海野宿での暮らし

気がつけば1ヵ月ぶりのブログでございます。。。

4月はまぁ何かと色々ありまして、落ち着かない日々でした。

  

それでも日常の些細な事は、さいふうさいブログではなく、私のfacebookに投稿したりしてましたが、

実はそのfacebookでお友達になった方が4月に突然お亡くなりになり、今日はその事を書こうと思っております。

 

2017.5.9 牡丹開花。例年より1週間くらい遅かったです。

  

  

SNS(social networking service)

私がやっているSNSはfacebookだけで、TwitterやInstagram、LINEなどはやっておりません。。。

(ブログも広義にはSNSに含まれるという解釈もあるようですけども、このブログはSNSの特徴であるコミュニティ型の会員制では無いのでSNSとは別と考えています)

  

ただでさえ色々な事に追われて時間がないないと騒いでいる中、

ホームページの管理、そしてブログ、更にSNSまで手を出すと時間的に大変な事になるなぁと思いながら、

しかし今やSNS抜きというのも、営業上どうなのかな、という思いから始めてみたfacebookでしたけども、

やってみると、成るほど、使い方はブログとは違う事が分かり、いつの間にか、ホームページ、ブログ、フェイスブック の3本立で発信するようになりました。

そしてそれら3つを連動させるのではなく、其々その都度UPするという非効率さ  

そのせいでしょうね。さいふうさいブログの更新が少なくなってきまして、4月は1回しかUPできませんでした

   

一方、facebookではブログに比べ投稿そのものが手軽なので投稿頻度が多く、取り急ぎでリアルタイムの出来事やその時々に思った事を勢いでUPし、

後でそれを整理して、残したい記録をブログにまとめ、

更に建築現場についてのブログ記事だけをホームページにリンクを貼る、

そんなスタンスで今のところやっています。

 

そんなfacebookですが、2012年から始めそろそろ5年になります。

(ちなみにブログは2009年から始めたので9年目。ホームページは2005年から始めたのでもう13年目。3~4年で新しいサービスを追加するという感じですね。という事はそろそろフェイスブックの次の何かをやり始める時期なのかもしれませんね。。。インスタとか? うーむ)

facebookでは、面識のある人はもちろんですが、同級生にも時には見つけられてしまったり、全く見ず知らずの方であっても関心事が似ている人などと繋がっていきますので、ブログとは違う面白さを感じています。一方で、押し売り?みたいに興味のない記事や宣伝行為を否応なしに見せつけられるという弊害もあったりで(お互い様ではあるんですが)、それが時々ストレスになる事も。ですから自分の中である程度ルールを作って意識的に繋がるようにしてみると、最初は面識の無い方であっても、フェイスブックがご縁となって、リアルな交流が始まる事が結構あります

それはそれで引っ込み思案で消極的な?私には活気づいていい感じ^^;;

   

そうやってですね、facebookで知り合う事の出来たあるおじ様

お豆腐屋さんだったのですが、うちの旦那さんの実家からも近いところの方でしたし、何かと共通する話題もありFacebookで交流させてもらってました。

そんな折に、ある日突然、お豆腐を手土産に我が家までひょっこり来てくれた事も。

でもその方、足が不自由で(ギランバレー症候群)、車からは下りずに窓から顔を出すだけで、手土産置いてさっさと帰ってしまわれました。きっと忙しくやってる私達を気遣ってのことだったと思います。

(こういう時に痛感するバリアフリー。義務で法律でバリアをフリーにするのではなく、もっと素直に思うやりと言いますか、体が不自由な方にも建物に入りやすくしてあげたい。。。けど、うちはバリアだらけ。何だか不甲斐ない情けない悔しい気持ちです。。。)

    

そんなお豆腐屋のおじ様とはfacebookでお互いの様子を見ては「いいね!」を押しあったり、時にはコメントのやりとりして、

お酒の大好きなおじ様でしたから美味しいお酒の銘柄を教えて貰ったり、

写真を撮るのがお好きな方でしたから(特に鳥の写真など素晴らしかった)投稿写真にはいつも「いいね!」をポチっと。

おじ様の家で飼われている犬の名前の由来さえも、何故か教えて貰って知ってたり。

朝鮮人参を求めてうちの近所まで来られた事もありました。(朝鮮人参の「栽培」発祥の地が東御市という話を聞いた事もあります。

 

そんな交流をしてきて、いきなり急死。。。

 

え? えっ?

だって数日前に「いいね!」してたのに?

  

訃報もこれまたfacebookでの共通のお友達の投稿で知りました、、、

 

おじ様、ちょうど信州の桜が見頃な時期に、おじ様のお友達とあちこちお花見ドライブした翌日にお亡くなりになってしまった、という事のようです。

きっといつも通り、お花見から帰った後、ご機嫌で晩酌もされたんじゃないかしら。

そして次の朝、目を覚まさなかった。急性心不全だったそうです。。。

 

誰もが願う、畳の上で、、、とか、ぴんぴんころりで、、、とか

まさしくそんな逝き方。

おじ様の告別式に参列したお友達の話からですが、お寺さんの講話で

朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり」と説かれたそうです。

なるほど。。。

  

ある意味、羨ましい逝き方だなぁと思ったりもして。

桜が満開の中で旅経つなんて。

  

たかがSNS、facebook上でのやりとりだったはずなのに

SNSのやりとりって、そのリアルタイム性から、下手すれば身内よりもお互いの近況を知り合ってるような状況でもあり、、、

だからこそ、急にそのお相手が居なくなると、何て言うんでしょう、、、

寂しさが猛烈に込み上げてきて。。。

  

そう、本当に寂しいんです。

 

で、おじ様のfacebookのアカウントが未だに残っているので、おじ様のプロフィール写真があちこちに現れる。

まるでまだ生きているかのような錯覚になる。

しかもおじ様のページに、お亡くなりになった後にもコメントが寄せられて、何度も何度もおじ様のページが私のニュースフィールドに現れる。

また、おじ様の昔のコメントに、話を続けるかのようにお友達がコメントを続ける。

今も会話しているかのような状態に見えるのです。

 

それがとても不思議な感覚に陥り、また寂しくなったりして

これってSNS?facebookならでは?なのかもしれませんね。

 

明日 は 当たり前に来るものじゃない、そんな事を思い知らされたFacebookのお友達の訃報。

朝には紅顔ありて夕には白骨となれる身なり

  

Nさん、

facebookではお付き合い下さってどうも有難うございました。時々下さるナイスなタイミングでのコメント、忘れません。

そして白鳥の羽ばたく写真が好きでした。

ご冥福を心よりお祈りします。
 
 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然のお別れ。

2017年02月16日 | 海野宿での暮らし

突然のお別れ。
 
行ったきり、帰って来れなくなり、そのままお別れとなってしまいました。
 

 
ちゃんとお別れもしてないのに。
 

 
仕方ないと言えば仕方ないけど。

前々から調子が悪そうだったし。
 
でもまさか、今、お別れになるとは、、、
 

 
10年間、ありがとう。

   

  

2016年は山口県まで一緒に行ってくれた。

2015年は島根県まで。

2013年は北海道の北見まで。

2012年も北見まで。

(さいふうさいブログ 旅行記カテゴリーに纏まっています)  

  
 
よく走ったなぁ。

ステップワゴン。(主人の車です)

  
 
凡そ27万㎞で廃車となりました。

 

 

 

  
 
事故した訳ではありません。

1月に車検に出したら、すんなり車検が通るような状況では無かったステップワゴン。。。
  
板金がボロボロでマフラーが取れてた?

油が漏れてた?らしく、

修理するにも板金から、というレベルだそうで、

ディーラーさん「今、車検通せといえば通せなくもないですが、、、」

と、言い難そうな顔をされながら説明してくれました。

  

そして車検通すだけでも、云十万というお見積り。

でも、それも板金部分を切ってみなければ下地の状態が分からないので、最終的な金額がハッキリしないとの事。

そして車検を通しても、今後まだ修理が必要になるだろうとも。。。

  

まるで古民家再生の時によく言うセリフと似てます。

壊してみない分からないという、、、
  

で、

ロケのための我が家の下座敷突貫工事もあるので

直ぐに資材類の積める車がないと、現場仕事が出来なくなる

さて、どうしましょう

な展開。。。

  

悩んだ挙句

急ではありましたが、ステップワゴンは廃車にする事にして、別の車を調達する事にしました。

 

そうはいいましても、、、

代わりのワゴン車、そうそう簡単に即決できるものじゃありません。

ので、取りあえず、

軽トラックを調達することにして

ワゴン車は、これからゆっくり検討する事にしました。。。

 

  
という訳で、

旦那さんが乗ってたステップワゴンは1月末日をもって廃車に。

なんか寂しい気分
 
心の準備が出来てなかったし。

ディーラーさんのところでのお別れとなりました

車検も切れてしまったし、家に連れて帰ってお掃除する事も出来ず、

そのままさよなら・・・

今まで沢山走ってくれて有難う。

 

  

  
  
 
で、次の車は、やっぱり、

旦那さんにはハイエースを何とか乗らせてあげたいと思っています。
 
ハイエース、

そう、結婚する時に旦那さんが乗ってた車。

あの子は、41万㎞乗って10年前に手放したのでした。

  
旦那さん、実は小さい人?なんですけど

背が小さいからデカイのに乗りたい?、みたいな事、言っていて

ま、冗談だとは思うけど(笑)

目線の高い車が楽でいいのだそうです。

トラックとか好きそうだし。
 
背が低いから、目線は高く?(笑)

  

それに、あと10年以上はガッツリ仕事もしなければなりませんしね。

働く車が必要な訳で

となるとやっぱりハイエースかな。

4m材乗るし!←そこかい!みたいな
   

そして時々、旅行にも

車中泊な貧乏旅行も慣れましたし

ハイエースなら伸び伸び寝れるー

  

という事で

ハイエースの中古車の、程度の良さそうなものを半年くらい掛けて探そうかなと考えております

でもハイエース、ちょっとお高いのよね(泣)

車選びも大変。。。

 

ちなみに、急場しのぎの軽トラックはこれ。

一応、中古車です

 

これから宜しくね~

一杯働いて下さいな~

私達の現場は狭いところが多いので、きっと活躍してくれるでしょう。

  

 

こちらのトラックの営業の方、曰く

今までで一番最短の納車だったそうです。

ですよね~

だって車無いと、うちの工事が間に合わないと思って

超特急で動きましたもん。私。

旦那は現場(といっても我が家だけど)に張りついてたので

代わりに私が車を選んで、書類を用意して、バッタバタ

  

でも、お陰さまで

何とかロケまでに我が家の工事&片付け、間に合いましたデス~

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 今年も宜しくお願い致します。

2017年01月05日 | 海野宿での暮らし

2017年になりました

明けましておめでとうございます。

  

昨年は、暮れの挨拶をブログにUPする事も出来ずに年越しを迎えました。

と言いますのも

長年、さいふうさいブログを読んで下さっている方なら、

あれ?どうしたのかな?またか?

と思われた方もいたかもしれませんけども

そうです。

お察しの通り。

はい。

また臥せってしまいました

 

そう2010年にも同じような事がありましたですね(笑)

2010年 事始め

  

という事で、

いつもなら主人の実家で年を越すところだったのですが

ギリギリまで仕事が納まらず、

ちょいと無理して夜中まで寒い事務所で仕事してましたら

12月27日頃からどうも風邪をひきまして、、、アタタ

それでもなんとか29日をもって仕事納めとさせてもらい、

30.31日の二日間で、挨拶周りとお正月の準備、、、

 

どう段取りしても二日間でそんなに色々出来るはずもなく

それでも諦めの悪い私なので、無理しすぎましてね。。。

 

本当に毎度の事ではありますが

一年間を駆け抜けるように、全力疾走して

はい。

やってしまいました。

大晦日になってお熱が、、、

 

急遽、私一人この海野宿に残り、、、年を越しました

  

2015年の大晦日にも色々ありましたけど(笑)

ボイラー壊れて床暖房なしの年末年始・・・

  

2016年、何事もなく終わるかと思えば、やっぱり何かが起こる我が家、いえ、ワタクシ(笑)

もうこの性分はどうにもなりませんですね。

 

という訳で、2016~2017年への年越し蕎麦は、一人で頂きましたデス。。。

具合が悪くても取りあえず、食べるものは食べないと気が済まないものでして、、、

海野宿の福嶋屋さんの手打ちそばを用意してありました。

生蕎麦を茹でるのが結構、難しかったりするんですが

大晦日は私一人、、、

一人前だけ自分で茹でましたので、珍しく美味しく茹であがりました(笑)

 

そして、

一人で迎えた海野宿での元旦

まずは、自宅の神棚に手を合わせ、

 

それから、日の出頃にちょっと街道に出て見ました。

もう少し、遅くに出れば良かったかな。

まだ微熱があったので、日の出をしっかり見届ける事はしませんでしたけど

清々しい朝でした

 

毎年、駆け抜けるように年を越して、もう少しゆとりをもちたいなと、そんな風に思いながら

今年をどんな年にしたいかなぁと思いを巡らせ、
 
しかし、一方で周りを見渡せば、天災人災、災害が多く、

ぼんやりしてもいられないなぁとも思い、

その前にまず自身の健康が第一でしょう!と自分に言い聞かせてました
 
 

元日はまだ体調が今一つでしたので、主人と息子にはそのまま実家に居てもらい、

私は寝たり起きたりしながら家に籠り、

まだ作って無かったお節を追加して作ったりして、

久しぶりの一人を満喫?しておりました

  

2017年は酉年ですね。

 

玄関の生け花の香りに、新年早々癒され

 

一人でお正月を迎えるのは寂しいようでいて

妙な開放感もあったり。

 

作り置きのお節をつまみつつ

具合が悪くても、やはりお正月のお酒は欠かせない(笑)

上田のお酒。亀齢♪

特別純米、無ろ過生原酒♪

 

お酒で風邪を直すんだもん!

っていうと、怒られますが

  

ようやく正月2日には、

主人の実家で年末年始を過ごしていた息子と旦那さんに帰ってきてもらいまして

家族でお正月過ごしましたデス。

あ~ やっと我が家な感じ。

今年もこうやってお正月が迎えられて有難いです。

 

3日は出掛けられるくらいまで体調も回復しましたので

家族で初詣。

いつもの通り、氏神様の白鳥神社へ詣り、その足で善光寺へ行きました。

 

お詣りの後には、必ずおみくじを引く我が家ですが

白鳥神社で引いたおみくじは

ヤッター 大吉

この年末年始の風邪で、今年はきっとおみくじも良く無いだろうなぁと思っていたところだったので

おや!嬉しい 

気持ちが元気になりましたよ~

いい事が書いてあるなぁ。

運が上向いているけども、油断しないように、不義の楽しみに身を過たぬようにと。

そして

商売はひそかにすれば吉

 

その通りと思います。

必要以上に仕事を宣伝しても、私のキャパがもう一杯一杯なので、

最近はひっそりやっている次第。

それで良いのね。

  

次に行った善光寺でも、おみくじ。

そうしましたら、また?! 大吉

おぉ~

こちらのおみくじにも、思い当たるような事が記されている。

 

己の心と真剣に向き合い、たった一度の人生を力強く生き抜きなさい、と。はい! 

 

そして、健康、ゆっくり一人の時間を作ることが健康への近道、とある!私もそう思う!

元日はちょうど一人で休養しておりましたけど、かなり貴重な一人の時間でしたもの。

 

あと、旅行が、伝統的な建造物の場所に行くと良い、とある(笑)

もちろんですとも!!!

 

とまぁ、私だけが大吉を連続して引き当てまして、

それを見ていた息子がなにやら不満気、、、

 

じゃ、もう一度、別のおみくじ引こうか?

となりまして、金運勝運みくじなるものを引いてみました。

 

ら、

 

またもや 大吉!!!

きゃー

3連チャンで大吉を引いてしまいました、、、

 

どうなってるの?

ちょっと良すぎて、逆に身構えてしまいますね

 

でもこちらのおみくじにも、思い当たるようないい事が書いてありました。

あなたの真心がどんな相手にも通じる運勢だと。

そして知識や論理よりもまず誠意。何事にも真正面からためらうことなくぶち当っていけば、かならず道が開けます。と。

あ~嬉しい。私の性格そのまんまじゃないですか(笑)

むしろ、この真正面からっていうのが、なかなか不器用な結果になっていると自分では思っていたんですけどもね。

神様に後押しされて嬉しい。

 

あと、仕事面では、相手の真意をよくつかんで事を運ぶこと。とある。

正しく、設計とはそれに尽きるもの。

お客様の真意をつかむというのは、なかなか難しい事でもあるのですが、

設計を進める上で、真意を汲み取る、そういう作業の繰り返しが打ち合わせであったりする。

今やってる案件も、プランが何度か変更になってまして、

お客様の真意を汲み取る事が至らなかったかなぁと思っていたところでした。

しかし、今年はその案件もいよいよ動き出しますから、

しっかりお客様の意向を汲み取れるよう頑張っていきたいものです!

 

それと、健康面、病気は気力が衰えると熱が出る。とある(笑)

ズバリ、新年早々熱出ましたね。

あと、内臓の診察をもう一度と、ある。 

そうでした。

経過観察しているものがあったのですが、最近、経過を見ていませんでした。。。

  

おみくじ、侮れませんね。

見透かされているかのような文言に、大吉だと浮かれてはいられません。

身を引き締めて、今年も頑張ってやって参りたいと思います!

 

それでは さいふうさいブログ をお読み頂いている皆さま、

今年もまたどうぞ宜しくお願い致します!

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家のメンテナンス 2016年総集編

2016年12月07日 | 海野宿での暮らし

 

メンテナンスネタが続きます

さて、私が今暮らしている家は、江戸末の古民家主屋ではなく、屋敷内に建っていた昭和の離れを2004年に全面リフォームして、13年目に入っております。

そう、思い出すだけで笑えるのが、忘れもしない昨年の大晦日。

2015年12月31日に床暖房用の灯油ボイラーが壊れた事件(笑)に始まり

今年2016年は、ボイラーに引き続き、キッチン周りなど幾つか壊れた物があったりで

ぼつぼつ交換したり修理をしたり、我が家のメンテナンスを合間合間でやっておりました

  

 

こちらは、2004年、リフォーム直後当時のキッチンの様子。

アフター 2004年 

 

ビフォー 2001年

  


リフォームして13年目にして

2016.4.20 システムキッチンの収納部分の取手が壊れました

(トーヨーキッチン 2004年製 fooシリーズ 大型食品庫) 

  


 

2016.5.20 屋敷内に残っていた昔のお風呂や基礎を今頃、解体したりして

(昭和のお風呂周り 解体)

息子も手伝い。昔のコンクリート土間を解体。

 


  

2016.6月頃? システムキッチンの収納部分の取手が更にもう一つ壊れる 

(トーヨーキッチン 2004年製 fooシリーズ 大型食品庫)

取りあえず、青の養生テープで応急処置

  


そして 

2016.9.2 システムキッチンのシャワー水栓が水漏れ。

  

(トーヨーキッチン 2004年製 bayシリーズ ロングノーズシャワー水栓)

  

金属のホースとヘッドの継ぎ目から水漏れ。

この水栓メーカーはMYM(喜多村合金製作所) 。

今はもうこのMYMは無いので、KVKが修理をしてくれるそうです。

ホース部分の交換修理となるのですが、まだ直しておりません

取りあえず、トーヨーキッチンのシンクには、二つのカランがついているので

壊れてない方(右側)のカランを今、使ってます。

修理は来年でいいや(笑)

  

 

 

 


でやっと、  

2016.11.19 キッチンの取手交換。

取手が壊れてから半年も経って、ようやく取手をトーヨーキッチンメンテナンスから取り寄せまして交換しました

が、しかしですね、、、

メタル色の取手の在庫が既にもう無いとの事で、、、

在庫があるのは、オレンジ色とブルー色と、木目調との事。

さて、どうしましょう。。。

 

シンク側はbayシリーズで、木製取手なので

それに合わせて、じゃ、収納側fooシリーズも、木目調にすることにしました。

 

でも、良く考えてみると、

壊れた取手だけ木目調のもので交換すると、こうなります。。。

やだ、、、ちぐはぐ(笑)

 

なので、結局、収納部分の取手を全部、木目調に交換することにしましたですよ。。。

大型食品庫はこれでオッケー

 

ですが、、、

奥のワーキングカウンターの収納部分はどうする、、、

となりまして、、、

 

はい、この通り、こちらも結局、交換しました。

  

壊れた2つの取手交換するだけで本当は良かったのに

色柄を合わせるために

結局、8箇所交換してしまいましたですよ~

 

ちなみに、大型食品庫の内部はこんな感じでした。

それが今や、この陶器道楽なワタクシ

この大型食品庫なるものに

ぎゅうぎゅうに器を詰めております、、、、、、、、

そのうち棚板も折れるかも

 


  

2016.12.7 2年前の大雪で壊れた工場の下屋、修理

 

覚えていますでしょうか、、、

2年前にあったあの大雪

あの大雪で、屋敷内に建っていた旋盤工場の下屋が崩落しておりまして

 

で、ようやっと、この屋根の修理に着手しましたです

ご覧の通り、

元々、垂木に波トタンだけの下屋で、

それを鉄棒で吊っていただけの簡単な工場の下屋でした。

そもそも、この工場はかなり状態も悪く、

以前に補強はしてあったのですが、

本当なら、土台基礎からやり直さないといけないような工場でして

しかし、そんな修理工事をするよりも、この屋敷にはまだまだ修理しないといけないところが沢山ありまして

何から手をつけたらいいやら、、、な状況だったところへ

大雪で、どーんと屋根が落ち、、、

 

仕方ない、屋根が落ちたままだと危ないので

仮設的に直す事にしたのですが、、、

 

仮設っていっても

どうせ、このまま10年以上、放置するんでしょうし、

 

って言いながら、大工さんと相談して進めていくうちに

結構、立派な下屋になっちゃいました

 

 

5尺ある庇なんですが

今までは柱は1本しか無かったものを、4本にして

大屋根から吊っていた鉄棒は撤去し、

腕木で下屋を支える事に、

大工さんと相談しながら決まりました。

 

 

土壁が落ちているところは板壁で覆う事にして。

 

で、屋根材をどうするかとなり、

安くすませるなら、垂木の上にポリカってところなんでしょうけど

ポリカは、絶対ヤダ! と私が駄々をこねまして

じゃ板金?

でも、板金屋さんに頼むとしたら、知人の板金屋さん、めっちゃ忙しいらしく?

我が家の雨樋すら何年も直しに来てくれないので、

取りあえず、いつになるか解らない板金は見送り。

  

いやもう、伝建地区だし、この際、板屋根でいいかな、と私は思ってたのですが、

板屋根、朽ちても薪ボイラーで焚けばいいし、とか言って(笑)

でも屋根勾配が2寸しかないため、

板屋根にするにも、ちょっと勾配緩すぎて、水切れが悪いと、板が水を吸って、重くなるから、それもこの下屋の場合はまずいな、と。

  

工場の柱が細いので、そこから追いかけての下屋の梁寸になってるから華奢な下屋なんですね。

なので、重い屋根になるのは止めた方が無難だね、となり

しかし、ポリカは絶対やだ! なワタクシ。。

あんなものは、新しい時だけ綺麗で、後はどんどん醜くなる一方の建材。

侘びも寂びも何もないし

それならまだ鉄板の錆びの方が私的には許せる、と

あーだこーだと
 
主人と、たかが工場の屋根一つで、なかなか意見が合わず。

  

で、結局は、波トタンで我慢する事にしました

  
 
波トタンで妥協はしたものの

今度は、その波トタンの裏の色が気に入らない!

(ホント、うるさい私ですよね

垂木の上に波トタンだと、裏が丸見えで、

グレーっぽい色が見えるのが、いかにも安っぽい感じで切ない。

なので、裏を茶色のスプレーで塗りたいと私が言い出すと、

旦那が、スプレー代も面積から勘定すると、結構掛る、から、そこまでやるのか?

ってなりまして、

じゃあ、大工さんが、野地板張ってやれば? ってなり

野地板の金額と大工さんの手間賃と、スプレー代と天秤に掛け

スプレー代にそこまで出すなら、野地板にしよっか

どんどん仕様が本格的になってきた訳です(笑)

  
 
大工さんのセンスもいいしね。

和風な日本的なそれらしい建物に

気がついたらなっちゃってたというね♪

梁に繰形まで施してくれてるし、超ウレシイ♪

 
 

しかし、野地板張っても、それでも軒先の一部に鉄板の裏が見えるので、

そこだけスプレーで茶色に塗ったりして、

 

野地板の実(さね)も、いずれ隙いて白木が見えるのを防ぐため、先に塗装したり、

 

ここまでくれば、現場と同じ仕事をしているので、

我が家なのに、仮設的なのに、予算無いのに、手を抜かない、抜けない(笑)

取りあえず、ここで大工工事は終了~

残すは木部の塗装を自分達でやるだけ。

といいつつ、多分、旦那さん一人で塗ってしまうんだと思います。

 

亜鉛カラー波板 

  
やっぱり、ちょっとした事でも、こうやって安普請は出来ない我々の性格なのだと自覚してしまいますね

 
この精度でやってれば、いつまで経っても、うちの屋敷の再生は無理だな~と

(金銭的にも、時間的にも、、、)

つくづく思います。。。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祭りの後は、小雪どころか記録的初雪

2016年11月27日 | 海野宿での暮らし

11月も残すところあと数日で、もうすぐ師走、、、

身の回りでは、色々あり過ぎて、なかなかブログにまとめられないでおります

 

さて、現場の方の話もいろいろありますが、それはちょっと置いておきまして

11月23日は毎年恒例の海野宿ふれあい祭りがありました。

今年は第何回だったかな?と思い出せずにおりましたら

そうだ! 今年のふれあい祭りのポスターが無かった事に気が付きました

そのせいでしょうかね、海野宿ふれあい祭りの告知をすっかり忘れておりましたです

2016.11.23 海野宿ふれあい祭り当日の朝です。 幟だけ先に立ってます。

 

今年もお祭りのお手伝いに夫婦共々出動

私は今年も「野菜ほうとう」を作る係です

そんな訳で、お祭りの様子を観る事は出来なかったのですが

ほうとう作りを終えた後、まだイベントが残っておりましたので

少しだけ観る事が出来ました。

 

お祭りの紙ポスターは無かったですが

Webチラシはありました。これ↓

東御市観光協会のWeb内にありましたが、告知が遅く(11月16日付け)

今頃、このWebチラシを掲載しても、、、と感じではありますけど

一応、記録として残しておきたいと思います。

(第26回だったのね)

  

 

上田城甲冑隊行進デス

 

 

  

行進の後は、白鳥神社の舞台で演舞。

 

 

 

とまぁ、

私はこれくらいしか観れませんでしたが、

お手伝いの片付けを終えて帰宅する頃には、お祭りに出店されてる皆さんも片付け始めてるので私は何も買えず、、、

でも、お祭り名物の「くるみおはぎ」だけは買えるので、帰ってからゆっくりおはぎを頂きましたデス♪

 

家に帰ると、これも毎年恒例なんですが、お祭りの日は、息子のお友達も祭りに来るので、必然的に我が家が占領されてしまうという、、、

暮らしている離れは狭いので、お友達は4名まで!と息子には言ってるのですけど、気がつけば6名ぐらいも来てたりする(笑)

 

毎年、この光景をみてますと、年々お友達の靴のサイズが大きくなっていく、その成長を感じるのが嬉しいのですが、

今年はそれが顕著でして

既に大人の靴のサイズと同じが、それ以上になってるし!

小6って、急に大きくなる時期なんでしょうかね~

 

  

さて、毎年この海野宿ふれあい祭り前後は、仕事返上で夫婦で協力しておりまして

へとへとくたくた なんですが

それに追い打ちをかけるかのように、翌日24日は、な、な、なんと?!

初雪にして大雪~!


 

いや~

11月にしてこの記録的初雪&大雪、、、

たまげました

 

というより、

お祭りの準備やらイロイロで、雪が降りそうだという予報を知っていながら

どうしても、車のタイヤを交換する時間が無く

そうです。車のタイヤがノーマルのままで、

さて、困りましたデス。

私の車のディーラーに電話し、何とかタイヤ交換の予約を入れまして夕方に交換完了。

主人の車はいつもは主人が替えるか、スタンドで交換してもらっていたのですが、

主人はこの祭りで腰が痛いそうで、そんな時に無理は禁物ですからね。

スタンドもタイヤ交換の車でごった返していて、

こうなったら、私の車のディーラーへ主人のタイヤ交換もお願いする事にしました。(メーカー違うのにね

主人の車はなんと夜の9時に交換完了でした。

いや~ 私の車のディーラーは遅くまで営業を延長して対応してました。スゴイです。

他のメーカーのディーラーはどこも通常時間で営業終えてたのに。

頼りになる私の車のディーラーさんでした

  

そんなわけで、

24日は仕事には出掛けられず家で大人しくしておりました。。。

 

結構、積もりましたです。

軽井沢で積雪22㎝くらいだったとか。

海野宿はこれくらい↓

 

長靴もこれくらい埋まりました。。。

うちの旦那さんは朝から前日のお祭りの片付けに出掛けており

私は一人で屋敷の中の雪かき。。。

 

  

おぉ、、、

お隣の柿の木もすっかり雪の帽子をかぶっています。

 

 

まだ落葉していないのに雪が、、、

何とも不思議な感じ。

 

二十四節気では、ちょうど小雪ですが

小雪というには、ちょっと雪が多過ぎやしませんかっ

 

~さいふうさいブログ お祭り関連記事~

2015年 小雪の頃 祭りを終えて 

2012年 地元の美味しいもの~海野宿ふれあい祭り~

2011年 第21回海野宿ふれあい祭のお知らせ

2010年 2010 海野宿ふれあい祭り~玩具展示館など~

2009年 海野宿のお祭り

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霜降

2016年10月25日 | 海野宿での暮らし

霜降

今朝、目覚めと同時に、首、肩周りが、いつもより寒い!

(ここ最近は床暖房入れっぱなしの生活しているのですが、それでも外気の変化に気付きます。。。)

 

起きてすぐ、玄関外に置いてある温度計みると

わぉ!

0℃近い!

  
 

今朝の最低気温を調べると、東御市0℃と出てた

(2016.10.25)

  

  

そして庭へ出て、我が家の屋根をみると

霜が、、、

陽の当たってきたところから融け始め、雨だれのように、あちこちでポツポツ音がしています。

 

二十四節気とおり「霜降」だわ~

な、朝でした^^;;

  

 

さて、話少し変わりますが、 

ちょうど一昨日くらいに

2014年に竣工した上田市の古民家改修案件のお施主さんK様より

こんなメールを頂きました

 
 茂木様
 
 いつもお世話になっております。
 寒くなってまいりましたがお蔭様で家の中が暖かく、
 快適に過すごさせていただいております。
 朝晩には北の間の電気カーペットを入れるようになりましたが、
 昨夜まで床暖房は入れておりませんでした。
 今朝みたら床暖は切れておりましたので、家全体の断熱性が高い、
 ということなのだと思います。
 薪ストーブにいたってはまだ薪すら手配しておりません(笑)。

 

床暖房完備しているのに、電気カーペット?!で、ちょっと微笑んでしまったのですが、

床暖房を入れるにはまだ早いという躊躇いがあったのかもしれませんね。

でも「暖かい」のお言葉を頂けて嬉しい。

断熱性の高さも実感して頂けてるご様子で何より。

  

このような嬉しい声を聞くたびに

医者の不養生ではないですが

我が家(昭和の家リフォーム)の断熱性が低いということが歴然とします。

だって、うちは10/12から床暖房を稼働しているんですから、、、(笑)

そうは言いましても、負け惜しみじゃないですが(笑) 自宅の改善方法は分かっています。

ただ我が家の場合は、単純に改善するための資金がナイだけ。。。

 

ま、それは置いときまして、

こうも急に寒くなった時に、明日から息子は修学旅行へ出掛けます。

関東と信州の温度差を考えると、風邪引きそうで心配になりますね

 

うちの旦那さんも、先週末には名古屋まで、とある試験を受けに出掛けまして

やはり信州との温度差にやられた模様、、、

あーあ。

 

これで息子まで風邪ひいちゃったらどうしましょう・・・

 

ブログをご覧になっている皆様も、急な寒さで体調崩さぬよう、

どうぞお気をつけくださいませ

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家にヒカリゴケ?!そして床暖房ON^^;;

2016年10月13日 | 海野宿での暮らし

10月になりました

庭先では、ちらほらと菊が咲き始めました♪ 

夏の山口旅行の時に買ってきた萩焼の一輪ざしに小菊をちょこっと活けましたョ♪ 

あ!そう言えば、山口旅行の続き(4日目、5日目の萩の町並みめぐり)、まだ書いてませんでした! 

ま、それは置いといて、、、

重陽の節句は、旧暦でいくと今年は10月9日。

やっぱり旧暦の方がしっくりきますね~。 ちゃんと菊が咲き始めるんですもの

  

さて、もう朝晩は寒さを感じる季節になりました。

寒くなってくれば、寒冷地ではそろそろ暖房の準備。

そう、ここ長野県東御市も寒冷地ですからね。(う~ さぶさぶ)

 

一応参考までに、寒冷地とはどこまでを指すのか。

いわゆる平成25年省エネルギー基準に照らし合わせて考えると

全国を 断熱地域8区分 されたうちの、1~4地域まで寒冷地という事ができます。

*冷房期の平均日射取得率の基準値が定められている区域が温暖地

 

この区域、一見、県単位でざっくり分けられていますけども、

実はちゃんと細かく市町村単位で分けられています。

東御市は地域なので、やっぱり寒い訳なんです。

私の体感では、この区分、あながち外れていない感じがします。

*参考までに、断熱建材を作ってるアキレスのHPに断熱区分が纏まってます。

 

    

で、

灯油やガス、電気でスイッチポン!な暖房設備でしたら、特に準備という程もないですが

(灯油を熱源にしている場合は、灯油の備蓄確認はしておかないといけませんけど)

薪ストーブや我が家のような薪ボイラーを使っている場合は、煙突掃除薪の準備炉内の掃除などもしておかないといけません。

(薪を原木から調達している方は、薪割り、乾燥時間も含めて、2年前くらいから準備が必要)

 

で、我が家は、、、

夏から殆ど屋敷の手入れしてなかったため、雑草ジャングルぐるぐる

屋外に設置してある薪ボイラーが、すっかり竹藪と雑草に覆われてしまってたので

10月に入ればそろそろ床暖房のための薪ボイラーの出番になるかもと、

まずは草取りから始めました

  

9月からずっと雨が多かったせいでしょうか。

草取りしていると、

鮮やかな苔が出現~

何て言う苔か分かりませんが、苔の絨毯~♪

 

 

タチゴケ♪ 

 

で、実は、これだけじゃなく、足場板の下から、気になる苔が!!!

そう、これはもしやもしやの、ヒカリゴケ?!

どうなの?どうなの?

これも、足場板の下にあった石。

本当にこれ、ヒカリゴケじゃないの?!

 

実は実は、長野県駒ヶ根市にある光前寺に山口旅行から帰る道中、立ち寄りまして、光前寺に自生するヒカリゴケを見てきたばかり!

光前寺で見たヒカリゴケはこちら ↓

(2016.8.16 光前寺 ヒカリゴケ)

  

なんか、うちのも似てません?!

キャー!

どうしようどうしよう

我が家にもヒカリゴケ?!(ちょっと興奮しちゃう~

 

と、まぁ、我が家では只今、ちょっとした苔ブームでして、

そうだ!苔ネズミくんの衣替えやるなら今でしょ!

という事で、

今回はタチゴケを着せてみる事にしました

 

 

わぉ~

 

 

こんなことになっちゃった

あは☆ 

  

  

さて、本当にここのところ寒くて

昨日(10/12)より我が家は今季初の床暖房ONしております

草取りして薪ボイラー救出していて良かった~ 

 

 

~我が家の床暖房に関連する記事~

 

2010.1.18 温湿度を測ってみる~結露のない住まいを目指して~ 

2011.2.02 我が家の冬の温湿度について

2015.4.15 薪ボイラー併用のハイブリッドな床暖房 

2016.1.16 ボイラー壊れて床暖房なしの年末年始・・・ 

2016.1.28 ヒーターガイド付きが役に立った! 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花火復活♫

2016年09月26日 | 海野宿での暮らし

秋のお彼岸までには、夏休み旅行記を書き上げよう、、、

と思っておりましたが、

はい、この通り、今年も書けませんでした

あーあ、でございます。。。

  

昨年も同じような書き出しで、同じような事を書いておりましたネ、、、

全く進歩していないワタクシです

2015.9.24 秋分

 

2016.9.24 夕焼け

 

2016.9.26 イヌサフラン

今一つ、天気が良くない秋雨な日々ですが、ふと庭に目をやるとイヌサフランが鮮やかに咲いておりました♪

 

 

取りあえず、夏休み以降、イロイロありましたので

ここ1ヵ月分の出来事をダイジェスト版?で一気に書いてしまおうかと思います。

(一応、山口旅行記は、この後、続きを書きたいですです・・・

 

 



ちょうど一カ月遅れの話になってしまいますが、

先月の8月27日には、海野宿にぎわい夏祭り がありました。 

  

昨年は 納涼の夏 海野宿ちりりん街道 というネーミングで風鈴を飾り始めまして

今年も風鈴ワークショップで描いた風鈴が、各家軒先に吊り下げられました。

  


そして今年は更にパワーアップしまして、にぎわい市(一坪市)が街道沿いで開催されたり

(テントが景観的に街道に合って無かったのが来年の課題になろうかと思いますが

  

(こちらの風鈴は、ワークショップの風鈴とは別で、海野宿にあるガラス工房 橙さんで作られ販売されている風鈴です。)

 

今年は東京フィルハーモニー交響楽団から4名の奏者が来て下さいまして

弦楽四重奏を、子ども達向け、そして大人向けと、2部構成で鑑賞することが出来ました。

子ども達向けのクラシックコンサート。

白鳥神社の旧社務所(現在、公民館)で演奏されました。

響きが思った以上に良くて、いい演奏会でした

(私は子ども向けのコンサートだけ息子と一緒に聴きました

 

そして、夜には、なんとっ!

2011年から中断していた海野宿の花火

この度、地域の皆さんや企業から協賛をいただいて

6年振りに復活したのです!!!

お天気が小雨混じりで心配だったのですが、無事に花火上がりました

最初は、協賛金もそんなに集まらないんじゃないかと

「海野宿ほのぼの花火の集い」 という事でしたので

ほのぼの、に終わるかとおもいきや

結構な数の花火が打ちあがりまして

きゃー 嬉しいじゃないですかっ(嬉泣)

  

花火が復活して、ご近所さん、口々に良かったと仰っていた様子なので

実行委員の皆さんの苦労も報われたなぁと思いましたですね 

(うちの旦那もそのメンバーに入っていたので、仕事返上で本当に困ってしまう事が多かったのですが、、、花火を見て、そんな不満もどこかへ行ってしまいました。笑)

  

  

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 


 






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2016海野宿にぎわい夏まつりに向けて~風鈴絵付けワークショップ~

2016年07月30日 | 海野宿での暮らし

海野宿にぎわい夏まつり(2016.8.27)に向けて

ちょうど1週間前に、風鈴絵付けワークショップがありまして

それに参加して参りました

  

我が家の屋根(北側) 

梅雨の明けた空~

  

 

昨年も風鈴絵付けワークショップがありましたけれども

いろんな行事が重なってしまい、私達親子は参加する事が出来ませんでした

なので、今年こそは!と張りきって(?)行って参りました。はい。

昨年2015年には、海野宿ちりりん街道と称して

風鈴の絵付けワークショップ、そしてその風鈴を各家に吊るすことを始めました。

その時の記事はこちら

 

 

 

絵付け用無地のガラス製風鈴。これは昨年配布されたもの。

こちら↑には私が絵付けすることに。

 

 

今年からは陶器製の風鈴に絵付けすることになったみたい。

これ↑には息子が絵付けします。

 

さて、どんな絵柄にしようかと互いに悩みつつ

息子は何を思ったのか、とんでもない絵を描き始めましたデス

お、お、おいおい

ちょいと怖くないかい?

 

息子曰く、ゾンビ?!を描くんだそう、、、

ひぃ~

  

ま、小学高学年は、そういうのに興味もつ年頃であるといえばあるが・・・

し、 しかし、

そ、 それ、、、

海野宿の街道に飾るつもりなんだけど、、、

   

ひゃ~ 髪の毛も怖いが、頭のてっぺんは何故赤いのだ?(笑)

 

 

で、

こちらが完成品 ・・・

 

キャァ~

 

 

こ、これ、どこに吊るす? の? な・・・

街道には無理でしょう!

しかも

  

悪 霊 退 散 

  

だし。

   

こんなのを街道のところに吊るしたら

悪霊退散どころか

お客様まで退散させちゃって

商売あがったりじゃないの!・・・な

 

  

という事で

とりあえず、離れの軒下に吊るしてみることに。

キャァ~~~

やっぱり怖いじゃない 

こっち向かないでぇ

 

 

ひぃ~

悪霊退散・・・

  

 

なんか、息子のがあまりにインパクト強すぎて

私の描いた風鈴をUPするのに気がひけますが、、、

こんな感じにしてみました・・・

柳にツバメ。

うーん、、、なんか柳っぽくみえないし

しかも、悪霊退散みた後ですと、普通過ぎてツマンナイ(笑)

 

 

そんな訳で、

親子で風鈴絵付けワークショップに行ってきましたけど

ちょうどそのころ、あの話題のポケモンGOが配信されて間もなく

息子もポケモン探ししてました(笑)

ひぃ~

絵付け中の風鈴のところに、ポケモンいたー!(笑)

 

何がどうなっているのか、私には分かりません!

 

更に近くにジム?もあるみたいで、人が結構うろうろしてました。

いや~危ないったらありゃしません。

海野宿には、結構あちこちにスポットらしきものがあるみたい。

  

これからは、車の運転手泣かせになるでしょうね。

なんせ皆、スマホ片手にうろうろうろうろ。

そしてスマホに集中しているから車に気がつかない。。。

なんかえらい事になったぞ!って思うのは私だけ?

 

さて、ちょうど本日付けで信毎WEBに海野宿にぎわい夏祭りについて載ってました。

夏の海野宿、祭りで活気を 東御で8月27日、花火も復活

うちの旦那さんの名前も載ってますねぇ



花火復活、そうなんです。

千曲川河川敷で、2010年を最後に中断していたという打ち上げ花火が今年2016年、復活します

規模は昔程ではないかもしれませんが、でも嬉しいです。

花火は、県の地域発元気づくり支援金ではなく、実行委員の方々が協賛金を集めたものでやります。

私共も少しではありますが頑張って協賛しましたデス

2010年の海野宿の花火大会の様子はコチラ

 

さて、昨日には梅雨も明け、いよいよ夏本番ですかね!

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飾りを楽しむ生活♪

2016年05月17日 | 海野宿での暮らし

昨年(2015年)から始まった海野宿ひな祭りに続きまして

我が家では、勝手に(笑)、海野宿五月飾り?をやっております

 

格子越しだとこんな感じ。

  

 

一昨年、倉庫状態だった主屋の一角を必至で片付け、雛飾り出来るようにしましたからね。

倉庫に逆戻りしないよう主人を阻止するためにも

何かしら飾り続けようかと!(笑)

 

こうして見ますと、古いものばかりです・・・

古い家に住んでいると、古い物には困りません

 

  

ここ信州の季節から考えても

旧暦で飾ると植物がしっくりきます。

  

やっと最近になって我が家のアヤメ類が咲き始めたので

2016.5.13

一輪だけ咲いてたアイリスをすぐ花瓶に。

 

 

2016.5.17

アヤメ、ちょうど今が見頃な我が家。

 

そして先週の日曜日は母の日だったのですが

息子とパパから、お花をもらいました

嬉しい~

しかも、私の大好きなお酒2本付きで!

うふふ 

 

実は、

昨年の母の日にはアジサイを貰ったのですが

枯らさないようにと地植したのにも関わらず枯らしてしまいまして

ごめんよ~

と何度も言ってたら、

何を思ったのか、更にアジサイまで買ってきたうちの旦那さん・・・

これは珍しいアジサイ。

なんていうアジサイなのか調べてみると

オタフクアジサイ(お多福紫陽花)、というらしい。

江戸時代からある品種だそうです。

 

離れの玄関に飾ったら、すごーい華やか~

お花屋さんみたいです

こんなにお花が一杯になりましたので

何だか嬉しくなっちゃって

勢いで、玄関の室礼も変えました☆

 

離れ玄関

 

大好きな瀬戸本業窯

6代目半次郎さんの香炉と

大きいお皿は何代目か分かりませんけども、銅板転写あんどん皿

また瀬戸に行きたいなぁ。

 

玄関にお花が沢山あって嬉しい~

一昨年買ったシクラメン、まだ咲いてますよ~☆(枯らしてなーい!)

 

森獏郎さんからの年賀状。

縁起が良さそうなので額に入れて飾りました♪

手前にある陶器製の五月飾りは、喜多窯霞仙さん

  

あと毎年恒例のGW庭仕事なんかもありまして

主人の実家にお手伝いに来てもらう関係で

家中片付けしたりなど

もうへとへとでした

 

未だに荒れたままの我が家。

どうせ暫らくは庭の造成なんかできやしないので

それじゃ、せめて食べれる物を育てよう、と開墾☆

昔、建物が建っていたところの土間コンクリートを叩き割って畑にしようと

息子もお手伝い。

無筋のコンクリートは脆いので

11歳の息子でも叩き割ってしまいます。

 

しかし、こんな重いハンマー振り上げて

成長的に大丈夫か?と心配ではありますが。。。

 

 

だけど、本当に男の子って壊すの大好きで~

遊び半分で喜んでやってくれます。

一方で草取りは全然やってくれませんでしたけど

 

そんな事で

ゴールデンウィークやら、端午の節句やら、母の日やらで

5月の第一週目は、あっ と言う間に過ぎ去りました。。。

 

さて、また山積している仕事、一つ一つやっていかなければと

焦る日々が始まっているのですが、、、

 

ちなみに五月飾りは、旧暦で飾ろうと思いますので

6月上旬くらいまで飾っておきます♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘酒

2016年03月14日 | 海野宿での暮らし

先週あたりから、何回か雪の降っている海野宿でございます。

昨日3/13をもちまして海野宿ひな祭りも終わり、また静かな海野宿に戻りました。

3/12,13はひな祭りの最後を飾るイベントがありましたけども

なんと我が家、、、先週の月曜日に息子が熱を出したのを皮切りに

火曜日には私が発熱でダウン、そして木曜日には旦那がダウン 更に土曜日には現場の大工さんがダウン

 

今、息子の通う小学校でも毎日のようにインフルエンザによる学級閉鎖の知らせがあり

長野県上田地域はえらい流行っているみたいで

信毎WEB 県内減らぬインフル患者数 全国と違う流行 県予防呼び掛け

いよいよ我が家にも!

 

という事で、先週末の海野宿ひな祭りのメインイベントを楽しむ事はできず

実行委員のメンバーの一人でもあった主人も、さすがに家で伏せっておりました

 

イベント当日、伏せっている我が家に

ご近所さんがインフルの予防接種受けてあるから大丈夫と言って、お祭りで振舞っていた甘酒とあられを持ってきてくれました。嬉しい~有難い~

こちら↑は昨年、宣伝用に撮った海野宿ひな祭りイベント用、甘酒とあられのイメージ写真です。

  

で、こちら↑は今年のイベントで振舞われたあられ3種。

砂糖醤油味、カレー味、ゆかり味♪

 

実は、このお祭りで振舞うための甘酒の原料である糀は

以前にも書いたことありますが、上田の山辺糀店です。

  

そう!凡そ18年前にもなりますが、前勤めていた設計事務所で携わらせてもらった山辺さんです☆

懐かしい図面です。 同じ北国街道に面して建つ歴史ある建物で、この民家の改修に少しだけ関わらせて頂いた思い出のお宅です。

この当時、設計の道に入ってまだたった2年目というピヨピヨな私でしたけど、山辺さんには本当に良くして頂きました。

女将さんのお味噌汁の味はまだ忘れていません。

昔の図面は今でもすぐに取り出せるところに仕舞ってあります。

立面図描くのが楽しかったなぁ。 手描き、青焼図面。

(とはいえ、私は今も、まだ手描きですけど。 汗)

 

山辺さんの事については、以前、ブログにも書いた事あります。↓

テレビに出た☆ 海野宿と山辺糀店(2014年10月12日)

 

と、思い出話はここまでにしておきまして

話戻します。

ひな祭り実行委員の一人であったうちの主人は、糀の仕入れ担当だったので

ちょうど主人が発熱しはじめるヤバい時に、山辺さんところへ糀を受け取りに行き

そこでなんと!我が家にも1キロの糀を頂いてきてくれてヤッター! 嬉しい!

おおー

私は今まで甘酒を作った事もなく、糀を買った事も無かったので

始めて糀を間近でみました

ふわふわな糀菌~

 

せっかく糀を主人は頂いてきたけども、

私はまだ体調が悪く、すぐに甘酒は作れず。。。

取りあえず、冷蔵庫へ。(ん?冷蔵庫に入れていいのか?)

 

で、私の熱が下がるまでは誰もご飯が作れない状態だったので

うちの旦那さんは色々食べ物を買い込んできてくれて、その中に、市販の甘酒もありました。

 

正しく飲む点滴な市販の甘酒を飲みながら、インフル?を一人なんとかやり過ごす。

この仙醸の白こうじの甘酒、酸っぱくて美味しかった~

とにかく、熱が2~3日間出てたので、梅干し食べたり、漬物食べたり、

日本のいわゆる伝統食しか食べたくない日が続いておりました。

 

でやっと、私の熱が下がってきたと思ったら

今度は旦那が発熱と咳に襲われる。。。

あぁ・・・

 

じゃ次は、旦那さんのために、この山辺さんの糀で

始めての甘酒に挑戦してみることにしました

 

レシピは山辺さんからも貰ってあったのですが

今回は海野宿ひな祭りレシピでやってみます

海野宿町内では、割と多くの方が山辺さんをご存知で

さすが北国街道繋がり

伝統ってそういうものなのかもしれません。

この通り、海野宿の甘酒のレシピには、山辺糀店のものが上品な味に出来上がる、とわざわざ書いてありました。

ほほぅ

よし、私もやってみる!

炊飯ジャーの保温機能を使えば簡単に出来るとのこと。

 

  

糀をほぐして、少し置いておくと、糀が元気になるそうで、

その後、レシピ分量通りに50度くらいのお湯を入れて8時間保温。途中、2時間おきに掻き混ぜる。

 

わーい

始めての甘酒出来た☆

なんか嬉しい。

ダウンしている旦那さんに今度はこの甘酒と漬物で

なんとかインフルをやり過ごしてもらいました。

 

こんな調子で先週1週間、家中で伏せっていた訳ではあるんですが

気がつけばもうすぐ小学校も終業となり春休み。 ヤバい

2月に続いて、未だ、仕事らしい仕事が出来てない自分に

焦りが募ります、、、、

一応、現場だけは辛うじて進んではいますが、大工さんもダウンしちゃったし・・・

今月も残り半分、あぁ・・・

清算しないといけないものが幾つもあるのに、色々まとめなくては。 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーターガイド付きが役に立った!

2016年01月28日 | 海野宿での暮らし

1月16日にブログをUPした時には

雪が無くて穏やかなお正月で助かった~(床暖ストップ中なので)

と書きましたけど

そのわずか2日後(18日)には、いきなりの大雪

2016.1.18

 

 

更に3日後の大寒の時には、文字通り大寒

一気に気温が下がり、我が家の玄関先の朝の外気温は-10℃を記録・・・

 

何度もくどいようですが床暖房ストップ中の我が家は

さみー さみー と

開放型ストーブ2台をやりくりしながら暖をとり

部屋は、ストーブを置いている実質2部屋しか使えなくなり(5部屋あるのに、、、)

今まで引戸は開けっぱなしで家全体をオープンにして使っていたのが(全館暖房だからなせる技)

引戸は締め切り、小さい部屋に皆で籠って、引戸をいちいち開け閉めしながら生活することに。。。

そうなると必然的に一部屋を多目的に使うようになりまして、食寝分離から食寝結合(?)となって

家族3人、身を寄せ合って暮らしておりました

(そんな昔ながらな暮らしも、小5息子にとってはとても楽しいらしいですケド♪)

 

で、低断熱なこの家は、ストーブが消えると途端に部屋は冷え、

夜から朝方にかけては特に外気が冷え込むので、窓ガラスに結露が生じ、それが凍ります。

そうなる事は分かっていたので、

夜通しストーブを点けっぱなしにして、部屋の温度と窓ガラスの表面温度を下げないようにしようと思ったのですが、、、

ストーブではそれすらも満足に出来ない!

 

といいますのも

開放型の石油ファンヒーターは3時間で自動で消火してしまうし

小さめの対流型石油ストーブは、連続暖房しようと思っても14時間くらいで灯油切れをおこすので、燃料補給はこまめにしなければならないし、火災にも注意をしないといけない。

床暖房のように手間取らずに安心して連続暖房が出来ない!

 

そんな訳で、開放型ストーブを使った24時間暖房は難しく(いや、出来ない)

結果、室内の温熱環境は崩れ、部屋間、又は昼夜間で寒暖が生じ、

いよいよ恐れていた結露が窓ガラスに発生して、朝方にはそれが凍りつきはじめました。

我が家のサッシは40年前のシングルサッシのままですから、テキメンにやられます。 

(そんなシングルサッシでも全館24時間暖房の時は結露ゼロなんですよ~)

 
  

そして25日にはついに日本列島、沖縄まで大寒波が襲い

ここ東御市では最低気温が-14℃近くまで下がりました

(2016.1.25 http://weather.time-j.net/ 今朝の最低気温より)

 

いつもなら、これくらいまで気温が下がってもギャーギャー言わないんですけど

主暖房である床暖房がストップという非常事態中の我が家は

とうとう台所蛇口と洗濯機用蛇口がバリバリに凍結してしまいました

 

 

あぁ、、、こんなの初めてです(泣)

  

築40年の低気密低断熱で土壁の我が家は、全館24時間床暖房という強制設備によって、いかに楽で快適だったか、という事を改めて痛感しております。


台所と洗濯機の蛇口が凍って水が出なくなって

蛇口周りをドライヤーであぶったり、

シンク下に直接、ファンヒーターの温風を当ててみたりしたのですが、

一向に融けない

こんな事を25日から26日までの丸2日、続けたのですが

それでも水が一滴も出ない!

なんてこった!

大ピンチです。。。

でも幸いにも洗面所やお風呂、トイレは凍らなかったので、生活は出来ました。

  

水の出ない台所でも、食事は面倒ですけど作れますし

食器を洗うのは洗面所で出来ます

お風呂場は洗った食器の一時置き場になったりもする

 

洗濯は手洗いして、脱水だけ洗濯機。

洗濯板も何故かありますしね(笑)

大きい洗面器(TOTOのベビーバス。今は廃番)は、こうやっていろいろ使えるので何かと重宝してマス。

  

と、こんな感じで

ちょっとしたキャンプ生活

息子だけは「サバイバルみたい~」ってワクワクしてましたけど。

 

しかし

こんな生活していると

生活そのものに一日の大半の時間を費やすはめになり

仕事がな~んにも出来ません。。。


ところで何故、台所・洗濯だけが凍って、他は凍らなかったかと言いますと、

給水管の素材が、台所・洗濯部分だけ鉄管だったからなんです。

この通り・・・↓

2004年リフォーム時 台所給水配管

  

12年前にやったリフォームの時に、給水管を宅内、全部やり変えて、

サヤ管ヘッダー方式の給水にしたのに

何故か設備屋さんは台所廻りだけ 鉄管で壁給水配管 にしたのです。

なので、

何のためのサヤ管ヘッダー方式なのか?な、結果になってしまいました

(給水管を交換できるシステムなのに、出来ないじゃない)

  

そして今回のように凍結してしまった場合も、

折角、ヒーターガイド付きの部材を選んであったのに、

壁内の鉄管にはヒーターを後で送りこむ事ができない。

じゃ、凍った水道管をどうやって融かせば良いのか?

って事にもなってしまいました

  

もしも、壁内で凍結破裂でもしたらどうなるのでしょう。

壁を壊さないと直せません。

床暖房が稼働していた時は、もちろん凍結は無かったのですけど

今回のように床暖房が使えなくなった時に、壁内の鉄管をどのように凍結防止するのか。 

配管が露出していれば凍結防止ヒーターを巻きつける事もできますけど、それも出来ない。

  

保温材を鉄管に巻いてはありますが、今回のように、ある条件が揃えば凍る時は凍ります。

一度、凍ってしまったものを、どうやって解凍させるのか。

保温材を巻いてあって、更に壁内に配管されているものに対し、ダイレクトに外から熱を与える事が出来ない。

シンク下からファンヒーターの温風を当てても、外気から伝わる冷気と綱引きみたいな状況にもなっている。

という事は、

一旦、凍った管内の水は、そう簡単に融けないって事になるんじゃないでしょうか。

 

むむむ

 

なので、このまま凍結した状態で更に数日経ってしまったら

それこそ本当に管が破裂してしまうかもしれない、と思いまして、

急遽、樹脂配管用のヒーターを用意することにしました。

 

え?鉄管が凍っているのに?樹脂配管にヒーターを入れるの?

はい。そうです。

設備屋さんに聞いてみても、だいたい端と端が凍るというので、

鉄管部分にはヒーターは入れられませんが

鉄管と樹脂管の継ぎ目あたりに熱を与えてみよう、という事になりました。

で、管材屋さんにヒーターの在庫を確認してみると、あるっていうんですぐに取り寄せて。

  

ヒーターはコレです↓

 

そして、そう、やっと出番がやってきたのです!

ヒーターガイドの出番が!

私共の標準仕様で使っている部材。

(ブリジストン ヒーターガイド付きCD管)

 

保温材の中にCD管もあり、他にヒーターガイドもあるので

これだけの管が束になっていれば、管同士の隙間が空気層にもなって保温効果が増し

そう簡単には凍らないハズなんですね。

(ヒーター線は必要に応じて黒いヒーターガイドの中に入れますが、我が家では凍結の心配はないと判断し、ヒーター線は入れてませんでした)


実際、これら樹脂配管がきちんとされていた洗面所、お風呂、トイレは凍らなかったですしね。

しかし、一部鉄管を使われてしまった台所と洗濯機廻りは、、、凍った。。。

うん。樹脂管と鉄管の違いは歴然な感じです。

   

そして、凍結3日目(?!)にしてヒーターを入れてみたところです。↓

  

ヒーターガイド付きで良かった~

今まで設計した物件では、こんな凍結事態になった事は殆どなく(あ、いえ、とあるローコスト物件では凍結しましたけど

ヒーターガイドが役に立ったのは我が家が始めてです~

って、喜んでいいのだろうか???

   

今思えば、

鉄管の配管を止めさせられなかった当時の監理・管理不足っていうか知識不足というか、

進化していく設備に関しては、まだまだ私は勉強が足りなく、いつも旦那さん任せでもあり

なんだか複雑な心境ですけど

ともかくも、万が一、凍った時のためにと選んでいたヒーターガイド付き部材が

リフォーム12年目にして役に立って嬉しい。 

 

そしてヒーターを入れてから、およそ3時間後くらいに

やっと、やっと、3日目にして水が出るようになりました!

わーい!ばんざーい!

 

更に翌日には、仮ボイラーを設置して(新しい床暖房ボイラーの本設置はまだですけど)

取りあえず、床暖房復旧いたしましたー

 

これで台所の凍結の心配は無くなりましたし

何よりも何よりも

やっぱり床暖房、あったかーい

約一か月ぶりの床暖~~~

 

体が一気に楽になるのが分かります。

私が、あったかーい、あったかーい と連呼しながら

息子に

ほら、床暖房、ポカポカでしょう?

って声かけると

「ママの心もポカポカだね!」

ですって

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボイラー壊れて床暖房なしの年末年始・・・

2016年01月16日 | 海野宿での暮らし

2016.1.15 の我が家

まとまった雪を未だ目にしておりません。 

穏やかなお正月で助かってます。

 

ちなみに昨年の同じ時期はこうでした↓

2015.1.15 です。

   

 

さて、半月前の大晦日の事。

  

慌ただしく片付けやらお正月の準備やらでバッタバタな時に

おや? 床が冷たいような。

(上の写真の古民家とは別に、昭和建築の離れで、全館24時間床暖房な暮らしをしているのですが)

ん?

薪ボイラーの湯温が下がったのかな?

薪と灯油のハイブリッドな床暖房をやってます)

薪ボイラーの様子を見に行ったら、

ん? 何がいつもと違う。

 

し~ん

・・・

 

あっ!

ポンプが動いていない!

灯油ボイラーの。

 

耳を澄ませ、

よくよく灯油ボイラーを確認しても

し~~~ん

・・・

 

室内へ戻って

リモコンの表示を確認する。

何も変わっておらず

エラーメッセージも出てない・・・ぞ

  

ん?ん?んんん????!!!

 

これは、もしや、壊れたのかも!

知り合いの設備屋さんに、大晦日な時に電話して聞いてみると

うん、間違いなく

壊れた模様。

 

・・・

 

床暖房用の灯油ボイラー

2005年1月21日より使用しておりまして、

2015年12月31日午後2時くらいに止まりました。はい。

ほぼ丸11年使用した事になります。はい。

 

実は2014年10月24日にもボイラーの調子が悪く、メーカーさんに修理をしてもらっておりまして

灯油ボイラー、だいたい10年で壊れるという事は知ってましたので

(携わった建物では、早いお宅で7,8年くらいで壊れたところもあります。)

いよいよ我が家のボイラーもそろそろか、、、とは覚悟はしておりました。 はい。

 

で、

2015年の10月、床暖房を稼働する時、ボイラーが動かないのではないかと覚悟していたのですが

その時は無事に動いたので、やれやれと胸をなでおろしていたものの

そろそろ交換の準備をしなくてはね、と主人と話をしてはおりました。

ら、

年末時分にポンプの音がいつもより大きくなり

ボイラーの異変に気がついていたのですが、

年の瀬の慌ただしい時に修理手配している余裕がなく、、、

取りあえず、年が明けたら~

なんてそのまま様子をみていたらっ

 

大晦日に

見事に

こんな時に?!!!なタイミングで

止まりました

 

よりによって、大晦日ですよ。

メーカーもどこも皆、お休みじゃないですか~~~~

 

なんでよりによって、とブツブツ言ってたら

主人は、

「そんなもんだよ~」ってケロッとしてるし!

 

もう、開き直って笑うしかなかったデス。

  

 

で、また追い打ちをかけるように笑える?のがですね

 

「あー 床暖房止まってどうしよう~ お正月寒いよう~」

って私が泣き事いっている大晦日にですね

 

ちょうどお引き渡しを済ませたばかりのお施主さんからメッセージが入りまして

ありがとうございます!すごい!すごい!いいね~いいね~とみんなで連発しています。暖かいし、きれいだし、本当に最高の大晦日です

と嬉しいメッセージが!(嬉泣)

更に

最後の最後まできれいにお掃除して頂いて、泊まるにも本当にお陰さまでした。ありがとうございました。床暖、最高です。

と!

 

    

だよね

だよね

気密の低い古民家、やっぱり床暖なのだよね

最高なんだよね

そうなのよ

 

だから、我が家も床暖。

 

だからおススメしているのよ。

 

 

その床暖が~~~ 

・・・ 

同じ大晦日でも

最高な大晦日なお施主さん に対しまして 最悪な我が家

天国と地獄みたいなこの状況。

更に笑える始末でございました。 あはは・・・

 

そんな我が家の事はどーでも

お施主さんには喜んでもらえて良かったです☆

  

 

そんな訳で、、、

海野宿で暮らしてから、始めて全館床暖房なし!な冬を過ごすはめになり

今もまだその状態が続いておりまして・・・

熱交換用の薪ボイラーは、内部の水を凍らせないためにたまに火を入れながら、

取りあえず新しい灯油ボイラーの手配はしました。

 

 

熱源をどうするか、予算など含め

色々考えた結果、

ヒートポンプもいいなと思ったのですが(実績をみても)

ヒートポンプを導入するとなれば、我が家の場合は電気工事が必要になって結構まとまった費用になりそうだったので、

昨年から稼働している薪ボイラーもあることですし、

廃材を薪にしている間は光熱費の事はあまり考えなくてもいいので

今回も灯油ボイラーにしました。

(灯油は災害時の事を考えても、常備しておきたいという考えもありました。エネルギー分散で)

 

ただ、補助暖房として今まで床暖房プラス、開放型石油ファンヒーターを使っておりまして

この「開放型暖房器具」を止めたい!

と、常に考えておりましたので

これを機会に、床暖房の他に、温水ルームヒーターも出来る灯油ボイラー(2温度式)を導入する事に。

(ルームヒーターの配管は来年を目途にやりたいと思ってます)

 

とはいえ、2温度式のボイラーで床暖とルームヒーターの組み合わせで暖房をやった前例が私共には無く、

設備屋さんに聞いてみても、やった事が無いそうで。。。

温水の温度が、床暖房の温水と、ルームヒーターの温水と、温度が違うし

更に、我が家は薪ボイラーも使っている訳で、

うちの主人も相当悩んでおりました。

で、私も横で、あれこれ思いついた事をテキトーに言ってみる。

 

取りあえず、我が家は実験住宅みたいなもの。(←設計に活かせますし!)

薪と灯油のハイブリットな熱源で、全館床暖房+温水ルームヒーターで

さてどこまでどうなるやら。

賭けみたいな部分も正直ありまして(薪と灯油の消費量が)

結局は、やってみないとわからないや! となりましたデス

 

という事で、

新しいボイラー待ちな状況ですが

今年は本当に暖冬で、床暖房ストップでも取りあえず楽しく?(特に息子)暮らしています

<板の間生活>から一変して<畳・炬燵生活>が、息子にとっては楽しいみたいです。

  

さて、床暖房が復旧した暁には

全館連続暖房の光熱費&暮らし方と、

昔ながらの局所間欠暖房の比較が改めて出来るかなと思います。(復習)

そう、いつでも

転んでもただでは起きないのであります

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年スタート!今年も宜しくお願いします。

2016年01月05日 | 海野宿での暮らし

2016年新年を無事に迎える事が出来まして、5日目にしてようやく仕事始めとなりました。

(とはいえ、年末に出来なかった事務所の片付け、カレンダーの掛け替えから始まりましたけども

  

さて、昨年暮れは本当に慌ただしく

お正月を迎える準備が全然間に合わず

しめ飾り、 一夜飾りで縁起が悪い事も承知でしたが、12/30の晩に作り大晦日に飾りました

歳神様、来て下さったかしら。。。

 

鏡餅も、お施主さんから昨年に頂いたもち米を使ってホームベーカリーで作り

神棚を整え、床の間代わりの玄関も設え、お供え。

  

一応、お正月飾りだけは終えて、主人の実家で年取りをしたのですが、

大晦日に床暖房の灯油ボイラーが見事に壊れまして

いつもなら家をあける時も、床暖房を微弱で点けっぱなしにしているので凍結の心配など微塵もないのですが

この通り、今年はえらい暖冬ではありましたけども凍結が心配で

元日早々に家に帰って参りましたデス。

 

2016年元日 松本城

 

主人の実家から帰って来る途中、松本城がライトアップされているのを見かけ、

ちょっとだけ立ち寄ってきました

美しいの一言に尽きます。

 

そして元日の晩に家に戻りまして

本当ならお節でゆっくりするはずだったのですが

そう、、、お節を作るのが間に合わず、、、

 

暮れにちょうど、お施主さんからこれまた新鮮なお魚を沢山頂きまして

元日はめでたい鯛を頂きました!

(K様、ご馳走さまでした~

 

 

年末年始と、この通り、駆け抜けた感じで

息つく間の無かった私は、やっと一息。

あーなんて私は人並みじゃないんだろう、なんて思いながら

日頃の焦りや苛立ちで頭がクラクラしていたのですが

こんな時に小5息子の何気ない行動が私を癒してくれます(泣)

 

実家へ帰る車中での出来事だったのですが

息子が歌を歌い始めました。(AIのStory)

その歌声が、まだ声変わりしていない少年の愛しい声で

それまでの苛立ちが、すーっと消え

この一瞬がとてつもない有難い一時に感じられ

何気ない日々を、忙しさで心なくしていた事に気付き胸一杯。

 

そんな息子が、実家から帰ってきた元日の晩から熱を出してしまいまして…アタター

  

ボイラー壊れて床暖房はストップしてしまっているし、息子は熱を出すで、

アクシデントが続きます。。。

 

とりあえず、家に帰ってから急いで事務所で使っていた石油ストーブを離れに持ちこみ、

昔使ってたコタツやら色々出して

床暖房が復活するまでは、板の間生活は寒すぎるので、和室で過ごす事に。

和室を居間にするべく、2階で使ってたTVを降ろしてきたり、元日からバタバタ。

この昭和の家をリフォームする時に、実は居間だけでなく和室にもtv配線しておいたので助かりました。

普段ならテレビなど観なくても平気なんですが

折角のお正月、しかも息子は熱を出しているので、テレビくらい見せてあげたいもの。

  

で、今まで客間的な和室が居間(茶の間)になると、

息子は「こういう畳生活も好きだナー」ですって

和の良さを分かっくれる~! しめしめ

で、熱を出してしまった息子は、ずっとコタツでテレビを見ながら寝てました。

 

息子が寝てる間にお節も辛うじて完成しまして

ようやく新年2日目にしてお正月らしくゆっくりできました。

(お煮しめは諦めました

  

3日には、息子の体調も回復したようでしたので、

海野宿の白鳥神社へ初詣。

その足で我が家では恒例となっている善光寺へも参りました。

 

このような訳で年始のご挨拶が遅れましたけども

ブログを見て下さっている皆様、本年も頑張って参りたいと思いますので

引き続きお付き合い下さいますよう、どうぞ宜しくお願いいたします

 

  

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雪の頃~祭りを終えて

2015年11月26日 | 海野宿での暮らし

先日23日は、毎年恒例の海野宿ふれあい祭り(第25回)がありまして

この11月は何かと忙しなく、ブログの更新もこんなに遅くなってしまいました

 

そして暦では小雪の頃ではあるのですが

暦通り、長野県では本日、初積雪となった模様でした。

まずい!まだタイヤをスタッドレスに交換してない

 

今月はこの通り、ブログも満足に更新出来ないくらい慌ただしく

11月に入ってから毎週末、なぜか徹夜という有様で

若くない体に鞭打って

仕事と、祭りの準備の手伝いをやっておりました

そのせいでしょうか、、、

とうとう風邪をひいてしまったようデス。 

こじらせないようにしなくては、、、

 

さて、今年の海野宿ふれあい祭り

どんな様子だったかをUPしたかったのですが

今年もお祭りのお手伝い(野菜ほうとう作り)をしていたので

お祭りの全容の写真は撮る事が出来ませんでした。

 

こちらは↓ お祭りが始まる直前の様子。テープカットをこれから、というところを、ちょいと持ち場を離れまして、携帯でパチリ。

 

割烹着姿の皆さんが、このお祭りの名物である、胡桃おはぎ 野菜ほうとう 小豆ほうとう を作る地元住民の奥様方です♪

で、私もここ4年間くらい、皆さんと一緒に少しずつではありますがお手伝いをさせてもらってます

 

準備中。 ここで野菜ほうとう(700食だったかな?)を作りました

屋外での作業のため、冬用セーターを着込んでいったのですが、今年は例年より気温が少し高めで、作業はかなり暑かったです・・・

 

 

お祭りが始まる直前の様子。

 

天気予報では雨が降りそうだったのですが

何とか晴れまして(曇りだけど)よかったよかった。

 

お祭りの様子はコチラからどうぞ。

(東信ジャーナルBlog版より)

 

人気の胡桃おはぎ。 

海野宿のある東御市は日本一の胡桃の産地だとか。

その地元の胡桃を使って手間暇かけて作ったおはぎです♪

 

で、今年は小学生にも手伝ってもらおう、という事になりまして

小5息子も祭りの前日には、クルミ割りのお手伝いに行きました。

そのためにクルミ割り器も用意しましたデス。

 

たっくさんのクルミを祭り前日から、割ったり、実をかきだしたり、煎ったり、砕いたり、擂ったり、練り練りしたり。

 

この手作りおはぎ・ほうとうは、大変好評なのですが、

何百食(トータルでは2000食近く)も作らなければなりませんから

とても大変な作業です。

そのおはぎ・ほうとうを仕切るのはもちろん女性がやってきた訳なんですが、

部長さん(総括責任者)はともかく、今年は副部長の成り手がいない(というかドタキャン?)というハプニングで

男性であるうちの旦那さんがですね、な、なんとっ ・・・その副部長をやる羽目になったのです

えっえーーーーっ!ですよ。ホント。

(かといって、私が出来るような役では到底ありません。)

 

うちの旦那さんは、今までも本当に沢山の役を引き受けてきて

(今年は支区長、組長、そしてこのおはぎ・ほうとうの副部長、その他に市の関係の役があと2つくらいあるらしい。私には把握ができてないです)

私が言うのもおかしいですけど、ホントよくやってるなぁ、と感心してます。

(しかし、その分、仕事にも支障をきたしているので、何とかしなくてはならないんですけど

 

そんな訳で、お祭りも無事に終える事も出来まして

夫婦共々クタクタで、ようやく今日から本調子で体が動くようになってきたところです。

 

 

この通り、新米も方々から届きました☆

主人の実家の新米、

ご近所さんの新米(八重原米 減農薬)

お施主さんから頂いた、もち米の新米

そして、手前のは自分で注文して買った「色々米」 (在来種50種の玄米 しかも無農薬、化学肥料不使用)。

 

23日のお祭りも終わった事ですし、そろそろ新米を頂く事にしましょうかね

(ちなみに11月23日が終わるまでは新米は食べるものではないんですって。知りませんでした。。。)

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加