裁判太郎がみた絶望の裁判所(国民の人権よりも組織の安泰を優先する最高裁なら要らない)

前訴訴訟物をいかに捉えるかは裁判官の裁量の範囲内であるから、国民の権利行使を不当妨害する既判力捏造であっても問題なし。

第5 「共有持分の主張はしない」は釈明権行使の結果である。

2017年08月07日 | 裁判

目次へ
次頁へ

前訴第一審の判決書(3頁末尾)

ーーー
ーーー

11月18日の口頭弁論における釈明権の行使

X裁判官は、代理人保佐人Cに対して「原告は、単独所有権と共有持分権のどちらを主張するのか(二者択一)」と問いかけている。

保佐人Cの答えは「遺言書の内容は、単独所有権で間違いありません」であって、単独所有権が認められなかった場合に、共有持分の主張はしないなどと答えてはいない。


ーーー
釈明権行使の具体的内容は、保佐人Cが同日付けで提出した「意見書」に記載されています。なお、意見書は、最終口頭弁論(12月22日)において陳述されています。
(最終口頭弁論の調書)

(保佐人C作成の11月18日付「意見書」)

11月18日の口頭弁論で、遺言書でBの単独所有を主張するか、共同所有を主張するかの問いに、最終的には、どうするかということに、勘違いをしてしまい即答できませんでした。
遺言書は、Eから手渡しされたもので、その時に所有権はBと書いているので、安心してくれと言われました。
遺言書の内容は、Bの単独所有権で間違いありません。
ーーー
ーーー
証拠となる書面
1.保佐人Cの「意見書」
2.第7回口頭弁論調書(最終口頭弁論)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第5 既判力捏造を隠蔽する... | トップ | ☆☆☆ 裁判官による"でっち上... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL