「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

スズキが「蛻変の経営」に選んだのがインド!

2016-12-07 15:19:11 | Weblog
このブログをお気に入りに!



「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


============================

【贈る言葉】

遠い昔になってしまったが、あの時スズキがインドに進出しなかったならば恐らく今頃はスズキは存在していなかったと思う。当時国内12位のメーカーが一番になれる国としてインドを選んだそうだから。

         ~蛻変力<その7>~

============================

【本文】

■スズキが「蛻変の経営」に選んだのがインド!■

クラスで成績がビリでも、今の時代高望みしなければどっかの高校には入れる。

入った高校のレベルは三流でも少し頑張れば首席に近い成績で卒業できる可能性が高い。

首席は大変名誉なことで、彼にとっては自慢できるブランドになるはずだ。

自動車メーカーの中で、誰もがトヨタが一番と思っているだろうが、例え規模はビリでも経営の中身がよければ優良企業と言えるのではないか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あの頃、スズキは国内12位の自動車メーカーだったらしい。

鈴木修(現会長)氏は一番になれる国はないかと考えた末、インドに進出することを決めたそうだ。

当時、インドははっきり言って最貧国だったが、今は購買力が付き、新興国になった。

弱者には弱者なりの「蛻変の経営」があると言うことを認識すべきだ。


        = コンピテンシー宣教師 =



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 処遇次第でモチベーションが... | トップ | 顧客重視は言うは易く実践は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む