「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

個性を伸ばすと意思決定した上司の存在!

2017-07-11 15:03:05 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【教訓】

野球界の中で常識と言われたことに反抗して自分のスタイルを築いた選手の代表例が野茂投手とイチロー選手だ。だが、よき理解者である抑木監督の存在がなければつぶされていた可能性がある。抑木監督は選手の個性を伸ばすと意思決定してくれたのだ。

         ~意思決定力<その11>~

==================================================

【本文】

■個性を伸ばすと意思決定した上司の存在!■

野茂投手はトルネード投法と言われる独特のフォームで投げていた。

イチロー選手は振り子打法と言われる独特のフォームで打っていた。

かつてこのような選手は野球界にはいなかった。

もし、抑木監督でなければ監督やコーチ陣にフォームを直されてしまい、個性豊な選手として活躍できなかった可能性が高い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今でこそ多様性などと言うキーワードが重視されるが、昔だったら異端児扱いだ。

会社と言う組織では、異端児は排斥されたり、左遷されたり、臭い飯を食わされたものだ。

私は、異端児は有能な人財だと思っている。

ここぞと言うとき、大活躍したり、ピンチを救うのはいつも異端児だ。

管理職は、マネジメント力を磨いて部下の個性を伸ばすと意思決定してほしい。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天に向かってツバを吐き、支... | トップ | 抵抗勢力の扱いには注意を要... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む