「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

社員のモチベーションの源泉を考える!

2017-08-13 14:14:37 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【教訓】

社員のモチベーションはどこから湧いてくるのかを冷静に考えてみてはどうでしょうか。私は自由裁量の余地を与えることによって、モチベーションが高まると考えます。

         ~後継者の育成<その13>~

==================================================

【本文】

■社員のモチベーションの源泉を考える!■

経営相談会で、「どうすれば社員のモチベーションが高まるのか」と質問された。

「御社の社員は、モチベーションが低いのですか」と聞き返してみた。

「自主性がないだけでなく、指示したことすら満足にできない社員が多い。恒常的に仕事のミスも多く、そのため顧客先からのクレームも多い」と返ってきた。

この社長は、自身の問題点には触れず、悪いのは全て社員と言うスタンスのように見えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

給料が安いなど処遇に不満を抱えている場合もあるが、モチベーションが上がらない要因は自由裁量の余地がないことに起因している場合が多い。

つまり、なんの権限もないから、自ら考えることもせず、言われたことをやるだけなのだ。

人間は仕事を任されれば責任感が強くなり、絶対にやり遂げてやると言う気持ちになり、将来の後継者候補も育っていくことが期待できる。

「好業績←社員のモチベーション←権限委譲による自由裁量」の構図になっている。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体力勝負から価値勝負への転... | トップ | 新市場の開拓に熱心なユニチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む