「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

独り屋台方式は成果主義賃金制度に適合する!

2017-09-21 06:34:10 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【はじめに】

仕事の一部分だけをやるか、フルコースをやるかでやりがいが違ってくるだろう。一連の仕事を独りでやりきる方式だと責任感も同時に高まるからミスも少なくなる。これを「独り屋台方式」と名付けた。

         ~独創性<その21>~

==================================================

【本文】

■独り屋台方式は成果主義賃金制度に適合する!■

特に高度成長時代には、ベルトコンベアを使った流れ生産方式が隆盛を極めた。

作業工程を細かく分け、各人が自分の持ち場を作業したらコンベアに戻すわけだ。

一つの工程を覚えてもらえば、とりあえず単能工としてラインに入ってもらえる。

後は複数の工程ができるように教育訓練して一人前になってもらうわけだが、どうしても手の遅い人がいてラインバランスが崩れる。

作業量を再配分してバランスをとるのだが、作業量を増やされた人からは不満が出る。

あるパソコンの組立工場で、パートさんが「私、独りで最初から最後まで組みますわ」と。

彼女は全ての部品を傍らに配膳してもらい、フルコースの作業を完璧にやり遂げ、しかもミスなく完成させた。

これを「独り屋台方式」と名付けたが、「セル生産方式」とも言う。

成果主義賃金制度を導入するなら「セル生産方式」が適しており、独創性のあるシステムと言えそうだ。

        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50人の団体が電車を傾けて倒... | トップ | 褒められれば誰もが仕事が楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事