「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

会議の多い会社は改革すべきです!

2017-11-19 14:19:11 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【教訓】

やたらと会議の多い会社がある。ゆったりした椅子に座り、担当者が映し出した画像を見ながら時々茶々を入れる。このような会社は総じて業績がよくないようだ。会議の改革を一大決心してはどうか。

         ~意思決定力<その19>~

==================================================

【本文】

■会議の多い会社は改革すべきです!■

責任をたらいまわしにする回議や怪しい意見がまかり通る怪議がある。

会議を後でやり直す改議もあれば、貝のように押し黙って意見の出ない貝議もある。

問題解決のための会議は意味があるが、お偉いの自慢話や出張報告会もあり、くだらない。

会議、会議に振り回されているようでは会議費が莫大になり、何も生んでいないから生産性はゼロに等しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アイリスオーヤマでは、各職場に楕円形のテーブルだけがおいてあり、必要に応じて誰かが声を掛ければ直ぐに関係者が集まって立ちんぼ会議が始まる。

立ちんぼ会議は疲れるから議論が活発で、宿題が割り振られて直ぐに解散し、宿題を持ち寄って再度集まる仕組みだ。

新商品開発会議だけが、幹部や聞き手が椅子に座って聞くことができる唯一の会議だ。

経営者は「今日からわが社は立ちんぼ会議にする」と意思決定してはどうか。

        = コンピテンシー宣教師 =




コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営者は残業ゼロに挑戦すれ... | トップ | 社長は不良の再発防止に本気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事