「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

普通の社員やできの悪い社員を覚醒させる!

2017-05-26 06:46:51 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【はじめに】

社員全員が仕事のできる優秀な社員だったら会社の経営はばら色だろう。だがそうは問屋が卸さない。ごく普通の社員が大半を占め、2割はできの悪い社員と思って間違いない。普通の社員やできの悪い社員をどうやって覚醒させるかで勝負は決まる。

         ~対人影響力<その26>~

==================================================

【本文】

■普通の社員やできの悪い社員を覚醒させる!■

アリの世界では「2:6:2の法則」が成り立っている。

どのアリ塚を調べてみても一心不乱に働いているのはたった2割で、適当に働いているのが6割であとの2割はろくに働かず、ただ行列に参加しているだけなのだ。

この法則はどんな人間社会にも当てはまるから不思議だ。

つまり6割ぐらいの社員はどこにでも居るごく普通の社員で、指示すればそれなりに働いてくれるが、2割はろくに働かず、中にはみんなの足を引っ張る人罪と思しき社員なのだ。

手をこまねいていては、いつまで経ってもこの「2:6:2の法則」は変わらない。

そこで提案したいのがコンピテンシーの導入だ。

仕事のできる人の行動特性をベンチマークさせ、行動そのものを変えるように導くのだ。

劣っている行動特性の定義付けや行動基準を決めるように仕向け、行動を変えるように見守ってあげ、進捗をフォローしてあげることだ。

半年や1年と言うスパンの中で見違えるほど別人のような社員に変身してしまう。

        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営者は雑用決別宣言をすべ... | トップ | 古いものを脱ぎ捨て、新たな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事