「EQ」ブログセミナー!

ビジネスマンよ、EQ(心の知能指数)を磨いて仕事で差をつけるビジネスマンに変身しようよ!

さりげなく部下の手柄にしてあげる!

2017-05-18 06:38:50 | Weblog
このブログをお気に入りに!




「意識」が変われば「行動」が変わります。

「行動」が変われば「結果」が変わります。

これがコンピテンシーの威力です。


==================================================

【はじめに】

かなり難しい仕事を若手の部下に指示した。部下はかなりプレッシャーを感じていた様子だった。課長はその部下の面倒を8割方見て遂に仕事を完成させた。課長は「少し支援したけどよく頑張ったね。これからも頑張ってほしい」と部下の手柄にしてあげた。

         ~対人影響力<その18>~

==================================================

【本文】

■さりげなく部下の手柄にしてあげる!■

部下を育てることが上司の仕事だ。

にもかかわらず、部下を「バカ」だの「チョン」だのとけなす課長は多いだろう。

これでは部下は萎縮してしまい、のびのび育つことはできないだろう。

坂本龍馬は次のような言葉を残している。

「事は十中八、九まで自らこれを行い、残り一二を他に譲りて功をなさしむべし」と。

あらかた坂本龍馬自身がやっておきなから最後の仕上げのところだけやらせて、相手の手柄にしてあげるべきだと言う意味に違いない。

特に若い部下は面倒を見てあげて部下の功績にしてあげれば、部下は意気に感じて頑張ってくれるようになると言うことだ。

私事で恐縮だが、ペエペエの頃、嫌な上司に仕えたが、後で思えば本当に部下思いのいい上司だった。

あの時あの上司に出会っていろいろ影響を受けたお陰で一人前になれたと心底思う。

        = コンピテンシー宣教師 =





コンピテンシーの威力については
⇒ こちらから。



人気blogランキング
この記事が参考になった方は、上の文字をクリックしてください。是非一票を!

================

◆ コンピテンシーを磨けるメルマガ! ◆

★仕事のできる人になり、
       差をつけたい人にお勧めのメルマガ!★

 タイトル「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」を分かりやすく解説中。経営者・管理者・社員の皆様、求職活動中の離職者の方、就職を目指す学生さんに是非ともお読みいただきたいと思います。ご購読は勿論無料!登録は、こちらから。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンサルタントを活用して経... | トップ | バカと怒鳴ってやる気にさせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む