サーラ Notes

見えない世界から伝えられてくる
メッセージや提案を
より豊かで幸せな人生へのヒントにして頂ければ幸いです

流れを促進する〜暖かい身体

2016-09-30 | ☆心&体を整える

冷たさ寒さへと移り変わっていく中、身体が暖まる簡単な動きを紹介します。
それは『身体の”流れ”を促進する』ことで可能となります。


お水も溜まると腐ってしまうように、”流ている”ことを必要とするのがこの世界のモノの本質です。
”流れる”ことで、より良い状態を整えていこうとして動いていきます。


『この世界におけるすべてのモノが、独自の”流れ”のリズムを持っている。
そして”流れる”ことで、その時に必要なバランスを自ずから整えようとする。

〜バランスの存在〜 』



それは身体も同じです。
血液リンパ液、脳からの神経によって伝達される信号、経絡によって運ばれているエネルギー等々が、
滞りなく”流れる”ことで、身体が持つ力が発揮され、必要とする元気を整えることができます。

そして『人間の身体は関節を動かすと、その部分の流れが促進される』ように出来ています。

大きな関節には、循環することが健康にとって必要なリンパや血管や神経が集まっていて、動きを全身へ伝えようとします。
今回は、身体にとって大きい関節である、肩と腰の関節を動かす簡単な方法を紹介します。

流れが促進されるとその部分の体温が上がります。
それは身体が良い状態を整えるには、ある一定以上の体温が必要だからです。
関節を動かし流れやすい身体を整えながら、自らを暖かく保つ力のある元気な身体を実現していきましょう!



<< 肩と腰の関節を動かす >>

肩と腰が動くには、関節が動くことが必要です。
だから、動かしたいように気楽にいつでも動かすのがお勧めです。

ここで動きを紹介させて頂くのは、皆さんが動かそうとされる時に、動きのバリエーションを知って頂くためです。

ポイントが二つあります。
・中心軸を通してから行う。< 流れを促進する〜中心軸を通す >
・動かしている部分の力が抜けていくようなイメージで行う。
中心軸が整うと動きやすくなり、脱力もしやすくなります。


★〜肩関節を動かす〜★

(( 前後に動かす ))
・両腕を一緒に前後に大きく動かす。歩きながらでも、立ったままでもOK。
・片腕ずつ大きく動かす。動かす側と逆の足を前へ出して行うと動きやすい。
(( 回すように動かす ))
・両肩を一緒に前に後ろに回す。腕を伸ばして行ったり、肘から曲げて行ったりする。
・片肩ずつ大きく回す。動かす側と逆の足を前へ出して行う。
(( 胸を開くように動かす ))
・足を肩幅より少し広めに開き、両腕を一緒に後ろの方へ振り上げるように動かす。
後ろ側に振る角度を、斜め上や横にすることで、動く部分が変わる。
(( 肩甲骨を近づけるように背中側へ動かす ))
・両肘を背中側で近づけるように動かす。
・両腕を伸ばしたまま、色々な角度で後ろ側へ動かす。

★〜腰関節を動かす〜★

(( 回す ))
・両足を肩幅より少し広めに開き、腰を回す。大きく回したり、小さく回したりする。
(( 腰を左右に振る ))
・両足を肩幅より少し広めに開き、左右に軽くリズミカルに振る。
膝を少し曲げて緩めて振ると、より大きく動かすことができる。
(( 腰を前後に振る ))
・片足を前に出し、後ろ側のお尻を前へと出すように、軽くリズミカルに振る。
前後になった足は、一直線に並ばないようにする。




身体の流れを促進することは、健康にとってよいばかりではありません。
魂にとって大切な光信号を伝達する神経を目覚めさせ、感じる感覚をさらに開いてくれます。

身体は心の現れです。
心を軽くコダワリなくというと、何か出来事が起こらないと見つめにくい部分がありますが、
関節を動かして、軽く暖かい身体にしていくことは、気持ちさえあれば簡単にできます。

関節が硬くなっている方は、動きにくく、動かしても軽さとか暖かさとかを感じにくいですが、
簡単な動きを続けていくと、どんどん動かしやすくなり、心地良さも増していきます。

心も身体も、より軽くより良い状態に整えるために、今できることをご一緒に楽しみませんか〜♪




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな自分も受け入れて | トップ | 流れを促進する〜中心軸を通す »

あわせて読む