さいたま市日本共産党後援会

さいたま市の共産党と共産党後援会の活動などお知らせします
これは公式的なブログではありません
このことをご了解下さい

12月議会が閉会、松村氏が討論

2016-12-31 13:30:42 | その他
さいたま市議会12月定例会は22日、33件の市長提出議案を可決して閉会。
日本共産党は、一般会計補正予算案など6件に反対しまし。

 松村敏夫市議が討論に立ち、市長や議員の期末手当(一時金)を引き上げる議案について、「市民所得は下がる一方で、税・公共料金など負担は上がり続けている。市民の暮らしが厳しいもとで、期末手当を引き上げることは認められない」と主張しました。
 市立高等看護学院の学費を値上げする議案について、市長や議員の期末手当を引き上げながら、看護学生に負担増を求めようとしていることを批判し「市内医療機関での看護師不足の実態から、市内で看護師を養成する市立高等看護学院が果たす役割は大きい。値上げ額は市が負担し、優秀な看護師を養成すべきだ」と述べました。
 「市民第一のさいたま市政実現をめざすさいたま市民アクション」が提出した「イベント事業見直しと担当職員の過大な残業改善についての請願」を共産党、自民党などの賛成多数で採択しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月議会での一般質問 | トップ | 2017党旗びらき/野党連合政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。