アラフォーからの営業

編集者を経て、なぜか営業職に。
私の人生設計はどこへいくの……?

ヤモリ?

2016-10-19 13:03:37 | 日記
先日、駅を降りたらホームの窓にいました。





意外と大きい。
そういえば家のベランダにももう少し小さいのがいました。



最近、クライアント先の担当に、

「いまから上司にきてもらえますか」

という、ムカつくメールをもらったのでシカトしたら、
上司の携帯番号を勝手に調べて勝手にかけられてしまいました。


その約1時間後、上司から電話があり、

「電話かかってきたよー。今までかかった時間をどうしてくれんだ!って、
息巻いてたから、お互い様だと言い返してやったよー。じゃあね~お疲れ~」



さすが私の上司です。
私の上司は取締役常務で、年齢は私の兄と同じ年。
恰幅がよく優しく、とても怖いです。



さてその結果、クライアントはどうしたかというと、
何事もなかったように私に電話をしてきて、
普通に仕事を続けております。


ムカつくジジイで、私も何事もなかったように対応しましたが、


「私に黙って常務に電話しといてこの態度ムカつくんだけど!!」


と、キレたら、


「俺に電話してもダメだとわかったからだろ」


と、豪快に笑っておりました。


これからもこのジジイと仕事しなきゃいけないと思うと気が重いですが、
常務が「一緒に戦ってあげるから大丈夫♪」と言ってくれるのが救いです。

というか、戦うの面倒だから仕事振らないでほしい……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープ女子 | トップ | 黒豆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。