つれづれ

名古屋市内の画廊・佐橋美術店のブログ

リアルのゆくえ

2017年08月12日 | おススメの展覧会、美術館訪問

11日に碧南市藤井達吉現代美術館さんの展覧会

「リアルのゆくえー高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」に伺って参りました。

台風で7日のレセプションが中止になり、ご紹介が少し遅くなりましたが、

盛りだくさんの内容で大変楽しめました。

楽しみにしていた大塚勉、磯江毅の実作品にも出会い驚きましたが、

やはり今回は一番に、高橋由一、岸田劉生の圧倒的なエネルギーを再確認できた

気がいたします。

そして、筧忠治の作品に添えられた画家本人の言葉

「劉生を消したかった。僕の中から劉生を消したかった。自画像を描き続ければ

僕だけの作品が生まれると信じた」にはとても感動いたしました。

 

安井の20才の作品をこのところ毎日見ていたからでしょう。

佐橋も私も、本当は少し、写実作品を見るのが辛くなってしまった部分があります。

 

展覧会を拝見し

リアリズムを求めながら、その画家のほとんどが「形に支配されてはいけない」と

もがいている印象を受けました。

もしかしたらこの画家たちのもがきは、写実という手法と日本人としての美意識の葛藤から

生まれるものかもしれません。

 

図録をもう少しゆっくり読ませていただいてから、この宿題についても

もう少しじっくり考えてみたいと思っています。

 

9月18日までのおすすめの展覧会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休みを頂戴いたします。 | トップ | お盆の過ごし方 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。