つれづれ

名古屋市内の画廊・佐橋美術店のブログ

吉田善彦 

2017年05月17日 | 吉田善彦

先週から、ギャラリーに吉田善彦作品を二点並べて飾っています。

 

以前もご紹介いたしました「緑雨」と新しく入手いたしました「浅間山」です。

どちらも10号。

 

 

 

 

 

初夏にぴったりの静かに、清らかに、美しい作品。

毎日店に出掛けるのが楽しみです。

ひとつの作品に細かな手作業を幾重にも重ねてくという日本画独特の作業のなかに、

その画家の魂が強く宿ると思っています。まして善彦の手数の多さには想像も

及びません。

この画家の魂は間違いなく師である御舟や

古径、土牛、華岳など・・

一流と言われる日本画家が求めた高みを目指すものだと感じます。

そこにあるのは善彦の作品だけで、他にそれを邪魔する感情も虚栄心も

なにも有りません。

こんなにお安くなってしまった善彦作品を今が集め時とお客様がお求めくださいますので

作品をなかなか集めきれませんが、これからもずっとよい善彦作品を探していきたいと

願っています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お塩 | トップ | 織田広喜 展 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。