ロシアインターネット投稿で消される 元サハリン州知事無念の死

消される訳は?
ロシア側が事実を知っているから

No.60 北方四島返還と元サハリン州知事ファルフトジノフ氏

2017-08-05 17:45:04 | 北方四島返還
Историяпротивостояния
Opposinghistory
DieGeschichte der Opposition
対立の歴史

北海道の「財界さっぽろ」と言う、北海道と東京の書店でも販売されている月刊誌の六月号に、鈴木宗男氏の公民権が回復したという記事が出ています。

鈴木宗男氏は、安倍総理大臣とは月に一度面会していると言い、まるで「私にはまだ力があるんだ」と言わんばかりの話。
その本音は次期選挙の為であることは透けて見えているのに。


ところで、安倍総理大臣は鈴木宗男さん達と適切な距離を置いておかなければなりません。
小渕恵三総理大臣の時、末次一郎さんの事務所を訪問していた時も、鈴木宗男氏の事を「外務省の機密費だろうがどこの何であろうが、手も足も首も全部突っ込んで来る男だ」と話していました。

そして、「中央の議員はみんな鈴木氏を相手にしていないから」とも言っていました。

一方、財界さっぽろの記事中、元外務省にいた佐藤優氏の鈴木評は、末次一郎事務所さんの話とはまったく違っています。

佐藤優氏曰く、「鈴木宗男さんはとても声も小さく、とても気の弱い政治家」だそうです。昔テレビなどを見て鈴木氏のパフォーマンスをよく解っている国民は、佐藤氏の表現する鈴木像に腰を抜かしてしまいそうです。

堂々とここまで言える様になった佐藤優君、彼にも驚きですが人は友達によって進化するのではなく、本当に「変身」するんですね、身も心も。

私達はロシアの資料・実物を持って話している事をくれぐれもお忘れなく。

少し前のことですが、支持率6.9%でお辞めになった森喜朗元総理大臣が東京オリンピック組織委員会会長職に就任されました。


森さんご本人から、どれだけ就任を希望されても、身体検査をするべきでした。総理大臣の先輩後輩という間柄であったとしても・・・です。

他方、この森元総理のお仲間というか、お友達の鈴木宗男さん、佐藤優君+1名様で大きな利権を絡ませたプランを動かそうとしていた場合、安倍総理は本当に気をつけないとマズイ立場に追い込まれます。

先ず今回は、ロシア北方四島の利権工事絡みの話ですが、サハリン州ファルフトジノフ知事(北方四島含む)会議に参加していたロシア側メンバーからも聞いて、私が勝手に各人を例えると、
▶ 鈴木宗男さんは「突撃隊」で「大声で話すセールスマン」
▶ 森喜朗さんは、後ろで工事が決まったらゼネコンなどを指名する権限を持つ隊長
▶ 佐藤優さんは、ロシア語で現場にて契約や打ち合わせなどの業務を担当する代表責任者(社長)


様々な真実、それもロシアにとって不都合な真実を、仮に日本政府が掴んだとして、そしてそれを今のロシア政権にぶつけたとしても、ロシア政権、又プーチン政権は笑いながら「内政干渉だ!」とはねのけるだけです。「北方四島返還」も検討すらする気も無いのに、クレームだけは言ってきます。

現在進められている日本の北方四島返還運動は、退くも地獄、進むも地獄になってしまっています。

次回予定の8月12日(土)は、お休みです。


saharinhiroshi2@yahoo.co.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.59 北方四島返還とサハリ... | トップ | No.61 北方四島返還と元サハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北方四島返還」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL