佐賀大学病院放射線科アンオフィシャルブログ ~さがの読影室から~

放射線科医の日常や、診療紹介、推薦図書などをご紹介します。問い合わせ先等、詳しくはカテゴリー「はじめに」をご覧下さい。

骨シンチグラフィーとは

2008年04月14日 22時16分20秒 | ホームページ 核医学部門
5.骨の核医学検査(骨シンチグラフィー)ってなに??
→この検査に用いられるくすりは骨の代謝や反応が盛んなところに集まります。この性質を利用して骨の腫瘍や炎症、骨折を診断します。とくに肺がん、乳がん、前立腺がんなどの転移を確認するために最も多く行われています。X線検査よりも早期に病変が見つかることが多いのが特徴です。

 骨シンチグラフィー 正常例
 骨シンチグラフィー 多発骨転移例

 **参考資料:日本核医学会、日本核医学技術学会
(株)日本アイソトープ協会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第13回つきじ放射線研究会-そ... | トップ | ガリウムシンチグラフィーとは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL