頑固爺の言いたい放題

森羅万象なんでもござれ、面白い話題を拾ってレポートします。

買い物をしないと苦情を言われる観光客

2016-10-14 16:42:56 | メモ帳

今朝(10月15日)8時からのフジTVの「トクダネ」で放送された録画。

場所は韓国、繁華街の屋外。旅行会社の女性(30才台)ガイドが客を大声で批判している。画面には日本語訳が出ていたが、相手は中国人観光客だから、しゃべっているのは中国語に違いない。流暢な話ぶりからして、女性ガイドは多分韓国在住の中国人だと思うが、韓国人である可能性もなきにしもあらず。

その要旨は「そもそも観光客の本分は見物と買い物だ。あんた方は買いものをする義務がある。しかし、あんた方は義務を果たそうとしない。けしからん」。

いくら韓国とはいえ、そんな法律があるわけない。これだけでもビックリ仰天だが、その批判はバスの車内に移っても続き、そのガイドは「あんた方は親にどんな教育をされたんだ!」と怒鳴った。これには観光客も頭にきて「なんで親の教育という話になるんだ?」と怒鳴り返した。画面中央の奥にマイクを持ったガイドがいるから、車内の後ろの方から撮影したらしい。

ガイドが土産物屋からリベートをもらっていることがあからさま。買い物の金額が少なかったので、腹が立ったらしい。いくら腹の中ではそう思っていても、口に出すべきことではない。腹を立てるのはガイドではなく、苦情を言われた中国人観光客だ。

この録画はネットに拡散され、中国人観光客が減る結果をもたらすだろう。われわれ日本人は大笑いしていればすむことだが、同じようなことが日本でも起きてはしないか。日本人ガイドならこんな事にはならないだろうが、日本在住の中国人ガイドだったら、やりそうなことだ。ガイドの資格審査は厳正にやってほしい。

 

 

 

 

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魏志倭人伝は書き換えられた! | トップ | 小池都知事への注文2件 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。