頑固爺の言いたい放題

森羅万象なんでもござれ、面白い話題を拾ってレポートします。

蓮舫氏の国籍問題

2016-09-15 16:55:41 | メモ帳

「国会議員は日本人でなくてはならない」と法律で定められている。一方、法律は二重国籍者が国会議員になることを禁じていない。

したがって、日本国籍を持つ蓮舫氏が、二重国籍者であっても、国会議員であることに違法性はない。

しかし、「国会議員は日本人でなくてはならない」という法律は、外国人が国会議員になると当該他国に利する、すなわち日本の国益を損なう行為をする可能性があるために設けられた法律だと考える。

それならば、二重国籍者が当該他国に利する行為を行う可能性も、外国人である場合と同様にありうることであり、同じように国会議員になることは禁じられるべきである。法律制定時に二重国籍者は想定されていなかったのだろう。

法律の本来の趣旨に配慮するなら、蓮舫氏は台湾国籍が排除されるまでは民進党の代表就任を遠慮すべきである。

現実問題としては、蓮舫氏が代表になっても当面弊害はおきないだろうから、民進党を支持しない私にとってはどうでもいいことだが…。

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心理的瑕疵の本質 | トップ | 機械式駐車場の会計処理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。