日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

5月20日 週末のスポーツ・芸能エンタテイメントのできごと

2017-05-20 23:59:00 | hibideki weekend

青木、イチローとも無安打=米大リーグ(時事通信)
※日米通算2000安打まで残り11本としているアストロズの青木はインディアンス戦に9番左翼で先発出場し3打数無安打 チームは3-5で敗れ、連勝は4で止まった マーリンズのイチローはドジャース戦の五回に代打で出場し、一ゴロに倒れて1打数無安打 守備には就かなかった 1257

前田が1Aで調整=「暗くて球が見えなかった」-米大リーグ(時事通信)
※ドジャースの前田 調整のため傘下のランチョクカモンガの一員として1Aの試合に登板し、4回を投げて6安打3失点(自責1) 照明設備も貧弱で「球の走りも、曲がりもわからなかった」と苦笑いしながら「こういう環境で投げられたのはいい経験」と 1712

立大、明大に敗れる=優勝の行方は最終週に-東京六大学野球(時事通信)
※春季リーグ戦第7週第1日 1回戦2試合が行われ、連勝なら優勝が決まった立大は明大に0-3で敗れた 東大以外に可能性が残る優勝の行方は最終週の早慶戦に 法大は東大を3-2で下した
※明大は一回に越智(3年、丹原)の適時打で先制 五、九回にも加点した 6回を無安打に抑えた森下暢(2年、大分商)が2勝目 法大は五回に2点を勝ち越し、九回に1点を返されたが振り切った 1819

帝京大が39季ぶり優勝=首都大学野球(時事通信)※首都大学野球春季リーグ戦 帝京大が明星大を2-1で破って9勝3敗の勝ち点4とし、39季ぶり4度目の優勝 残る日体大戦で勝ち点を落としても、勝率で他校を上回ることが確定 1509

【プロ野球結果】
★セ・リーグ
ヤクルト8-3阪神(明治神宮野球場)
ヤクルト、初の4連勝=プロ野球・ヤクルト-阪神(時事通信)※1点を追う三回、雄平の右前打と今浪の三塁打で4点を奪い逆転 六回は山田の3ランで突き放した 小川は7回途中3失点で4勝目

DeNA6-4巨人(横浜スタジアム)
桑原が決勝打=プロ野球・DeNA-巨人(時事通信)※DeNAは一回にロペスが先制2ラン 二回に4点を奪われたが、五回にロペスの二塁打などで同点 六回に桑原の2点右前打で勝ち越した 加賀が3年ぶりの白星 山﨑康が3セーブ目

阿部が2000試合出場=プロ野球・巨人(時事通信)※阿部慎之助内野手 DeNA8回戦(横浜)に4番一塁で出場し、通算2000試合出場を達成 プロ野球50人目 初出場は2001年3月30日の阪神1回戦(東京ド)に8番捕手で

中日2-1広島(ナゴヤドーム)
中日の又吉が3勝目=プロ野球・中日-広島(時事通信)※中日が今季初の3連勝 二回に藤井の適時打で先制 四回に追い付かれたが、六回にビシエドの併殺打の間に勝ち越した 又吉は7回1失点で3勝目 田島は10セーブ目

★パ・リーグ
日本ハム7-3オリックス(札幌ドーム)
日本ハムの有原が3勝目=プロ野球・日本ハム-オリックス(時事通信)※日本ハムは2-3の三回にレアードの12号2ランで逆転 四回に西川の左前打で1点、七回には2点を加えて突き放した 有原は毎回走者を背負いながらも、七回途中まで3失点で粘って3勝目

西武7-5ソフトバンク(メットライフドーム)
西武、逃げ切る=プロ野球・西武-ソフトバンク(時事通信)※二回、木村文の2ランで逆転し、浅村の3ランで加点 三回には木村文の左前打、水口の二塁打でリードを広げた 佐野は2勝目

ロッテ0-2楽天(ZOZOマリンスタジアム)
楽天の田中が決勝2ラン=プロ野球・ロッテ-楽天(時事通信)※楽天が投手戦を制した ともに均衡を破れなかったが、延長十二回2死から、新人田中が1号2ランを放った 美馬は9回3安打、無四球、10奪三振と好投 松井裕が16セーブ目


大迫がゴール=ドイツ1部リーグ-欧州サッカー(時事通信)
※各地で最終節が行われ、ケルンの大迫勇也はホームで武藤嘉紀の所属するマインツ戦に先発し、1-0の後半42分にゴールを挙げた 前半43分には先制点をアシスト 後半43分に退いた 武藤は同17分から途中出場 試合はケルンが2-0で勝った
※ドルトムントの香川真司はホームでのブレーメン戦にフル出場し、0-1の前半32分に同点ゴールをアシスト チームは4-3で勝った ハンブルガーSVの酒井高徳はホームでのウォルフスブルク戦にフル出場 チームは2-1で勝ち、1部残留が決まった
※原口元気のヘルタはホームでレーバークーゼンに2-6で大敗 原口はベンチ入りしたが出番はなかった 宇佐美貴史のアウクスブルクは敵地でホッフェンハイムと0-0で、長谷部誠のフランクフルトはホームでライプチヒと2-2で、内田篤人のシャルケは敵地でインゴルシュタットと1-1で引き分けた 宇佐美、長谷部、内田はベンチ外 2353

U20W杯が開幕=日本、21日に南ア戦-サッカー(時事通信)
※U20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会 全州などで1次リーグの4試合 A組では開催国の韓国がギニアを3-0、イングランドも7度目の優勝を目指すアルゼンチンを3-0でそれぞれ破った B組ではベネズエラがドイツを2-0で破り、メキシコはバヌアツに3-2で競り勝った
※5大会ぶり出場の日本は、21日の南アフリカとのD組初戦に備えて試合会場のある水原で調整し、10対10のミニゲームや、セットプレーでの攻守の確認など、実践的なメニューを約1時間半 2202

G大阪が首位浮上=柏、6連勝-J1(時事通信)
※各地で第12節の残り8試合が行われ、前節2位のG大阪が鳥栖に3-0で快勝し、勝ち点25で首位に浮上 前節3位の柏は磐田を2-0で下して6連勝、同24で2位に上がった 前節首位の浦和は清水と3-3で引き分け、勝ち点23で3位に後退 C大阪は大宮に3-0で快勝し、同22と 2123

熊谷ゴール、リヨン2冠=仏女子サッカー(時事通信)※フランス・カップ決勝 熊谷紗希が所属するリヨンがパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、1-1からのPK戦を7-6で制し、6季連続でリーグとの2冠を達成 熊谷はフル出場し、前半にPKで同点ゴールを決めた 1104

【Jリーグ明治安田生命J1第12節結果】
浦和レッズ3-3清水エスパルス(埼玉スタジアム2002)
浦和、痛い引き分け=Jリーグ・浦和-清水(時事通信)※後半12分までに興梠の2得点でリードするも、3連続失点、その後追い付いたが、興梠のハットトリックも実らず 清水は後半、積極的に攻めた カウンターを生かし、鄭大世、チアゴアウベスが決定力を発揮した

横浜F・マリノス1-1ベガルタ仙台(日産スタジアム)
仙台が追い付く=Jリーグ・横浜M-仙台(時事通信)※横浜Mは前半ロスタイム、マルティノスのパスに抜け出した前田が決めて先制 序盤から押し気味だった仙台は、後半32分にCKを大岩が頭で押し込んだ その後は両チームとも決定機を生かせなかった

ヴァンフォーレ甲府1-2サンフレッチェ広島(山梨中銀スタジアム)
広島が今季2勝目=Jリーグ・甲府-広島(時事通信)※広島が6戦ぶりの白星で今季2勝目 パスをつないで相手守備を崩し、前半41分に柴崎が同点ゴール 後半5分にはCKから水本が決めて勝ち越した

アルビレックス新潟1-0北海道コンサドーレ札幌(デンカビッグスワンスタジアム)
新潟、5戦ぶり白星=Jリーグ・新潟-札幌(時事通信)※後半21分、鋭いカウンターから富沢のスルーパスを受けたホニが流し込んで先制 そのまま逃げ切った

ジュビロ磐田0-2柏レイソル(ヤマハスタジアム〈磐田〉)
柏が6連勝=Jリーグ・磐田-柏(時事通信)※前半44分にクリスティアーノがこぼれ球をねじ込み先制 後半29分にはクリスティアーノのクロスを中川寛が頭で合わせて加点

大宮アルディージャ0-3セレッソ大阪(NACKスタジアム大宮)
C大阪が快勝=Jリーグ・大宮-C大阪(時事通信)※前半は運動量が少なかったが、後半はサイドを有効に使って主導権を握り、18分に左CKを清武が頭で決めて先制 試合終盤には山村、杉本が追加点を挙げた

ガンバ大阪3-0サガン鳥栖(市立吹田サッカースタジアム)
G大阪が快勝=Jリーグ・G大阪-鳥栖(時事通信)※G大阪が快勝し、6試合連続黒星なしと 前半33分に三浦の右クロスに長沢が頭で合わせて先制し、同37分に倉田が追加点 終了間際に長沢が決めて駄目を押した 守りも堅く2試合連続無失点

ヴィッセル神戸 1-1 FC東京(ノエビアスタジアム神戸)
1-1で引き分け=Jリーグ・神戸-F東京(時事通信)※F東京は前半14分に前田のDFライン裏へのパスに反応した永井がループシュートを決めて先制 神戸は後半18分に渡辺が右からのパスを直接蹴り込み追い付いた その後はともに決め手を欠き、勝ち越せなかった

【Jリーグ明治安田生命J3第9節結果】
カターレ富山 1-0 Y.S.C.C.横浜(富山県総合運動公園陸上競技場)/FC琉球 1-1 SC相模原(沖縄県総合運動公園陸上競技場)


日本が決勝進出=バレーボール女子(時事通信)※バレーボール女子のU23(23歳未満)アジア選手権 日本は準決勝で台湾を3-1で下した 21日の決勝で地元タイと対戦する 日本は2位以内が確定し、U23世界選手権(9月、スロベニア・リュブリャナ)の出場権を獲得 2344


サンウルブズ10敗目=スーパーラグビー(時事通信)※日本のサンウルブズはシャークス(南アフリカ)に17-38で敗れ、1勝10敗と 勝ち点は7 サンウルブズは前半に3トライを許し、7-21で折り返した 後半にフランカーの松橋のトライなどで4点差まで追い上げたが、終盤に突き放された 2332


近藤ら優勝=柔道(時事通信)※グランドスラム・エカテリンブルク大会 女子48キロ級は、リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)が優勝 同57キロ級の宇高菜絵(コマツ)は2位 男子60キロ級の永山竜樹(東海大)、同73キロ級の橋本壮市(パーク24)も優勝 2331


村田、快挙ならず=エンダムに1-2判定負け-WBAミドル級(時事通信)
※プロボクシングの世界タイトルマッチ12回戦 計4試合が行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦は、2012年ロンドン五輪金メダリストで同級2位の村田諒太(帝拳)が暫定王者で同級1位のアッサン・エンダム(フランス)に1-2の判定で惜敗し、王座を獲得できなかった
※村田は4回、強烈な右ストレートをカウンターで抜き打ちダウンを奪うなど右の強打を軸に攻めたが、手数で劣った プロ初黒星で戦績は12勝(9KO)1敗
※世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級では、チャンピオンの田中恒成(畑中)が同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を3-0の判定で下し、初防衛に成功 5回に右アッパーからの連打でダウンを奪った 田中は9戦全勝(5KO)
※世界ボクシング評議会(WBC)フライ級1位の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が前王者のフアン・エルナンデス(メキシコ)を6回2分58秒TKOで破り、初の世界戦で王座を獲得 エルナンデスは前日計量で体重超過のため失格し、王座を剥奪されていた 比嘉は13戦全勝(13KO)
※WBCライトフライ級4位の拳四朗(BMB)はガニガン・ロペス(メキシコ)を2-0の判定で破り、世界初挑戦で王座を奪取 戦績を10戦全勝(5KO)と 2141

井上尚、八重樫ら計量パス=ボクシング世界戦(時事通信)
※ボクシングのダブル世界戦(21日、東京・有明コロシアム)の前日計量 試合会場で行われ、4選手とも1回でパス 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)は上限の52.1キロ 挑戦者のリカルド・ロドリゲス(米国)は51.9キロでクリア
※国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級正規王者の八重樫東(大橋)と暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)は、ともに48・8キロで上限の48.9キロをクリア 1516


川崎が決勝進出=バスケットBリーグ(時事通信)
※バスケットボール男子のBリーグ 初代王者を争う準決勝(2戦先勝方式)が行われ、川崎(レギュラーシーズン中地区1位)が決勝進出を 川崎は同日の第2戦でA東京(東地区2位)に77-78で敗れて1勝1敗となり、引き続き行われた前後半各5分の第3戦では26-18で勝った
※第1戦に臨んだ栃木(東地区1位)は83-68で三河(西地区1位)に先勝 決勝は1試合で、27日に東京・国立代々木競技場で 2002


瀬戸が400個メ優勝=競泳ジャパン・オープン(時事通信)
※第2日 男子400メートル個人メドレーは世界選手権2連覇中の瀬戸大也(ANA)が4分10秒18で制した リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)は3位 同100メートル自由形は塩浦慎理(イトマン東進)が優勝 同50メートル平泳ぎは世界記録保持者のアダム・ピーティ(英国)が26秒94で勝ち、小関也朱篤(ミキハウス)は2位
※女子400メートル個人メドレーは日本記録を持つ大橋悠依(東洋大)が4分36秒48で優勝 16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は同100メートル自由形と50メートルバタフライで勝ち、19日の200メートル自由形と合わせて今大会3冠と 1959


高橋が男子5000競歩3連覇=東日本実業団陸上(時事通信)
※陸上の自画師日本実業団選手権第1日 秋田県営陸上競技場で行われ、男子5000メートル競歩は8月の世界選手権20キロ競歩代表の高橋英輝(富士通)が19分5秒97で3連覇 女子5000メートル競歩は岡田久美子(ビッグカメラ)が4連覇
※男子円盤投げは堤雄司(群馬綜合ガードシステム)が58メートル08の大会新で4連覇 視覚障害女子5000メートルでは、リオデジャネイロ・パラリンピックのマラソン銀メダルの道下美里(三井住友海上)が日本記録(T12クラス)を更新する19分10秒66で優勝 1905

ケンブリッジ「標準記録突破を」=21日にセイコー陸上(時事通信)※陸上の国際大会、セイコーゴールデングランプリ川崎に出場する有力選手 会場の川崎市等々力陸上競技場で記者会見 男子100メートルに出場するケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は今季国内初戦 「まずは標準記録を突破したい」と 1749


日馬富士、白鵬7連勝=大相撲夏場所(時事通信)
※7日目 日馬富士は嘉風を厳しい攻めで退け、白鵬は初顔の大栄翔を圧倒し、ともに7連勝でトップを並走 稀勢の里は御嶽海に辛勝して5勝目 大関昇進が懸かる高安は千代翔馬に快勝し、連敗を免れた 照ノ富士と豪栄道も5勝と 平幕の大翔丸と阿武咲が敗れ、1敗は高安だけと 1842


村上が初優勝=2位杉原も世界選手権代表-体操NHK杯(時事通信)
※体操の個人総合で争われるNHK杯第1日 世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)の代表選考会を兼ねて東京体育館で女子が行われ、全日本選手権を制した村上茉愛(日体大)が初優勝し、代表入りを決めた 村上は56.150点をマークし、持ち点となる全日本決勝の得点と合わせて112.600点と
※4.050点差で2位の杉原愛子(日本生命)も代表に決まった 昨年優勝の寺本明日香(中京大)は3位 内村航平(リンガーハット)らが出場する男子は21日に 1741


鈴木が単独首位に=1打差で岡山と上田-ブリヂストン女子ゴルフ(時事通信)
※中京テレビ・ブリヂストン・レディース 第2日 2週連続優勝と大会連覇が懸かる鈴木愛がボギーなし、7バーディーの65で回り、通算10アンダーで単独首位に 1打差の2位は初日トップの岡山絵里と上田桃子 さらに1打差の4位に笠りつこ、テレサ・ルー(台湾)ら5人 
※宮里藍は3アンダーの28位 通算1アンダーまでの52人(アマ5人)が決勝に進んだ 1628

野村、65位で決勝Rへ=米女子ゴルフ(時事通信)
※キングズミル選手権 第2ラウンドが行われ、野村敏京が4バーディー、1ボギーの68で回り、通算イーブンパーの65位で決勝ラウンドに 上原彩子は通算1オーバー、横峯さくらは2オーバー、畑岡奈紗は4オーバーで予選落ち レキシー・トンプソン(米国)が通算12アンダーで首位を守った 0930

今平、5打差で首位=関西オープンゴルフ(時事通信)
※第3日 今平周吾が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算8アンダーの205で首位を守った 5打差の2位はカート・バーンズ(オーストラリア) さらに1打差の3位に片岡大育、高山忠洋ら5人 3戦連続優勝に挑む宮里優作は通算4オーバーで30位 前日トップに並んだ小野田亨也は84をたたき、53位に後退 1548

石川は予選落ち=米男子ゴルフ(時事通信)※バイロン・ネルソン選手権 第2ラウンドが行われ、石川遼は3バーディー、2ボギーの69で回ったが、通算4オーバーで予選落ち ジェーソン・コクラク(米国)が通算12アンダーで単独首位に ビリー・ホーシェル(同)が5打差の2位 0942

井戸木は66位に後退=米シニアゴルフ(時事通信)※チャンピオンズツアーのメジャー第1戦、リージョンズ・トラディション 第2ラウンドが行われ、初日51位の井戸木鴻樹は77で回って通算6オーバーの66位に後退 フレッド・ファンク(米国)が通算12アンダーで首位 0906


キャバリアーズ連勝=NBA(時事通信)
※米プロバスケットボール協会(NBA)のプレーオフ 東カンファレンス決勝(7回戦制)の第2戦が行われ、昨季ファイナル覇者のキャバリアーズがセルティックスを130-86で下し、2連勝と キャバリアーズのジェームズは両チーム最多の30得点 キャバリアーズは昨季から続くプレーオフでの連勝を13に伸ばし、NBA記録に並んだ 1233

ペンギンズ勝ち、タイに=NHL(時事通信)※北米アイスホッケーリーグ(NHL)のプレーオフ 東カンファレンス決勝(7回戦制)野第4戦が行われ、昨季スタンリー・カップ覇者のペンギンズがセネタースを3-2で破り、2勝2敗のタイに戻した 1158


2大会同時決定の是非、6月に協議=IOC(時事通信)※国際オリンピック委員会(IOC) 2024年、28年夏季五輪開催地の2大会同時決定の是非について、6月9日にスイスのローザンヌで開く理事会で協議すると発表 0135

シャラポワ、主催者推薦求めず=予選に出場へ-ウィンブルドン(時事通信)
※ドーピング違反による出場停止処分から復帰した女子テニス元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア) 7月3日開幕のウィンブルドン選手権の主催者推薦(ワイルドカード)を申請しないと 自身の公式サイトで「(復帰後の)3大会でランキングが上がったため、予選からプレーする」と 0033

銭谷氏は理事落選=バドミントン(時事通信)※世界バドミントン連盟 オーストラリアのゴールドコーストで開いた総会で役員改選を行い、理事選挙に立候補した日本協会の銭谷欽治専務理事は落選した  2218



女優の契約終了を発表=清水富美加さん(時事通信)※「幸福の科学」の宗教活動への専念を理由に女優を引退する意向を示していた清水富美加さん 同教団のホームページで所属事務所との専属契約が終了したと 事務所側も同趣旨の文書を公表 1247

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 5月20日 週末の国内政治... | トップ | 5月21日 週末の国内社会... »

あわせて読む