日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

7月10日 その他のスポーツ・芸能エンタテイメントのできごと

2017-07-10 23:58:00 | 国内社会以外

上原は6位=米女子ゴルフ(時事通信)※ソーンベリークリーク・クラシック 最終ラウンドが行われ、3位で出た上原彩子は7バーディー、3ボギーの68で回り、通算17アンダーの271で6位 キャサリン・カーク(オーストラリア)が通算22アンダーの266で、2010年以来となるツアー3勝目 0937

野村は19位変わらず=女子ゴルフ世界ランク(時事通信)※最新世界ランキング 野村敏京は前週と変わらず19位 鈴木愛は35位、笠りつ子は55位、上田桃子は80位 1位の柳簫然(韓国)も変わらなかった 2313

谷原10位、松山は14位=欧州男子ゴルフ(時事通信)
※アイルランド・オープン 最終ラウンドが行われ、首位と2打差の4位でスタートした谷原秀人は1イーグル、1バーディー、3ボギーの72でスコアを伸ばせず、通算15アンダーの273で10位
※22位で出た松山英樹は5バーディー、1ボギーの68で回り、通算13アンダーで14位 65で回ったジョン・ラーム(スペイン)が24アンダーで優勝 0832

ショーフリが初優勝=米男子ゴルフ(時事通信)※グリーンブライア・クラシック 最終ラウンドが行われ、67で回ったザンダー・ショーフリ(米国)が通算14アンダーの266でツアー初優勝 ロバート・ストレブ(米国)が1打差の2位 1001

松山、変わらず2位=男子ゴルフ世界ランク(時事通信)※最新世界ランキング 松山英樹は前週と同じ2位 谷原秀人は50位、池田勇太は62位でともに変わらず 小平智は三つ上げて113位 1位のダスティン・ジョンソン(米国)ら上位に変動はなかった 1613


二宮組、準々決勝へ=女子単のオスタペンコ8強-ウィンブルドンテニス(時事通信)
※第7日 女子ダブルス3回戦で、二宮真琴(橋本産業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組が第5シードのルーシー・ハラデツカ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)を6-4、6-4で破り、準々決勝に 二宮が四大大会で8強入りしたの初めて
※女子シングルス4回戦では、全仏オープンを制した第13シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)が第4シードのエリーナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-3、7-6で破り、初の8強入り ビーナス・ウィリアムズ(米国)持準々決勝に進んだが、第1シードで昨年準優勝のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)はガルビニェ・ムグルサ(スペイン)に敗れた
※男子シングルス4回戦では、連覇を狙うアンディ・マリー(英国)が10年連続で準々決勝進出 マリン・チリッチ(クロアチア)は、3回戦で錦織圭(日清食品)を破ったロベルト・バウティスタ(スペイン)にストレート勝ち 2237


亀田和、大差判定勝ち=国内復帰後2連勝-ボクシング(時事通信)
※世界ボクシング機構(WBO)バンダム級元王者の亀田和毅(協栄) 東京・後楽園ホールで契約体重56.0キロのノンタイトル10回戦を行い、イバン・モラレス(メキシコ)を3-0の大差判定で下した 国内復帰後2連勝で、戦績は34勝(20KO)2敗 モラレスは31勝(19KO)3敗 2232


稀勢の里、連敗免れる=新大関高安も初白星-大相撲名古屋場所2日目(時事通信)
※稀勢の里は貴景勝の初挑戦を退けて連敗を免れた 白鵬は栃ノ心を下して2連勝 鶴竜も琴奨菊を破って白星を重ねた 日馬富士は東前頭筆頭の正代に押し出されて連敗を喫した 正代は初金星 新大関の高安は勢いを寄り切って、初白星 豪栄道は嘉風、照ノ富士は玉鷲に敗れてともに2連敗 1807


佐藤は16位=インディカー第11戦(時事通信)
※自動車レースのインディカー・シリーズ第11戦 決勝が行われ、5番手スタートの佐藤琢磨(ダラーラ・ホンダ)は2周遅れの16位に終わり、総合優勝争いで第10戦後の4位から7位に後退 エリオ・カストロネベス(ブラジル、ダラーラ・シボレー)が3季ぶりの優勝を果たした 1141


ヘンプヒルが2位=陸上アジア選手権(時事通信)
※女子七種競技でヘンプヒル恵(中大)が5883点で2位に入った 同1万メートルでは堀優花(パナソニック)が32分23秒26で2位、松田瑞生(ダイハツ)が3位
※男子走り幅跳びでは城山正太郎(ゼンリン)が7メートル97で3位 女子800メートルの大森郁香(ロッテ)は2分6秒50で3位、同1600メートルリレーの日本(青木、市川、青山、吉良)も3分37秒74で3位 1100

アモスが男子800制す=陸上DL(時事通信)
※ダイヤモンドリーグ(DL)第9戦 男子800メートルではロンドン五輪銀メダルのナイジェル・アモス(ボツワナ)が今季世界最高の1分43秒18で制した 同3000メートルはモハメド・ファラ―(英国)が7分35秒15で優勝 女子100メートルはリオデジャネイロ五輪金メダルのエレン・トンプソン(ジャマイカ)が10秒94で勝った 1025


日本、米破り優勝=ソフトボール女子W杯(時事通信)※最終順位決定戦が行われ、1次リーグ2位の日本は決勝で同1位の米国を2-1で破って優勝 昨年からの連覇を果たした 1055

日本は3連勝=ソフトボール男子(時事通信)※男子の世界選手権 1次リーグB組のトルコを24-0の三回コールドで下し、開幕3連勝と 1037


日本2勝目、逆転で勝利=バレー女子ワールドGP(時事通信)
※バレーボール女子のワールドグランプリ(GP) 1次リーグが行われ、世界ランキング6位の日本は同7位のオランダに3-2で逆転勝ちし、2勝目(1敗)を挙げた 日本は2セットを先取されたが、徐々に守備が安定して第3、4セットを連取 最終セットは序盤にリードを許したものの、古賀(NEC)の強打で盛り返して制した 0813


ロシア16選手に個人資格で出場認める=国際陸連(時事通信)※2013年の世界選手権で男子走り幅跳びを制したアレクサンドル・メンコフを含むロシア選手16人に対して、個人資格での国際大会出場を認めると ロシア代表ではなく、中立的な個人の立場で出場が可能になる 1150

独立検査機関を設置へ=反ドーピング対策で-IOC(時事通信)※国際オリンピック委員会(IOC) スイスのローザンヌで理事会を開き、反ドーピング体制を強化するため、各国際競技団体(IF)から独立したドーピング検査機関(ITA)をあらたに設置することを承認 1028

北朝鮮参加「ベスト尽くす」=平昌五輪でIOC(時事通信)国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長 来年2月の平昌冬季五輪への北朝鮮の参加について、「五輪は参加してもらうことが重要。北朝鮮選手が出場できるよう、われわれはベストを尽くす」と 2304

パリ開催「24年大会のみ」=五輪招致委(時事通信)※2024年夏季五輪開催を目指すパリの招致委員会 国際オリンピック委員会(IOC)理事会が開催されているスイスのローザンヌで報道陣の取材に応じ 28年大会の開催は選択肢にないことを改めて強調 2038

東京五輪も難民選手団結成を=IOC(時事通信)※国際オリンピック委員会(IOC) スイスのローザンヌで理事会を開き、2020年東京五輪における難民選手団の編成について協議 0905

近鉄にイオプアソら加入=ラグビー(時事通信)※ラグビー・トップリーグの近鉄 7人制でニュージーランド代表の経験があるナンバー8のイオン・イオプアソ(26)、フィリピン代表3キャップのWTBダニエル・リッキー・クシア(25)、SH住吉藍好(22)=中大=が加入すると 1457

木村「必ずベルトを」=WBOフライ級(時事通信)※世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(28日、上海)で世界王座に初挑戦する同級7位の木村翔(青木) 東京都内で記者会見し、「正々堂々と殴り合って、夢をかなえたい。必ず世界のベルトを取ってくる」と抱負を 1459


「チーズはどこへ消えた?」著者の米作家が死去(読売新聞)※米作家のスペンサー・ジョンソン氏 3日、すい臓がんのため米カリフォルニア州で 78歳

「ゆめ色クッキング」漫画家のくりた陸さん死去(読売新聞)※4日、乳がんで 54歳 主な作品に「ゆめ色クッキング」 2003年に乳がんが発覚し、闘病の様子を得買いが自伝漫画も執筆した

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 7月10日 国内政治・経済... | トップ | 7月10日 野球・サッカー... »