日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

4月29日 週末のスポーツのできごと

2017-04-29 23:59:00 | 17年hibideki weekend

前田が2勝目=青木、イチローは無安打-米大リーグ(時事通信)
※ドジャースの前田はフィリーズ戦に先発して7回を投げ、5安打2失点、8奪三振、1四球で2勝目(2敗) チームは5-3で勝った アストロズの青木はアスレチックス戦に9番左翼で臨み4打数無安打だった チームは9-4で快勝
※マーリンズのイチローはパイレーツ戦で七回から左翼に入って2打数無安打 田沢は七回を無安打無失点に抑えた チームは2-12の大敗で3連敗 カブスの上原はレッドソックス戦で登板機会はなかった

バムガーナー、前半戦絶望=米大リーグ(時事通信)
※ジャイアンツ 左肩関節捻挫などで故障者リスト(DL)に入っているエース左腕マディソン・バムガーナーが、少なくとも球宴前の前半戦には先発ローテーションに復帰できない見通しであると発表 休養日の20日に、オフロードバイクを運転中に事故を起こして負傷 今季は4試合の登板で、勝ち星なしの3敗と出遅れている

柳田が欠場=プロ野球・ソフトバンク(時事通信)※柳田悠岐外野手 オリックス4回戦を 前日の同3回戦で左ふくらはぎ付近に死球を受けて途中交代しており、痛みが引かないため大事を取った 打撲の症状で、トレーナーの処置を受けながら様子を見ると

嶋、腰痛で登録抹消=プロ野球・楽天(時事通信)※嶋基宏捕手 朝に宿舎で腰の痛みを訴えた 球団トレーナーによると、今後は様子を見て、病院に行くかどうかを決める

唐川が国内FA権獲得=プロ野球・ロッテ(時事通信)※唐川侑己投手 出場選手登録日数が8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした 「若いときから使ってもらい感謝しているが、(権利取得は)人ごとみたい」と

早大、法大が先勝=早大・早川が初勝利-東京六大学野球(時事通信)
※春季リーグ戦第4週第1日 1回戦2試合が行われ、早大が東大を7-4で、法大が明大を2-1でそれぞれ下して先勝した 法大は今季初白星 3季連続優勝を狙う明大は、開幕からの連勝が4で止まった
※早大は加藤(2年、早稲田実)の3ランなどで五回までに7点を先取 初先発の早川(1年、木更津総合)が八回途中4失点でリーグ戦初勝利を挙げた 法大は八回に暴投で決勝点を奪い、長谷川(4年、聖望学園)がリーグ戦初勝利

【プロ野球結果】
★セ・リーグ
DeNA1-6広島(横浜スタジアム)
広島が快勝=プロ野球・DeNA-広島(時事通信)※4本塁打で快勝 一回に菊地の2ランで先制 四回は鈴木、七回は新井のソロで加点 鈴木は八回にも2ラン 岡田は8回1失点で3勝目

阪神3-6中日(阪神甲子園球場)
中日が競り勝つ=プロ野球・阪神-中日(時事通信)※同点の九回に藤井、堂上の適時打と松井雅の犠飛で3点勝ち越し バルデスが7回3失点と粘り、三ツ間が2勝目 田島が7セーブ目

ヤクルト2-1巨人(明治神宮野球場)
雄平が決勝2ラン=プロ野球・ヤクルト-巨人(時事通信)※小川は球威があり、八回途中1失点で3勝目 石山、秋吉の継投で反撃をかわした 打線は七回に雄平の2ランで均衡を破った

★パ・リーグ
日本ハム3-2楽天(札幌ドーム)
日本ハム、サヨナラ勝ち=プロ野球・日本ハム-楽天(時事通信)※今季初のサヨナラ勝ち 同点の九回2死二塁からレアードが左前打でつないで一、三塁とし、田中賢が右前適時打を放った 有原は七回途中まで2失点と好投

西武3-6ロッテ(メットライフドーム)
ロッテが逃げ切る=プロ野球・西武-ロッテ(時事通信)※一回2死満塁から福浦が走者一掃の二塁打、三回に鈴木のソロでリード 1点差に迫られた九回に三木が2ランを放った 二木が八回途中まで2失点で初勝利

オリックス6-4ソフトバンク(京セラドーム大阪)
コークが2勝目=プロ野球・オリックス-ソフトバンク(時事通信)※1-1の二回、宮崎の犠飛と大城の適時打で2点を勝ち越し 三回はモレルが3点二塁打を放った 四回から救援して七回まで無失点のコークが2勝目


内田はベンチ外=ドイツ・サッカー(時事通信)※ドイツ1部リーグ 内田篤人が所属するシャルケは敵地でレーバークーゼンを4-1で破った 内田はベンチに入らなかった

日本は白星発進=ビーチサッカーW杯(時事通信)※1次リーグD組の日本はポーランドに9-4で勝ち、白星発進 日本は30日に前回準優勝のタヒチ、5月2日にブラジルと対戦

横浜Cが首位浮上=J2(時事通信)
※各地で第10節の11試合が行われ、前節2位の横浜Cは熊本に4-1で快勝し、勝ち点を20に伸ばして首位に浮上 イバがハットトリックを達成 名古屋は群馬を4-1、湘南は岡山を2-0で下してともに勝ち点20とし、得失点差で名古屋が2位、湘南が3位 前節首位の東京Vは福岡に0-1で敗れて勝ち点18の4位に後退

サポーターがボールボーイに水かける=J2徳島(時事通信)※Jリーグ2部(J2)の千葉-徳島戦で、試合後に徳島のサポーターがボールボーイに水を掛ける行為があったことが 外部からの指摘でサポーターの行為が発覚し、千葉を通してボールボーイからも事実を確認した

【Jリーグ明治安田生命J2第10節結果】
ファジアーノ岡山0-2湘南ベルマーレ(シティライトスタジアム)/レノファ山口 0-3 V・ファーレン長崎(維新百年記念公園陸上競技場)

愛媛FC 2-0 モンテディオ山形(ニンジニアスタジアム)/水戸ホーリーホック 3-2 FC町田ゼルビア(ケーズデンキスタジアム水戸)

アビスパ福岡1-0東京ヴェルディ(レベルファイブスタジアム)/大分トリニータ1-3京都サンガF.C.(大分銀行ドーム)

ジェフユナイテッド千葉2-0徳島ヴォルティス(フクダ電子アリーナ)/ロアッソ熊本1-4横浜FC(えがお健康スタジアム)

松本山雅FC 4-0 カマタマーレ讃岐(松本平広域公園総合球技場)/
FC岐阜1-0ツエーゲン金沢(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)

ザスパクサツ群馬1-4名古屋グランパス(正田醤油スタジアム群馬)

【Jリーグ明治安田生命J3第6節結果】
藤枝MYFC 1-1 カターレ富山(藤枝総合運動公園サッカー場)/セレッソ大阪U-23 0-1 栃木SC(ヤンマースタジアム長居)


日本、韓国退け連勝=12トライ奪う-ラグビーアジア選手権(時事通信)
※若手主体の日本は韓国を80―10で退け、2連勝とした 韓国は2連敗 日本は試合開始早々にラインアウトからモールを押し込んでトライを挙げるなど優位に進め、5トライを奪って31-5で折り返した 後半もボールを保持して展開しながら防御網を崩し、7トライを追加した

サンウルブズ8敗目=スーパーラグビー(時事通信)※日本のサンウルブズはチーフス(NZ)に20-27で敗れ8敗目(1勝)を喫した 勝ち点は6 サンウルブズは前半3トライを許し、3-20で折り返し 後半はSH田中、CTBカーペンターの2トライなどで追い上げたが及ばなかった チーフスのFWリーチは出場しなかった

フェテルが2季ぶりPP=F1ロシアGP(時事通信)
※自動車のF1シリーズ第4戦、ロシア・グランプリ(GP) 公式予選が行われ、セバスチャン・フェテル(ドイツ・フェラーリ)が2015年シンガポールGP以来のポールポジション(PP) 通算47度目 2位はキミ・ライコネン(フィンランド)でフェラーリ勢が1列目を占め、3位はバルテリ・ボッタス(フィンランド・メルセデス)
※マクラーレン・ホンダ勢は、フェルナンド・アロンソ(スペイン)の15位が最高 17位のストフェル・バンドーン(ベルギー)はパワーユニットの部品交換の罰則で15グリッド降格

日本、カザフスタン破る=水球ワールドリーグ(時事通信)※インターコンチネンタル・トーナメント 日本はカザフスタンを14-6で破った 最終日の30日には3位決定戦で再びカザフスタンと対戦

山口が決勝へ=高橋、松友組も-バドミントン(時事通信)
※アジア選手権 各種目の準決勝が行われ、女子シングルスは山口茜(再春館製薬所)が何冰嬌(中国)を2-0で破り、決勝に 30日の決勝は世界ランキング1位の戴資穎(台湾)と対戦する
※女子ダブルスでは高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は張芸娜、李紹希組(韓国)を下して決勝進出 男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は中国ペアに1-2で敗れた

矢葺は4位=重量挙げアジア選手権(時事通信)※男子94キロの矢葺士(愛媛県競技力向上対策本部)はトータル308キロ(スナッチ135キロ、ジャーク173キロ)で4位

持田が4位=重量挙げアジア選手権(時事通信)※男子105キロ級の持田龍之輔(ALSOK)はトータル376キロ(スナッチ172キロ、ジャーク204キロ)で4位 白岩弘明(自衛隊)はトータル368キロ(スナッチ160キロ、ジャーク208キロ)で7位

大和ら3人が首位=サイバー女子ゴルフ(時事通信) 
※サイバーエージェントレディース 第2日 強風の難しい条件で混戦となり、大和笑莉奈、キム・ハヌル(韓国)、鈴木愛が通算5アンダーの139で首位に並んだ 1打差の4位に藤本麻子、さらに1打差の5位に森田遥がつけた 木戸愛は1オーバーの13位に後退 通算5オーバーまでの56人(アマ1人)が決勝ラウンドに進んだ

野村が首位=米女子ゴルフ(時事通信)
※テキサス・シュートアウト 第2ラウンドが行われ、野村敏京は8バーディー、2ボギーの65で回り、通算9アンダーの133で9位から首位に立った 1打差の2位にアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が 宮里美香は通算2オーバーの61位で決勝ラウンドに進んだが、畑岡奈紗は通算12オーバーで予選落ち

武藤、宮里優が首位=3位は片岡、谷口-中日クラウンズ男子ゴルフ(時事通信)
※第3日 武藤俊憲と宮里優作が、通算11アンダーの199で首位に並んだ 1打差の3位に片岡大育、谷口徹、さらに1打差の5位に永野竜太郎、藤本佳則がつけた 初日から首位の今平周吾は通算8アンダーで7位に後退 池田勇太は3オーバーで56位

松山、谷原組は23位=米男子ゴルフ(時事通信)※2人1組で争う米男子ゴルフのチューリッヒ・クラシック フォアボールの第2ラウンドが行われ、松山英樹、谷原秀人組は1イーグル、5バーディー、1ボギーの66で回り、通算9アンダーの135年、首位と6打差の23位で決勝ラウンドに

好川、初防衛に失敗=負傷判定で完敗-女子ボクシング(時事通信)
※世界ボクシング機構(WBO)女子フライ級タイトルマッチ10回戦 チャンピオンの好川菜々(堺東ミツキ)が挑戦者のモンセラット・アラルコン(メキシコ)に7回4秒負傷判定負けで敗れ、初防衛に失敗した ジャッジの採点は0-3の完敗
※好川は1回に右フックを浴びてダウン 2回以降も相手の強打を浴び、4回には2度目のダウンを喫した 6回には偶然のバッティングで挑戦者が左目付近を切り、7回開始直後に続行不可能と判断された

乾、中村組はTR首位=シンクロジャパン・オープン(時事通信)
※シンクロナイズドスイミングのジャパン・オープン第2日 デュエットのテクニカルルーティン(TR)で世界選手権(7月、ブダペスト)代表の乾友紀子、中村麻衣組組(井村シンクロク)は90.4721点をマークして首位に立った
※非五輪種目の混合デュエットは出場1組で実施され、安部篤史、足立夢実(楓心舘シンクロク)の日本はTRとFRの合計168.3902点 フリーコンビネーションは日本が93.1667点で優勝

桐生、10秒04で優勝=9秒台ならず-織田記念陸上男子100メートル(時事通信)
※グランプリシリーズ第3戦、織田幹雄記念国際 男子100メートルは桐生祥秀(東洋大)が決勝で10秒04(向かい風0.3メートル)をマークして優勝 桐生は予選では10秒16(同)で、日本選手初の9秒台はならなかった
※男子三段跳びは、山本凌雅(順大)が追い風4.7メートルの参考記録ながら16メートル91で優勝 公認の条件下でも日本歴代6位の16メートル87を記録し、世界選手権の参加標準記録を7センチ上回った 同やり投げは、新井涼平(スズキ浜松AC)が79メートル68で制した
※女子やり投げは、海老原有希(スズキ浜松AC)が60メートル65で5連覇 同100メートルは中村水月(大坂成蹊大)が日本勢最高の2位に入り、日本記録保持者の福島千里(フリー)は予選のレース中にふくらはぎにけいれんを起こして途中棄権した

ケンブリッジ、追い風参考10秒05=陸上男子100メートル(時事通信)※陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥(ナイキ) トム・ジョーンズ記念の100メートルに出場し、追い風3.3メートルの条件で10秒05 追い風2,0メートルを超えたため参考記録となり、タイムは公認されない

王子谷が2連覇=決勝でウルフ下す-全日本柔道(時事通信)
※体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権 王子谷剛志(旭化成)が決勝でウルフ・アロン(東海大)を下し、2年連続3度目の油症を果たした
※王子谷は準決勝で初優勝を目指した七戸龍(九州電力)に一本勝ち 決勝では出身大学の後輩に当たるウルフに圧力をかけ続け、延長戦で相手が通算二つ目の指導を受けて優勢勝ちした
※2年ぶりの優勝を狙ったリオデジャネイロ五輪100キロ超級銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は、3回戦で百瀬優(旭化成)に一本負け リオ五輪73キロ級金メダルの大野将平(同)は初戦の2回戦で池田賢生(日本中央競馬会)に延長戦の末、一本負けした

王子谷ら代表選出=柔道世界選手権(時事通信)※全日本柔道連盟 世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)の男子代表で未定だった3人について、100キロ超級の王子谷剛志(旭化成)と原沢久喜(日本中央競馬会)、100キロ級の羽賀龍之介(旭化成)を選出

セルティックスが準決勝へ=NBAプレーオフ(時事通信)
※米プロバスケットボール協会(NBA)のプレーオフ 1回戦(7回戦制)3試合が行われ、東カンファレンスは第1シードのセルティックスがブルズを105-83で下し、4勝2敗でカンファレンス準決勝に進んだ ウィザーズもホークスに115-99で快勝し、4勝2敗で準決勝進出
※西カンファレンスはクリッパーズがジャズに98-93で勝ち、3勝3敗のタイとした

オイラーズが2連勝=NHL(時事通信)※北米アイスホッケーリーグ(NHL)のプレーオフ アナハイムなどで西カンファレンス準決勝(7回戦制)2試合が行われ、オイラーズがダックスを2-1で下して2連勝 ブルースは3-2でプレデターズを破り、1勝1敗


競泳平井監督と萩野が講演=平昌五輪の選手研修会で(時事通信)※来年の平昌五輪の代表候補選手と指導者を対象に日本オリンピック委員会(JOC)が東京都内で開催している研修会で 競泳日本代表の平井伯昌監督とリオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が

マドリードの検査機関を再認可=WADA(時事通信)※世界反ドーピング機関(WADA) 必要な基準を満たしたとして、マドリードの検査機関を再び認可したと発表 この期間は昨年6月に認可を一時取り消されていたが、再び尿や血液検査を含む反ドーピング活動が行えるように

サトノダイヤモンド2.1倍=競馬天皇賞・春(時事通信)※日本中央競馬会 第155回天皇賞・春(GI、30日、京都競馬場、芝3200メートル)の前日売り最終オッズを発表 サトノダイヤモンドが単勝2.1倍で1番人気 キタサンブラックが2.7倍で続いた 3番人気はしゃけ虎の10.6倍

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 4月29日 週末の国内政治... | トップ | 5月1日 国内社会中心ので... »