日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

7月11日 その他のスポーツのできごと

2017-07-11 23:58:00 | 国内社会以外

二宮組が準々決勝へ=ナダル8強ならず-ウィンブルドンテニス(時事通信)
※第7日 女子ダブルス3回戦で二宮真琴(橋本総業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組が第5シードのルーシー・ハラデツカ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)を6-4、6-4で破り、準々決勝に
※男子シングルス4回戦では、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第16シードのジレ・ミュラー(ルクセンブルク)に3-6、4-6、6-3、6-4、13-15で敗れた 連覇を狙うアンディ・マリー(英国)、ロジャー・フェデラー(スイス)は順当に8強入り
※混合ダブルス2回戦では穂積絵莉(橋本総業)プラブ・ラジャ(インド)組が第11シードのダニエル・ネスタ―(カナダ)アンドレヤ・クレパーチ(スロベニア)組に2-6、5-7で屈した 0837

ジョコビッチ8強入り=女子のムグルサは準決勝へ-ウィンブルドンテニス(時事通信)
※第8日 男子シングルス4回戦で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、2回戦で杉田祐一(三菱電機)に勝ったアドリアン・マナリノ(フランス)を6-2、7-6、6-4で下し、2連覇した2015年以来、2年ぶりの8強入り
※女子シングルス準々決勝では、第14シードのガルビニェ・ムグルサ(スペイン)が、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)に6-3、6-4でストレート勝ちし、準優勝した15年以来、2年ぶりとなる準決勝に 2329

田島、2回戦へ=ウィンブルドン・ジュニア(時事通信)
※テニスのウィンブルドン選手権ジュニア 男子シングルス1回戦で田島尚輝(TEAM YONEZAWA)が英国選手をストレートで破り、2回戦に トゥロター・ジェームズ(兵庫・西宮甲英学院高)と堀江亨(関スポーツ塾・T)はともに敗れた 0844

大坂が出場=東レテニス(時事通信)※女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン(9月18~24日、東京・有明テニスの森公園)の実行委員会 昨年準優勝で世界ランキング59位の大坂なおみ(日清食品)の出場が決まったと 1411


池山、6度目の防衛=最年長記録更新-WBO女子アトム級(時事通信)
※女子アトム級タイトルマッチ10回戦 チャンピオンの池山直(フュチュール)が花形冴美(花形)と三者三様の判定で引き分け、辛くも6度目の防衛に成功した 自身の持つ最年長防衛記録を47歳9カ月に更新し、戦績を10勝(2KO)2敗2分けと 2122


稀勢の里2敗、鶴竜に土=大相撲名古屋場所3日目(時事通信)
※稀勢の里は栃ノ心に寄り切られて2敗目を喫した 鶴竜は横綱初挑戦の北勝富士に金星を与えて土がついた 白鵬は正代を退けて3連勝 日馬富士は初顔の貴景勝を下して初白星 高安は琴奨菊を突き落して2連勝 照ノ富士と豪栄道は3連敗を免れて初勝利 1808


日本戦が雨で中断=ソフトボール男子(時事通信)※ソフトボール男子の世界選手権 1次リーグB組の日本はニュージーランドと対戦したが、日本が1-0とリードした三回途中に雨で中断と 試合は11日に再開される 1308


近大ボクシング部監督がセクハラ(時事通信)※近大ボクシング部の男性監督(29)が、女性部員にセクハラ行為などをしたとして、大学から自宅待機を命じられていることが 大学側は「ハラスメントと思われる行為があったのは確認している。現在、詳細を調査中」と話している 1040

日本ボクシング連盟、近大監督を除名処分へ=セクハラ問題受け(時事通信)※近大ボクシング部の男性監督(29)による女子部員へのセクハラ問題を受け、アマチュアを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長 大阪市内で取材に応じ 2031

栃木の監督退任=初代王者を指揮-バスケットBリーグ(時事通信)※バスケットボール男子Bリーグ初代王者の栃木 監督のトーマス・ウィスマン氏(68)が契約満了のため退任すると 後任は未定 1803

同時決定は相互利益=五輪開催地決定でIOC会長(時事通信)※国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長 パリと米ロサンゼルスが2024年、28年夏季五輪の開催地に同時決定した場合は「ロス、パリ、五輪運動(を推進するIOC)にとってウィンウィンウィン(3社相互利益)の状況になる」と 0111

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 7月11日 国内政治・経済... | トップ | 7月11日 野球・サッカー... »