日々のにゅーすなできごと

ニュース専門ブログです。記事は予告なく変更される場合があります。(「日々のできごと~にゅーすなだいありー~」から変更)

7月28日 スポーツ・芸能エンタテイメントのできごと

2017-07-28 23:59:00 | 国内社会以外

田沢は1失点=上原、ソロ本塁打浴びる-米大リーグ(時事通信)
※マーリンズの田沢はレッズ戦で4-0の八回に2番手で登板し、3分の2回を投げて3安打1失点 イチローは出場しなかった チームは4-1で勝った カブスの上原はホワイトソックス戦で4点リードの九回に3番手で登板し、本塁打を浴びて1回を安打1失点 カブスは6-3で勝ち3連勝と 青木のアストロズは試合がなかった 1214

ダルビッシュ、トレードか=公式サイトが報じる-米大リーグ(時事通信)※米大リーグの公式サイト レンジャーズがダルビッシュ有投手のトレード交渉を進めていると 複数の球団が興味を持っており、移籍先の有力候補としてドジャース、アストロズ、ヤンキースを挙げている 1814

サバシア、通算2800奪三振=米大リーグ・ヤンキース(時事通信)※C・C・サバシア投手が27日のレイズ戦の五回に史上20人目の通算2800奪三振を記録 サイ・ヤング(レッドソックスなど)を抜いて歴代20位と 1104

左腕骨折の今江が手術=プロ野球・楽天(時事通信)※前日の試合で左前腕部を骨折した今江年晶内野手が東京都内の病院で手術を受けたと 全治は2カ月半 2250

ヤクルトの武内が海外FA権取得=プロ野球(時事通信)※武内晋一内野手 出場選手登録機関が9年に達し、海外フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした 2101

広島の床田、左肘手術で今季絶望=プロ野球(時事通信)
※新人の床田寛樹投手が27日に群馬県内の病院で左肘の内側側副靭帯再建などの手術を受けたと 球団トレーナーによると、復帰まで8~10カ月かかる見込みで、今季の登板は絶望と
※床田は4月12日の巨人戦で初勝利を挙げたが、同19日のDeNA線で左肘に違和感を覚えて降板翌日に出場選手登録を外れた 先発3試合で1勝1敗、防御率5.19 1731

内野席に防護ネット設置=横浜スタジアム(時事通信)
※DeNA 本拠地の横浜スタジアム内野席最前列に、観客をファウルボウルなどから守るネットを設置すると 高さは未定 今年のシーズンオフに着工し、来季から運用
※同球場は2005年シーズンの開幕前、臨場感を高める理由で高さの低いネットに変更した しかし、近年観客数が増えたことや、20年東京五輪での利用が決まったことから、今回は十分な高さを確保し安全性向上を図る 1659

東筑、21年ぶり代表=天理28度目、下関国際は初-全国高校野球(時事通信)
※第99回全国高校野球選手権の地方大会 7大会で決勝が行われ、福岡は東筑が今春の選抜大会8強の福岡大大濠を3-1で破り、21年ぶり6度目の代表を決めた
※奈良は天理が奈良大付に2-1で勝って2年ぶり28度目、和歌山は智弁和歌山が紀央館を3-2で退け2年ぶり22度目の代表 山口は下関国際が宇部鴻城に4-3で競り勝ち、春夏を通じ初の甲子園出場
※兵庫は神戸国際大付が明石商を4-0で下し、3年ぶり2度目の代表で初夏連続出場 愛媛は済美が帝京五に10-3で快勝し、4年ぶり5度目の代表 岡山の創志学園-おかやま山陽は8-8の延長十一回表に降雨コールドで引き分け、29日に再試合が行われる 1744

清宮、高校通算107号=歴代最多記録に並ぶ(時事通信)※早稲田実の清宮幸太郎(3年) 高校通算107号本塁打を放ち、歴代最多とされる山本大貴(兵庫・神港学園)の記録に並んだ 神宮球場で行われた全国高校野球選手権西東京大会の準決勝の八王子戦で2-1の七回に先頭へ左中間席へ運んだ 1307

【プロ野球結果】
★セ・リーグ
中日0-5阪神(ナゴヤドーム)
阪神の秋山が9勝目=プロ野球・中日-阪神(時事通信)※二回、大和の1号ソロと敵失で2点先取 四回に俊介の二塁打で2点を加え、八回も鳥谷の二塁打で突き放した 秋山は球に切れがあり、7回無失点で9勝目

広島7-1ヤクルト(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
九里が6勝目=プロ野球・広島-ヤクルト(時事通信)※広島は二回に鈴木が先制ソロを放ち、三回は松山が満塁で走者一掃の二塁打 五回は菊池のソロ、八回はエルドレッドの2ランで突き放した 九里は走者を出しても粘り、6回1失点で6勝目

深谷審判が1000試合出場=プロ野球(時事通信)※日本野球機構の深谷篤審判員は28日の広島-ヤクルト15回戦(マツダ)で三塁塁審を務め、通算1000試合出場を達成した 現役26人目 初出場は2002年4月29日の横浜-ヤクルト4回戦(横浜)

★パ・リーグ
ロッテ4-5西武(ZOZOマリンスタジアム)
西武が7連勝=プロ野球・ロッテ-西武(時事通信)※2点を追う七回、栗山のソロで追い上げ、九回に金子侑と源田の2本の犠飛でひっくり返した 3番手の武隈が3勝目を挙げた

オリックス11-5楽天(ほっともっとフィールド神戸)
オリックス、連敗止める=プロ野球・オリックス-楽天(時事通信)※同点の五回、暴投やロメロのこの日2本目の本塁打となる3ランなどで一挙5点を勝ち越し 七回に中島の満塁本塁打で突き放した 金子が8勝目


J1甲府の道渕、暴行容疑で逮捕=警視庁(時事通信)※MF道渕諒平が知人女性に暴力をふるったとして、警視庁に暴行容疑d逮捕されていたことを明らかに 女性のけがの程度など詳しい状況は不明と 1916

森重、左足首手術で全治4カ月=J1・F東京(時事通信)※DF森重真人が25日に左腓骨筋けん脱臼で手術を受け、全治4カ月と診断されたと 8、9月に控えるワールドカップ(W杯)アジア最終予選の出場は絶望的 森重は2日のC大阪戦で左足首を負傷し経過観察が続いていた 1156

鹿屋体大・松田の加入が内定=J2湘南(時事通信)※鹿屋体大のMF松田天馬(22)の来季加入が内定したと 松田は湘南を受け入れ先として、大学のサッカー部などに所属したままJリーグ出場が可能となる 日本サッカー協会の特別指定選手にも承認 1528

なでしこ、初戦は引き分け=4カ国対抗が開幕-サッカー女子(時事通信)
※サッカー女子の4カ国対抗 2試合が行われ、日本(なでしこジャパン)はブラジルと1-1で引き分けた 前半を押し気味に進め、後半から出場した籾木(日テレ)が同18分に先制点 しかし、42分に追い付かれた 
※世界ランキングは日本が6位 ブラジルが8位 対戦成績は日本の4勝2分け2敗と 世界7位のオーストラリアが同1位の米国を1-0で破った 1318


日本、中国破り決勝へ=3連覇懸け豪州と対戦-バスケット女子アジア杯(時事通信)※バスケットボール女子のアジアカップ 準決勝が行われ、3連覇を目指す日本は前回準優勝の中国を74-71で破った 29日の決勝でオーストラリアと対戦 2311

バスケット男子日本代表、新監督「選手にやる気」=ラマス体制の合宿公開(時事通信)※東京都北区味の素ナショナルトレーニングセンターで、アルゼンチン出身のフリオ・ラマス新監督を迎えた強化合宿 素早いパス回しから攻撃時間の24秒を最大限使ってチャンスを見出す練習を繰り返した 2051


宮里藍は初日37位=米女子ゴルフ(時事通信)※スコットランド・オープン 第1ラウンドが行われ、宮里藍は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73で回り、野村敏京らとともに37位発進 上原彩子は75で68位 65で回ったカリー・ウェブ(オーストラリア)が単独首位に 0835

宮里藍、通算2オーバー=米女子ゴルフ(時事通信)※スコットランドオープン 第2ラウンドが行われ、37位で出た宮里藍は2バーディー、3ボギーの73でスコアを一つ落とし、通算2オーバーの146と 上原彩子は79で回り、通算10オーバーで予選通過は難しくなった 野村敏京もスタートした 2207

ツアー未勝利の浜田が首位=1打差で成田-大東建託女子ゴルフ(時事通信)
※大東建託・いい部屋ネット・レディース 第2日 2打差の3位から出た3年目でツアー未勝利の浜田茉優が68で回り、通算10アンダーで単独首位に浮上 1打差の2位で成田美寿々 8アンダーの3位は前田陽子と川満陽香理 アマチュアの古江彩佳(兵庫・滝川第二高)が5位と健闘
※初日トップのキム・ハヌル(韓国)は10位に後退 通算1アンダーまでの67人(うちアマ2人)が決勝に進んだ 1805

勝、新垣ら合格=女子ゴルフプロテスト(時事通信)
※女子ゴルフの最終プロテスト 最終ラウンドが行われ、2014年に15歳でツアー史上最年少優勝を遂げた勝みなみら、通算2アンダーまでの22人が合格 勝は、15年にアマ発のツアー3戦連続トップ10入りを果たした新垣比菜とともに5アンダーの283で9位での通過と
※5位からスタートした19歳の松田鈴英が、67で回って通算11アンダーでトップ合格松田は8月のmeijiカップから、14試合のツアー出場権(日本女子オープンなどを除く)を獲得 1802

藤本、2打差2位=首位はI・H・ホ-福島オープン男子ゴルフ(時事通信)
※ダンロップ・スリクソン福島オープン 第2日 首位から出たI・H・ホ(韓国)が66と伸ばし、通算13アンダーの131で単独首位に 2打差の2位に藤本佳則、さらに1打差の3位に秋吉翔太、宮本勝昌
※今平周吾は通算8アンダーの11位に後退 宮里優作は予選カットラインの4アンダーで42位 62人が決勝ラウンドに勝ち進んだ 日本アマチュア選手権優勝の大沢和也(日大)、昨年優勝の時松隆光は予選落ち 1829


日比野が準々決勝へ=女子テニス(時事通信)※江西オープン シングルス2回戦が行われ、日比野菜緒(ルルルン)は第1セット0-3となったところでクリスティナ・プリシュコバ(チェコ)が棄権したため、準々決勝へ 0900

日比野が準決勝へ=女子テニス(時事通信)※江西オープン シングルス準々決勝で日比野菜緒(ルルルン)は盧晶晶(中国)を6-2、6-3で下し、準決勝へ ダブルス準々決勝では日比野、加藤未唯(佐川印刷)組がタイのペアに6-3、6-2で勝った 2157


全国高校総体が開幕=東北3県中心に熱戦(時事通信)※全国高校総合体育大会「はばたけ世界へ 南東北総体2017」 山形県総合運動公園総合体育館で総合開会式 1204

能代工が1回戦敗退=バスケット男子-高校総体(時事通信)
※全国高校総合体育大会第1日 バスケットボール男子で最多22度の優勝を誇る能代工(秋田)が2年ぶりに出場し、1回戦で正賀深谷(埼玉)に63-86で敗れた
※自転車の4000メートル団体追い抜きは榛生昇陽(奈良)が優勝 同チームスプリントは紫波総合(岩手)が制した ソフトテニス女子個人は林田リコ、宮下こころ組(東京・文化学園大杉並)が勝った 2127


萩野が200個メで銀メダル=2大会ぶり、瀬戸は5位-世界水泳(時事通信)
※水泳の世界選手権第14日 競泳の男子200メートル個人メドレー決勝で萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒01で銀メダルを獲得 瀬戸大也(ANA)は1分56秒97で5位 優勝はチェース・ケイリシュ(米国)
※女子200メートルバタフライの長谷川涼香(東京ドーム)は2分7秒43の6位 同800メートルリレーの日本(五十嵐、池江、青木智、高野)は日本新記録の7分50秒43で5位
※男子200メートル平泳ぎ準決勝は世界記録を持つ渡辺一平(早大)が2分7秒44の全体2位、小関也朱篤(ミキハウス)は4位で28日の決勝に進出 同200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が決勝に進み、萩野は準決勝で敗退した 女子200メートル平泳ぎの青木玲緒樹と鈴木聡美(ともにミキハウス)も決勝進出を逃した 0330

入江は200背で7位=池江は50バタ準決勝へ-世界水泳(時事通信)
※水泳の世界選手権第15日 競泳男子200メートル背泳ぎ決勝で、ロンドン五輪銀メダルの入江陵介(イトマン東進)は1分56秒35で7位 リオデジャネイロ五輪銅メダルのエフゲニー・リロフ(ロシア)が1分52秒61で優勝
※女子50メートルバタフライ予選の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は25秒72の全体3位で準決勝に進出 昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した男子は800メートルリレーでは、日本(萩野、江原、天井、松元)が決勝に
※男子50メートル自由形の塩浦慎理(イトマン東進)は22秒17の全体15位で準決勝に進み、中村克(同)は敗退 同100メートルバタフライの小堀勇気(ミズノ)も準決勝進出を逃した 1909


三浦が引退表明=WBC元Sフェザー級王者-ボクシング(時事通信)※世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級元王者の三浦隆司 自身のツイッターに「いろいろ考えましたが引退することにしました。最高のボクシング人生でした」などと記し、現役引退を表明 2353

ホンダ、ザウバーへのPU供給白紙に=18年からの計画、双方合意で解消-F1(時事通信)※27日 自動車のF1シリーズに参戦している本田 ザウバーにエンジンを中心とするパワーユニット(PU)を2018年から供給する計画を 双方合意の上で白紙にすると 0004

19年世界選手権に日本が立候補=パラバドミントン(時事通信)※2020年東京パラリンピックで初めて実施競技となるパラバドミントンで、日本が19年世界選手権招致を目指して立候補したことが 日本障がい者バドミントン連盟が世界バドミントン連盟に対し、開催の意志を伝えた 2245

三原、高難度のフリー=得点増す後半にジャンプ五つ-フィギュアスケート(時事通信)※女子で昨季世界選手権5位の三原舞依(神戸ポートアイランドク)、今季シニアデビューする坂本花織(神戸ク) 盛岡市内のアイスリンクで練習を公開 2030

宮下を代表に追加=世界陸上(時事通信)※日本陸連 世界選手権(8月4~13日、ロンドン)代表に女子やり投げの宮下梨沙(大体大TC)を追加したと 参加標準記録に達していないが、国際陸連の招待を受けた 1408

ケンブリッジ「リレーで金」=男子短距離陣が出発-世界陸上(時事通信)
※陸上の世界選手権(8月4~13日)男子短距離の日本代表選手 開催地ロンドンへの出発前に羽田空港で取材に応じ、昨年のリオデジャネイロ五輪400メートルリレーで銀メダルに輝いたケンブリッジ飛鳥は「個人種目(100メートル)では決勝進出、リレーでは金メダルを目指す」と抱負を 1041

銀の西藤、悔しさも=世界選手権から帰国-フェンシング(時事通信)※フェンシングの世界選手権(ドイツ・ライプチヒ)男子フルーレ個人で銀メダルの西藤俊哉と銅の敷根崇裕(ともに法大) 羽田空港に帰国し、西藤は「本当にうれしかったが、表彰式で金メダルを掛けられた選手を見て悔しさがこみ上げた」と 1842


フジが容疑者取り違えて放送 「とくダネ!」で謝罪(朝日新聞)※27日の情報番組「とくダネ!」で医師法違反の疑いで逮捕された容疑者について報じた際、容疑者とは別の男性のインタビューを放送していたことが 28日の同番組で謝罪 1816


中村獅童さんが11月に舞台復帰 妻・沙織さん妊娠5カ月 ダブルの喜び(産経新聞)※5月に初期の肺腺がんを公表し、治療のため休養していた歌舞伎俳優の中村獅童さん 東京都内で記者会見し、11月1日から始まる巡業公演「松竹大歌舞伎」で舞台復帰すると 1839

ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
« 7月28日 国内政治・経済... | トップ | 7月29日 週末の国内社会... »