人知れず歩むMr.BOo

思うところあり

浅場マルイカも重さで

2017-06-18 21:58:19 | 釣り


[ 三崎港 佐円丸 ]
2017/06/18 発信 平成29年6月18日 Up To Date
  三崎港 釣船 佐円丸です
  
 ベニアコウ今季幕引き。19日マルイカ船出船


   
 6月19日の出船案内 
 ★ 平日6時30分マルイカ船 

    /////6月18日釣果情報 ///////くコ:彡.  >゜)))彡///////

  
 ★マルイカ
 毘沙門ー諸磯ー西口沖26~40m 【8~37杯】

 ★金目鯛あこう五目船

お問い合わせお待ちしております。  朝と夕方は冷え込みますので、どうぞ防寒装備でお出かけ下さいませ。
    


 本日の釣行記:ただ今、佐円丸の恵美子母さんと、二人での介護生活のために、情報更新が遅れる場合が多々ございます。ご辛抱と長い目でお守りくださいませ。
 

  【6月18日 マルイカ】 毘沙門ー諸磯沖ー西口沖 26~40cm マルイカ 14-22cm 【8~37杯】
 情報更新 Mr.BOoマルイカ船担当 体重 ワンハンドレッド超え 
 6月18日マルイカ船:
 
コメント:朝方は近場城ヶ島から。表層流が西の下に少し、底潮が東へあって重い潮だったので、毘沙門の浅場に入らせてもらって、鰯か、鯖っこの群れの下にイカ反応!ムギか?マルか?やって見たらまるいかでーす。
浅場を探すのは船長の趣味!って感じです。浅いから面白いのですよ、意外にも普通型マルと、マイクロマル、でも独特の楽しさがありあり。
潮の地合いからの、諸磯沖で、塊帯!多点掛けこそマルイカ一荷、もっと浅いポイントは?根周りで中棚でも乗ったらしました。
船首着座で菊地さん。田中さん、激闘エンジョイ!
後半西口でおもろかったのです。

alphasonicの165:リールシートからの感度を感じ取るのに少し慣れが必要かも知れません。少し柔らかいような。目感度は穂先をみていればカラーがはっきりしているのでわかりますが、手感度は重さ・竿のバランス変化・と穂先から竿の表面から伝わる信号が伝わるか?ですよね。着底乗りでもほんの少しタイムラグをくコ:彡に与えてからの竿全体を上げるように併せを入れての巻き上げ。ぎょぎょ丸から自作仕掛けは幹糸5号の直結6本の直ブラ・ブルネオンも入っていましたが、今日は棚もあるのでしょうが、ヤマシタ プックリ蛍光紫 と、エロチカ注目の白がマルイカ絶好調。意外なのはOppaiオレンジ直ブラにムギイカが多かったことです。錘は40号。一番下角から錘間は3mです。叩き落としが小さいマルイカには効果があったのですが、取りこぼしが多かったように思えました。

竿に関しては、もう少しリールシートが硬くデジタルな信号が伝わるといいかと思いました・リーダーをナイロン5号75cm程でしたが、FGノットで0.8号の結束でしたけど、もっと丁寧なFGノットでないと。ガサガサしました。これは個人的な見解ですので、いろんな釣り方をしてみてください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの金目鯛・・・ほっ... | トップ | もっと濁るかなあ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL