人知れず歩むMr.BOo

思うところあり

凪ならば おもろい釣りをいたしましょう。

2017-04-21 20:20:59 | 釣り

[ 三崎港 佐円丸 ]
2017/04/21 発信
平成29年4月21日 Up To Date
  三崎港 釣船 佐円丸です
  
 凪ですのでマルイカは魚信掴みやすいです。
 21日 ★ マルイカ船 城ヶ島沖 55-80m  15-35cm 【17-35杯】
    
     ★ 金目鯛ムツ五目船 城ヶ島沖240-380m 
   金目鯛24-42cm 【15-35枚】
      ////////////くコ:彡  >゜)))彡///////
  
  4月22日の出船案内
  ★ 6時30分金目鯛ムツ五目船 城ヶ島沖/沖の瀬/ 280-400m 
  ★ 6時30分マルイカ 城ヶ島沖-亀城根 55-85m
   お問い合わせお待ちしております。  朝と夕方は冷え込みますので、どうぞ防寒装備でお出かけ下さいませ。
マルイカ船 金目鯛黒ムツ船のご予約や、仕掛け・tackleのお問い合わせお待ちしております。

  ==【三浦三崎港 釣船 佐円丸】==
 


>゜)))彡=33300 くコ:彡=303030【各種釣り方指南?情報】 >゜)))彡=33300 くコ:彡=303030
  

  
≪★マルイカ船≫ 平日6時30分出船
  城ヶ島沖 55-80m 15-35cm 【17-35杯】
コメント:三崎港内で流れはなく、底は見えない状況でした。城ヶ島沖もながれは緩め~のスタートでした。反応が朝方は塊過ぎていて少ない状況でした。ポイントをサーチしていると浮きすぎている餌とムギイカ?らしき反応も。これはもしかしら近日中にポイント移動するか?夜間浅場に突入準備かの態勢かもしれません。朝方はEro近 Rainbow5cmブランコ仕掛けにヒットhit。中型マルイカ一荷。ここから群れはあっちこっちへと、潮の流れが緩い中で変化しておりました。船内全体に乗ってくるような群れを探して西側に展開すると、潮の流れがあった流しに、群れが船に着いてきたかのように、船首では4連荘。後半は中層棚で中良型がムギイカかマイクロ烏賊を追いかけているようでした。竿頭は総数で古谷さん、次点高橋さんでした
  総評:角が小さいと小さいマルイカが乗ってしまう場合には、角を大きくしたり、いろんな角の姿勢コントロールをイメージしてみましょうね。


 
≪★金目鯛ムツ五目船≫
 城ヶ島沖240-380m 
 金目鯛 24-42cm 【15-35枚】<**赤>
 コメント・沖の瀬の方が城ヶ島沖よりも濁っているようです。城ヶ島沖は潮色は清み加減で流れは上げ潮気味で朝方良型金目鯛が好調でした。竿頭は斎藤さんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良型マルイカ狙いならブラン... | トップ | 26日イカ予約なく、沖メバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL