京恋し

頑張った時のご褒美は京都。ずっと憧れ。

新作を考えるのも大変!

2017-06-15 21:38:02 | 美味しい♪
母は今でも、製パン学校の講師講習に月に一回、通っています。新しいパンも習わないとね、と
孫みたいな仲間と実習もしています。みんな親切にいたわってくれるからラクヨ、と楽しそうだ。

        
        今日の母のパン教室は珍しいパンを3種類作りました。
        「苺とチョコのカンパ―ニュ」 生の苺をミキサーにかけて作った苺ソースを混ぜて生地を練る。
        パン生地にホワイトチョコを加えて成形する。

        
        苺の甘酸っぱい香りがふわ~とたち、フワフワで美味しい。贅沢なパン!

        
        「キヌアのカンパ―ニュ」 キヌアとは、アワ、ヒエなどと同様、雑穀に分類される。
        生産国はペルー、ボリビア、エクアドルに限られる。マグネシウム、リン、鉄分、ビタミンB
        を多く含む。グルテンを含まないので、小麦アレルギーの人も摂取でき、近年、健康食品
        として中目されている。*このパンには小麦粉も入っています。

        
        シンベル型の長方形と円形の両方を作ってみた。味は変わらないけれど、雰囲気が全然違う。
        シンベル型はトウを巻いて作った型で発酵させる時に入れて形を作るために使います。

        
        「ミックスフルーツと胡桃のパン」 じつはこのパン生地には高野豆腐を粉にしたものが
        練り込まれています。ここが指導者の苦労の結果でしょうか。粉も全粒粉、種々のドライ
        フルーツがふんだんに混ぜ込まれ、野趣豊かな体にいいパンという感じです。

              
              前々日の雨以来涼しい日が続きましたが、今日は暑い夏日が戻って
              きました。日差しが強くなった途端に、立ち葵の花が元気復活、
              優しい姿ながら高々と勝ち誇っているようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 揚羽蝶―もなか | トップ | 和菓子の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL