京恋し

頑張った時のご褒美は京都。ずっと憧れ。

夜に咲く花

2017-08-05 22:02:21 | 季節のことば
夕方から咲いて朝にはしぼむヨルガオ、純白のドレスは誰のため?

        
        やっと陽が陰り始めたので、ヨルガオの花に会いに行くぞ!と重い腰をあげました。一駅 
        分のリハビリウオーキングです。       

        
        傘を畳んだような花びらをパラリと開いたばかり、もう少し時間が経ったら傘を開いた
        ように折り目もピンとのびることでしょう。

        
        今年の開花は少し遅れたみたい。まだポツポツしか開いていません。上質の木綿を思わ
        せる白いドレスは夜の暗がりでも輝いて存在をアピールしているのでしょうね。揚げ足
        取りみたいだけれど、ヨルガオなのにヒルガオ科って可笑しいネ!

        
        オシロイバナも夕方にならないと目を覚ましません。別名夕化粧の名の通り夕方になって
        メイクアップしたオシロイバナ、薄化粧の頬紅がかわいい。

              
              玄関への階段に毎年マンデビラが置かれているお宅。今年も見せ
              ていただきました。この頃、マンデビラは人気ですね。
              マンデビラ:キョウチクトウ科熱帯アメリカ原産

              台風5号が接近しているようですが、被害が出ませんように。
              今日も蒸し暑い!40分程のノタノタウオーキングで汗びっしょり
              その割には筋力復活せず…
                         
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸屋ランチ | トップ | 土用餅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (スターアニス)
2017-08-06 09:43:31
アサガオ、ヒルガオ、ユウガオ、ヨルガオと、あるそうですね。
ヨルガオがあるとは知りませんでした。
開き始めの姿・・・初々しくてこれもいいですね。
スターアニスさんへ (京)
2017-08-07 00:37:35
朝顔、昼顔、夕顔、夜顔、さてこの中で仲間外れはどれでしょう?
と言うクイズがあります。
答えはお解りと思いますが、夕顔。夕顔だけがウリ科です。

夕方から朝まで、明け方から陽が高く昇るまで…美人薄命ですね。

コメントを投稿

季節のことば」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL