京恋し

頑張った時のご褒美は京都。ずっと憧れ。

揚羽蝶―もなか

2017-06-14 23:53:02 | 美味しい♪
揚羽蝶は平家の家紋です。

        
        輪島の上時国家の家紋「揚羽蝶」をもなかの型と包装紙に採用した、浜口長生堂本舗製
        の銘菓、本家上時国家のみで販売されています。

        
        直径14cmもある大きなもなか、ピンポイントでの販売と聞けば、入場記念に買う価値あり。        
        
        
        本日、ご近所友が集まることになっていたので、切り分けて食べるのにちょうどいいとの
        目算。珍しいので、みんな面白がってくれました。アンがあっさりと美味しく、一人1/4を
        ぺろりと食べられました。
        
        ちなみに、時国家とは、平清盛の義弟であった時忠が、壇の浦で平家滅亡後に捕らえられ、
        能登に配流。輪島岩倉山の麓に居を構えたのがはじまり。時忠の息子の時国を初代として
        800年に渡り、今日まで家を継いでいる能登随一の名家です。江戸時代初期に三代50年
        をかけて建てられた茅葺入母屋造りの木造平屋建てで、国の重要文化財に指定されています。
        鎌倉幕府に配慮して、平の名を名乗ることをはばかり、名前の時国を苗字として名乗ること
        にしたのだそうです。

話題はかわって、

        
        我が家の睫毛美人が咲き始めました。去年買った鉢植えのマートルです。いい香りがする
        らしいのですが、あまり感じない…。

        
        乾燥に弱いといわれていたので、水だけは切らさずに上げていましたがほったらかしです。
        去年は怪我をしていたのでとか言い訳をしつつ 今年は花後の手入れをちゃんとして
        あげようと思っています。こんなに可愛い花を咲かせてくれたのですから。

              
              花は少し小さくなったような気がしますが、待ち針の頭のような蕾が
              ぽつぽつといっぱい付いています。

        
        花後に実が生り、秋には黒く熟して、食べられるそうです。花も生のまま食べられるそうですが…。
        マートル:フトモモ科地中海沿岸原産 日本名は銀梅花。                                
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと梅雨らしく | トップ | 新作を考えるのも大変! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL