最近の選挙について

近年の選挙について周知いたしたい内容を記載致します。
最近の選挙は投票締め切り後、すぐに当確が出る不思議です。

東京都議会選挙_開票状況⑥(草書体で記載)

2017-07-17 18:43:23 | 日記


_『藤』 草書体や隷書体など、書体により書き方がいろいろあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%9B%B8%E4%BD%93
草書体(そうしょたい)は、漢字の書体の一つ[1]。

概要[編集]
速く書くことができるように、同じく漢字の筆書体である行書とは異なり、字画の省略が大きく行われる。文字ごとに決まった独特の省略をするため、文字ごとの形を覚えなければ書くことも読むこともできないことが多い。実際は隷書の時代からあったが、一般に使われたのはそれから数百年の月日が過ぎてからである。また、書家による違いが大きい場合もあり、例えば「書」という字は楷書体では1通りの書き方であるのに対し、草書体は幾通りかの書き方がある。
草書の「草」は草稿などの「草」である。また「草」には「下書き」という意味もある(例:起草)。「ぞんざい」という意味もある。【抜粋おわり】




お世話になっております。
明日からまた皆さん頑張りましょう。

今回は漢字の書体についてです。
中国から各方面の国々に伝わりましたが、各国々で漢字の書体がたくさん生まれました。
そのうちの一つが、「草書体」や「隷書体」です。

今回の記載票のうち、「草書体」で記載された票がたくさんありました。
日常の国民では使用しない書体です。
書道や習字をする方や先生は知識がありますが、
日常では使用しません。まして、選挙の記載で使用することはありません。

日常で使用するアジアの国の方である証拠です。
『藤』の草書体での記載票を集めました。





_『藤田りょうこ』 「藤」が草書体です。





_『藤井一』 





_『佐藤伸』





_『遠藤守』





_『藤井一』





_『藤田りょうこ』





_『藤井一』



今回の候補者は『藤』が付く方が多かったため、良い事例を集めることができました。
『藤』の草書体や隷書体を日常使うでしょうか?
普段、会社や町会などでも書きません。

国民が使わない書体が、選挙の開票で多数出てきたことは、「不正選挙」の証拠です。
外国人に記載させた票を混ぜたか、すり替えたことが証明されました。
「不正選挙」が確定しましたので、多くの国民に周知したいです。





○昨年7月10日の参議院選挙でも草書体がありました。



_『新』の草書体です。




_『維新』の新が草書体でした。これも外国人が書いた証拠画像になります。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都議会選挙_開票状況⑤(... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL