地方弁理士の備忘録

仕事上の感想、意見、細部の覚え書を綴ります。

アニバーサリーダイアモンド

2016-10-13 08:50:23 | 商標
不服2015-19812 取り消して登録。

1 本願商標
本願商標は,別掲1のとおりの構成よりなり,第14類に属する願書記載のとおりの商品を指定商品として,平成26年12月25日に登録出願されたものである。
その後,本願商標の指定商品については,原審における同27年5月21日付けの手続補正書において,「ダイアモンドを用いてなる貴金属,ダイアモンドを用いてなるキーホルダー,ダイアモンドを用いてなる宝飾品・身飾品(結婚指輪・婚約指輪を含む。),ダイアモンドを用いてなる宝玉及びその模造品,ダイアモンドを用いてなる貴金属製靴飾り」に補正されたものである。

2 引用商標
原査定において,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとして,本願の拒絶の理由に引用した登録商標は,以下の(1)及び(2)のとおりであり,それぞれ,現に有効に存続しているものである。
(1)登録第4393682号商標は,「ANNIVERSARY」の欧文字を標準文字で表してなり,平成11年3月16日に登録出願,第14類「貴金属製のがま口及び財布,貴金属製コンパクト,身飾品,宝玉及びその原石並びに宝玉の模造品」を指定商品として,同12年6月23日に設定登録されたものである。
(2)登録第5745176号商標は,別掲2のとおりの構成よりなり,平成26年10月10日に登録出願,第25類「ガーター,靴下止め,ズボンつり,バンド,ベルト,履物,仮装用衣服,運動用特殊衣服,運動用特殊靴」を指定商品として,同27年2月27日に設定登録されたものである。
以下,上記(1)及び(2)をあわせて「引用商標」という。

3 当審の判断
本願商標は,別掲1のとおり,「ANNIVERSARY DIAMOND」の欧文字を横書きし,後半の構成文字「DIAMOND」の「O」の欧文字を囲むように,宝石の付いた指輪と星の図形を配してなるものであるところ,その構成は,前半と後半の各文字の頭文字がやや大きく表されているとしても,両文字部分の書体は同一であって,全体として外観上まとまりよく一体的に看取されるものであり,また,構成文字全体から生じる「アニバーサリーダイヤモンド」の称呼もやや冗長ではあるものの,よどみなく称呼し得るものである。
そして,その構成前半の「ANNIVERSARY」と後半の「DIAMOND」の各文字は,いずれも広く親しまれた英語であり,全体として「記念日のダイヤモンド」程の意味合いを容易に理解し得るものであるから,本願商標は,観念上も一体的なものとして認識される。
してみると,本願商標は,その構成中の「ANNIVERSARY」の文字部分が強く支配的な印象を与えるものとはいえず,構成全体をもって一体不可分のものと認識されて,取引に資されるものとみるのが相当であるから,本願商標の係る構成においては「アニバーサリーダイヤモンド」の称呼のみを生じ,「記念日のダイヤモンド」の観念のみを生じるものというべきである。
したがって,本願商標から「アニバーサリー」の称呼及び「記念日」の観念を生じるとした上で,引用商標と類似するものとして,本願商標が商標法第4条第1項第11号に該当するとした原査定は,取消しを免れない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« depth/デプス | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。