大工道具の蒐集

骨董市で集めた大工道具類の入手の経緯、使った感想を報告

0610 国康鉋の台打ち

2017-03-20 20:43:49 | Weblog
取敢えず買った時に付いて居た台を使い試し削りしようと思ったが、案外台の状態が良くないので 思いきって 台を作り直す事にした。 今回は隣の公園で切った 大きな実のなるマテバシイの枝を使った。 材が細かったので二本を中央で貼り合せた物を使った。 これは思った以上に硬い材だった。 今回も一枚刃にした。 裏刃が付いて無いからだ。 冬の間放置して有った材だからなのかかなり狂っていた。 それを均して何とか削れる状態まで持って来て刃を入れて馴染ませている。 削るまでにはもう少し時間が必要だ。 台にはラックニスを塗った。 台頭と台尻の木口には 白ボンドを塗って有る。 乾燥が不十分で木口に細かい割れが入らない為だ。 この材は樫の木より若干 赤味が有る材だ。 これで上手く削れたらまた報告したい。 

夜に鉋刃を研ぎ直した。 結構良さそうな刃だ。 削って見ると良く切れて引きも軽い様に思う。 まだ刃先に細かい欠けが有るので、削りの写真は載せられない。 だが想像した通り切れる鉋だったので嬉しい。 想定通りになる事は余り無いのだが、今回は思った通りだ。 
ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0610 二枚刃平鉋 銘 国康 | トップ | 0611 二枚刃平鉋 江中乙女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL