大工道具の蒐集

骨董市で集めた大工道具類の入手の経緯、使った感想を報告

0616 一枚刃平鉋 銘 廣義(六分)

2017-05-05 20:10:58 | Weblog
以前少しお手伝いしていた木工房の引出の奥にこの鉋刃は転がっていた。 それを山崎さんからもらって来た。 どう言う経緯の物なのか聴いて置くのは忘れた。 既に使い込んで有り刃も短い物だ。 暫く箱に入れて放置していた。 最近取り出して 台を打つ事にした。 その前に少し研ぎ直したが刃が斜めになって居た様だ。 それを直して有る。 さて台は多分楢だろうと思う。 比較的薄い 26ミリ程度なのでこの材で台を制作した。 現在は刃を入れて 台を馴染ませている所だ。 廣義の銘は私は知らない。 何処で作られた物か不明だ。 或は三木の物かも知れない。 かなり使い込んで有り 刃の全長は60ミリ程度だろう。 無理して使う事も無いとは思うが 鉋は単品では紛失しやすいので台に入れるのが良いと思う。 この鉋刃も 二度のお勤めでは有るが 台を作ってもらい喜んでいると思う。いずれ試し削りしたら報告しようと思う。
ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 両面包丁砥石 | トップ | 大英自然史博物館展(国立科... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL