大工道具の蒐集

骨董市で集めた大工道具類の入手の経緯、使った感想を報告

板状刃物  銘 源 正房

2017-08-05 21:07:48 | Weblog
その辺に置いて ちょっと忘れていたが、そう言えば こんな物を町田骨董市で買って来た。 84ミリ×124ミリ厚味 2ミリ程度の板状の刃物です。 一緒に出刃包丁や刺身包丁が有ったから その仲間だと思う。 銘は 源 正房と有る。 何処から出て来た物か判らないが 数丁有った。 これで2千円と言うので高いなと思ったが これを短冊状に切って小鉋でも作れるかなと思い買って来た。 でも勿体ないから鉋にはしないと思う。 では何に使えば良いのか 現在思案中だ。 しかし実際料理をする中で こんな形状の刃物を使う場面があるだろうか。 もう少し調べて用途が判明してから、 どうするか考えよう。片刃の刃物だがやはり、鋼の張り付く側に若干曲がっている様だ。 鋼は薄いから このまま裏押しすると両脇が減ってしまいそうだ。 元から外丸気味に作られた物かも知れないな。 
ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0550 福三郎鉋の削り ... | トップ | 0606 真海鉋の削り その2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
板状刃物 (切りだし)
2017-08-09 08:13:15
おそらく昆布を削ってとろろ昆布を作る為の英語でスクレーパーに相当する刃物です。手で握って昆布に鉛直に立てて引っ掻くと筋状の薄いとろろが出来ます。放映されたのを見たことがあります。
板状刃物 (やまさん)
2017-08-11 11:45:44
なるほど 昆布を引搔いてとろろ昆布を作る道具でしたか。 するとスクレーパーとして使えるかも知れないですね。 今度試して見ましょう。 情報有難う御座いました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事