大工道具の蒐集

骨董市で集めた大工道具類の入手の経緯、使った感想を報告

0406 中惣鉋の台打ち

2016-10-16 22:39:38 | Weblog
以前から 中惣鉋刃は良いと聞いており、いずれは台を打ち直して 整備して削って見たいと考えていた。 その機会はなかなか巡って来なかった。 最近近所の公園のまてばしいの木を伐採した。 その枝をもらい 水に漬けてあく抜きして 乾燥していた。 木口にはボンドを塗って置いたが やはり少し割れが入っている。 節の様な所もある。 それでもこの材を使い台打ちして見た。 結構硬い材で 穴掘りには苦労した。 やっと掘り上がり 亜麻仁油を塗って乾燥中。 刃を入れて馴染ませている所。 さあこれで上手く削れるだろうか。 少し赤っぽい ピンクっぽい色の材だ。 果たして反りや捻じれが無く 安定するかどうか様子を見ているが、早く削って見たいと思っている。  折角なのでもう少し良い材をおごってやるべきだったかも知れない。  上手く削れたらまた紹介したい。

台を均して削って見るとやはり、上手く削れる様だ。 しかしこの所晴天で乾燥するのか、台の狂いが結構ある。 今日はかなり台を直した。 毎回こんなんでは、削る前に嫌になってしまうよ。 まあ真面な鉋台では無いから仕方あるまい。 今日は台を慣らして終わり。 明日時間が有れば削って見ようか。 暫くはこんな調子だろう。 10/27 
ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0406 中惣鉋の削り | トップ | 0472 喜秀鉋の削り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL