大工道具の蒐集

骨董市で集めた大工道具類の入手の経緯、使った感想を報告

箸置きを買う

2017-01-03 21:04:54 | Weblog
2017年は比較的平穏にやって来た。 1日は何時もの様に普通に起きて、元旦なのでお雑煮を戴いた。 日本の正月だ。 2日は近所の散歩だ。 近くにある熊野神社に参拝して 太鼓を3回打たせてもらった。 3日は府中まで散歩に行った。 府中の蕎麦屋 吉見屋は既に営業していたので、寄って昼蕎麦を食べて軽く日本酒一合戴いた。 良い気分で大国魂神社まで来ると 参拝の人波が物凄くて 近付けない。 参拝は諦めて 手前の露天で甘酒と串団子を食べて デパートに入る。

此処で何時も立ち寄る陶器屋でこの箸置きを買った。 540円だった。 要するに平たくのばした陶土を 少し乾燥させてから、手で長方形に引き千切った物の様だ。 一度それを焼いてから 再度上に釉を塗り2度焼きした物だろう。 箸置きと言わなけりゃ 何だか判らん感じの物だ。 はっきり言ってこの釉のセンスが余り良くないね。 黒っぽい下地なので暗い緑色っぽい トロリとした釉をかけて焼くともっと良いと思うが。 毎年見て面白そうな物を買うのを楽しみにしているんだ。 恐らくは陶芸家も片手間で作った物だろう。 これは新年の初買い物となる。  今年も普通に良いとして有ればと願っている。
ジャンル:
コレクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川瀬 巴水展(立川高島屋)  | トップ | イギリス からくり玩具展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL