佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

北鵜島の車田植(佐渡市両津北鵜島)    投稿者:佐渡の翼

2017年06月30日 05時51分41秒 | 佐渡及び首都圏近辺の面白観光スポット

佐渡の車田植は、新潟県佐渡市北鵜島の北村佐市方に残る風習である。車田植の風習は日本全国では、佐渡と岐阜県高山市松之木町のわずか2か所にしか残っておらず、北鵜島の車田植は奈良時代の田植え神事を残す日本唯一の農耕行事である。近年では、奈良県や三重県にも新しく作られた車田植がある

車田植は神に豊作を祈るために始まったとされる。北村家の田植えは、田の水口にある神さん田(かみさんだ)から始まり、末広がりで縁起のよい鐘形の車田での車田植でしまいとなる。

車田植は、田植え仕舞いの際に行われる習わしで、毎年5月の大安の日と決まっている。田植えをする早朝に苗代田から苗3束を迎え、握り飯を供えて田の神に祀った後その苗を田主が車田へ運び、田面へ御神酒を注いでから田植えが行われる。田主から3人の早乙女に各1束ずつの苗が手渡され、畦の三方から田の中央へ進んだ3人の早乙女が、半束を田の中心に寄せ合わせるように植えた後、車状に外側へと後ずさりしながら順次植え付けていく。

この様子は地元テレビでも放映されるし、当日は大勢の見物人やカメラマンが集まる。筆者は、2015年の5月5日にこの車田を訪ね、苗が植えられる前の田んぼを写真に撮った。

車田植の説明看板

畦にいた蛇

逃げ足が速い!

鎌首をもたげて

辺りを警戒する蛇

抜き足差し足忍び足で近づき、近接撮影に成功!


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその8    投稿者:佐渡の翼

2017年06月29日 06時00分05秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

ガウデイの建築っぽい建物だが、エンポリオアルマーニなどのブランドショップが入っている

保険会社の建物

グラシア通りとグランビア・ダ・ラス・コルツ・カタラナス通りが交差する辺り

その反対側かと思う

映画館

かと思う

こんな彫刻を見つけた

ナバラと言うレストラン


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその7    投稿者:佐渡の翼

2017年06月28日 06時00分39秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

カサバトリョのイベントを撮影中のプロカメラマン

薬局の前の交差点

ツアーバス

パリと同じ

女性観光客がこちらを見ている

マンダリンオリエンタルホテル

ツアーバスの停留所

その真向かいにある建物

カサバトリョを撮影中

「この辺でいいだろうなあ~」と言う感じでやっている


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその6    投稿者:佐渡の翼

2017年06月27日 10時46分18秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

交差点で信号待ちの女の子達

この黒い上下の女の子を

狙ったが

なかなかこちらを向いてくれない

マンダリンオリエンタルホテル前

二人の女性が

歩いて来た

グラシア通りを北上して行く

交差点で女の子の集団を発見

塚田農場の焼き肉弁当


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその5    投稿者:佐渡の翼

2017年06月26日 09時18分46秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

カウボーイハット姿の美女を発見。トリミングしたのでピント甘目です

ハットを配っている女性がいる

ジージャンの女が邪魔して

上手く撮影出来ない

今度は赤い横縞の女が前に立った

ようやく捕えたが、一番奥にいるためピントが十分合わない

どうしても赤縞女にピントが合ってしまう


この記事をはてなブックマークに追加

紀尾井なだ万(ホテルニューオータニ)    投稿者:佐渡の翼

2017年06月25日 06時00分25秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記

2017年2月11日、筆者は午前5時52分に自宅駐車場を出た後、赤のi8を駆り夜がまだ明けきらぬ首都高を走行し紀尾井町のホテルニューオータニを目指した。ハイビームモードで時速70キロを超すとレーザーライトが自動点灯するので視界が物凄くいい。あのカーブのきつい首都高の右車線を時速110キロで定速走行しても恐怖を感ずる事無く楽々と走り抜けられる。先行車は、レーザーライトを点灯させたi8が後方から猛スピードで迫って来ると、多分まぶし過ぎて一瞬前が見えなくなるのであろう、危険を感じて咄嗟に左車線へ移動する。カーブを走行中にレーザーライト装備のi8に追走されたら危険極まりないであろう。カーブを走行中の先行車は、直線道路に入るや否やi8を引き離そうと速度を上げるが、i8がピタっと追走してきて引き離せないと分かると、途端に諦めて道を譲る。いつものように前車を全て蹴散らしながらの高速走行で、わずか38分でニューオータニに到着した。久しぶりのホテルでの充電であったが、充電器は二基共空いていた。

i8に充電ガンを装着した後、筆者はホテルのロビー階に向かい、そこで30分ほど休憩した後、午前7時に日本料理「紀尾井なだ万」にお邪魔し、2732円の和朝食を注文した。がんも、里芋、人参の煮物、焼き鮭、たらこ、笹蒲鉾、切り干し大根煮、卵焼き、ほうれん草お浸し、梅干し、味噌汁。ご飯も全て平らげて終了!まだ食べ足りなかったので、お店を出た後、ガーデンラウンジに入り、フレンチトースト(2019円)を注文して食べた。まるでプリンのようにふわふわで柔らかい!これにメープルシロップをたっぷりかけて食べた。冬の寒さが厳しい頃は体が甘い物を欲する。その欲する物を食べていれば間違いはない。ガーデンラウンジを出た後、筆者は2時間20分の充電を終えたi8を駆り、新宿高島屋へと向かった。

充電駐車場に停めたi8

「凄い車だなあ~」とでも言いたげにi8を見るホテルへの物資搬入業者達

この日は数キロだけガソリンを消費した。燃費は71.4キロ/Lの凄さ!

ロビーの飾り

なだ万のメニュー

お店の入り口

お席

店内の様子

先客は皆無

ホテルの本館と日本庭園

焼き鮭、タラコ、笹蒲鉾

ほうれん草お浸し

出し巻卵

切り干し大根煮

煮物

味噌汁

ご飯

梅干し

なだ万のロゴ入り箸袋

ガーデンラウンジのお席

本日の足元

ラウンジから見た日本庭園

店内の様子

店内は空いていた

コーヒー

コーヒーポット

フレンチトースト

メープルシロップ、蜂蜜、バター


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその4    投稿者:佐渡の翼

2017年06月24日 05時26分39秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

カサバトリョ前

その隣の建物は、カサ・アマトリェール

黒人の守衛

その守衛に向かって

おばさんが

何かを言っている


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその3    投稿者:佐渡の翼

2017年06月23日 06時00分16秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

カサバトリョの前を颯爽と通り過ぎる美女

イベント関係者であろう

中でコンサートが開かれるらしい

カサバトリョを見上げる

おばさん

カサバトリョ

を、撮影する

観光客

イベントの開始を待つ

観光客


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその2(おじさんとマスコットキャラクター)   投稿者:佐渡の翼

2017年06月22日 06時00分45秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

おじさんと赤いぬいぐるみ

おじさんが手にもっているのは

スマホか?

赤いぬいぐるみが何か言っている

交渉中か?

左手のグリーンのワンピースの女性が

いいアクセントだが、そこへ一人の女性が勢いよく

通り過ぎて行った

高笑いをするおじさん


この記事をはてなブックマークに追加

グラシア通りその1      投稿者:佐渡の翼

2017年06月21日 08時42分09秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

撮影時刻は2015年9月23日の午後7時20分である。世界遺産に登録された、ガウデイ作「カサバトリョ」である

この日はたまたま何かのイベントがあるらしく、午後7時で閉鎖されていた。カサ・バトリョは365日年中無休なのでいつでも訪問することができる。開館時間は午前9時〜午後9時まで(最終入場は午後8時)である。

ホテル前の交差点

カサバトリョへ向かう道路

こんな綺麗なおねーさんを発見

何かを配っている

笑顔がかわいい!

カサバトリョに到着


この記事をはてなブックマークに追加

トゥールダルジャン(ホテルニューオータニ)    投稿者:佐渡の翼

2017年06月20日 06時21分44秒 | 恋人とのデート記事

2016年の3月8日、筆者は恋人を伴い、ホテルニューオータニ内にある高級フランス料理のお店「トゥールダルジャン」を訪ねた。午後6時30分の予約時間に間に合うように、ハンドレッドステイ前で彼女をピックアップした後、ニューオータニのいつもの充電駐車場にi8を停めた。「トゥールダルジャン」は鴨料理が有名で、鴨には全て通し番号が付されており、鴨を食べた時は、その番号札が客に配布されるしきたりになっている。

その日は前日から振り続いた雨が上がり、4月下旬から5月上旬並みの陽気となった。だがさすがに夜は冷え込んだため少し気温が下がり、スプリングコートを着用してホテルのロビー階へと向った。レストランの入り口で名前を告げると、両側に、来店した著名人の色紙が飾られた廊下を進みながら奥の間へと案内された。内部はロココ調だが、いかんせん壁の木材などが劣化し始めており、パリの「ル・ムーリス」のような豪華絢爛さは感じられなかった。部屋の内部はかなり広く、まるで結婚式の披露宴会場さながらであった。筆者らは一番奥まった席へと案内された。今日の恋人は、シンプルなグレーのハイネックニットにベージュのスカート姿で、オフホワイトのイアリングだけを身に付け、ネックレスなどは身に付けてはいなかった。だが化粧は普段よりはやや濃い目で、頬紅などもそれとはっきり分かるようなメイクアップ具合だった。

筆者らは「シュノンソー」と言う18,000円のコース料理を予約しておいた。前菜は、「サヨリのロワールワイン風味と根セロリのレムラード」であったが、セロリが苦手の彼女用には別のお野菜で作成したお料理が供された。第二の皿は、「プーラルド(若鶏)とフォアグラのミルフイーユ、フランス産ホワイトアスパラガスと菜の花のソース」である。鶏が苦手の筆者用には「白身魚のフラン」と言うまるでプリンのような味わいの料理が用意されていた。メインの魚料理は「サンドルと言う欧州の川魚のポアレのシャンピニオンソース仕立て、フイレンツエ風アリュメット添え」である。お肉料理は「柔らかくて身がピンク色のフランス産子牛フィレ肉のケイパーソース、色彩豊かな野菜のグラッセと共に」である。どれも美味しくていちいち味の具合を語る気もしなくなるほどの出来映えだった。

デザートは「フランス風苺とメイヤーレモンのバヴァロア」であり、最後の紅茶には小菓子として、チョコフイナンシェ、栗のシュークリーム、チョコケーキが付属していた。紅茶を飲み干す頃に、ウエイター氏がチョコを入れた箱を持って来て、お好きなチョコをお取りくださいと言ったので、筆者らは二つを頂いて食べた。

今日も楽しいフレンチデイナーデートだった。

恋人の横顔紹介

鴨のクリスタル

キャンドルがムードを盛り上げる

店内の様子

パン

前菜

彼女用の前菜

彼女は鶏肉は食べられるのでこのような料理になった

筆者の前菜

魚料理

は、サンドルと言う欧州の川魚

メインのお肉料理

デザート

レモンのバヴアロア

と、苺

紅茶

それに付属していた小菓子

チョコフィナンシェかな

栗のシュークリーム

チョコケーキ

二種類のチョコ

二つとも

同じ味だった


この記事をはてなブックマークに追加

北海道ラーメン味八(東京新宿)  投稿者:佐渡の翼

2017年06月19日 13時01分28秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記

2017年5月3日のランチは北新宿の小滝橋通りに面する北海道ラーメンのお店「味八」で食べる事にした。ラーメンなどと言う食べ物を単品ではここ5年間食した事はなかったが、近年は嗜好の変化で、この種の俗っぽい食べ物にも興味が湧いて来ていた。麺屋武蔵新宿本店前に開店前の行列が出来ているのを確認した筆者は、そのラーメンが行列してまで食べるほどの代物ではない事を知っていたので、行列を作る訪日観光客らを尻目に、空いていた北海道ラーメン味八さんを訪ねてみた。午前11時05分にお店にお邪魔したら先客は皆無であった。入り口で食券を購入するシステムであり、筆者は味玉北海道ラーメン(830円)を注文した。10分ほどでラーメンが運ばれて来た。濃厚な豚骨味噌味スープに、卵を練り込んだ黄色い麺を絡ませる典型的な北海道ラーメンであった。具は煮玉子、チャーシュー一切れ、メンマ、若芽、そして山盛りのモヤシと葱で、コーンは入ってはいなかった。モヤシと麺は全量を食べたが、チャーシューと煮玉子半分とスープのほとんどは残した。チェーン店の札幌味噌ラーメンとほぼ同じ味であり、格別な味がする訳ではなかった、味八のラーメンだった。

このお店では札幌ラーメン以外にも、函館塩ラーメンや旭川の醤油ラーメンなども提供している。新宿界隈で北海道ラーメンを食べたくなれば訪問する価値はあるであろう。

お店の入り口

お弁当


この記事をはてなブックマークに追加

マジェステイックホテルのスイートルームその2     投稿者:佐渡の翼

2017年06月18日 06時00分53秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

バスルーム

寝室から見た居間

ルームキー

英国航空のPriority tag

バスローブ

ミニバーとコーヒーセット

クローゼット

バスタブとシャワー

化粧台

トイレ

非常口の案内図

この香水は有料

部屋の温度はやはり22度に設定されていた






この記事をはてなブックマークに追加

ホテルの窓から見たグラシア通り     投稿者:佐渡の翼

2017年06月17日 05時22分34秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

中央部にカサバトリョが見える(青い屋根の建物)

ホテル前の交差点の南側

同西側

更に北側にレンズを振った

居間のベランダから隣室のバルコニー部分を見たところ

ホテルの東側


この記事をはてなブックマークに追加

マジェステイックホテルのスイートルームその1     投稿者:佐渡の翼

2017年06月16日 06時07分59秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015

Majestic Hotel & Spa Barcelonaはグラシア通りのネオクラシックな建物内に位置し、豪華な客室、スパ、市街の素晴らしい景色を望むテラス、屋上スイミングプールを提供している。建築当時の外観がそのまま残るMajestic Hotel Barcelonaの客室は、スタイリッシュでモダン、魅力的でクラシックな内装。各客室にはエアコン、薄型テレビが備わっている。

このホテルの客室棟の最上階である7階にはコーナースイートルームが二室あるが、筆者へアサインされた部屋は、グラシア通りに面する最上等の部屋であった。このお部屋が一泊9万円程度なのだから実に安い!お部屋に到着したのは午後6時29分であった。9月のバルセロナの日没時刻は午後7時15分なので、7時30分頃まではまだ明るい。部屋で旅装を解いたら街へ出てみようと思った。

ベルボーイが部屋の鍵を開けてくれた

ソファー

ベッドルーム

デスク


この記事をはてなブックマークに追加

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」(バール・フェリチータに変貌)、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2017年3月8日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved