佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

凱旋門前のギター弾き   投稿者:佐渡の翼

2016年01月31日 03時24分23秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

黒人のギター弾き

少し小首を傾げながら弾く

今度は前を向いて

弾いている

その様子を写真撮影するカメラマン

カルチエのお店をバックに、こんな感じでの撮影になる

通り過ぎる人々

ビルの壁に張り付く男

ギターの演奏を見物する中国系の観光客

横断歩道待ちの観光客

皆さん、首からカメラをぶら下げている

再び凱旋門前


この記事をはてなブックマークに追加

凱旋門前のツタンカーメン    投稿者:佐渡の翼

2016年01月30日 02時59分32秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

有名な凱旋門前の観光用ツタンカーメンさん

1EURを渡したらお礼にお辞儀をしてくれた

おばさんが振り返って見ている

観光客が写真を撮っている

おじさんも「おお、面白いなあ~」と言った表情で見ている

子供も興味津々で見ている

地元の人も「何だ何だ」と言う表情で通り過ぎて行く

凱旋門近くにも

やっぱり

ベロタクシーがあった

その正面像


この記事をはてなブックマークに追加

凱旋門その1   投稿者:佐渡の翼

2016年01月29日 03時59分37秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ようやく凱旋門に到着した。凱旋門はパリの象徴的な建造物の一つで、単に凱旋門と言えばこのエトワール凱旋門を指すことも多く、世界有数の観光名所となっている。シャンゼリゼ通りの地下入口から地下道を通って近づける。料金を払い(ミュージアムパスでも入場可能)、らせん階段で上まで登ることができる。エレベーターもあるが、これは基本的に体の不自由な人のために使われている。この凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始め、12本の通りが放射状に延びておりその形が地図上で光り輝く「星=étoile」のように見えるので、この広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l'Etoile」と呼ばれていた。以上はウキペデイアからの引用。

近くで見るとそれほど巨大な感じはしない、左手に見えるのが凱旋門に通じる地下道

が、やはり見ると聞くのとでは大違いだ

ここにもベロタクシーがいた


この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその6     投稿者:佐渡の翼

2016年01月28日 06時06分04秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

カフェジョージ

タグホイヤー

JM Weston

ブランド店が軒を連ねている

これもパリらしい

ルイヴイトン本店

間も無く凱旋門

日本人観光客だろう

道端でハンバーガーを齧る女性

また、ビッグバスだ


この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその5    投稿者:佐渡の翼

2016年01月27日 05時45分09秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ホテルマリオットシャンゼリゼ

パン屋さん

H&M

工事中の看板を立てた車

ZARA

スケボーを乗り回す

少年

こちらへ向かって来る

物凄い

スピードで走りまくっていたので

あっと言う間に通り抜けて行った


この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその4    投稿者:佐渡の翼

2016年01月26日 03時48分42秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

この母娘は日本人親子っぽい

斜め掛けバッグと小脇に抱えた旅行雑誌から見て多分日本人だろう

こちらは韓国系か?

シャンゼリセ大通りの北側に伸びるコリーゼ通り

シネマの向こうにはゲランの店がある

サノビッチカフェ

ボエテイー通りにあるテイファニー

のお店

それをスマホで撮影しようとする女性

上手く撮影できたか?

とあるレストラン

昨日のお弁当


この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその3    投稿者:佐渡の翼

2016年01月25日 04時49分32秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

この建物はグラン・パレかと思う。葛飾北斎展をやっていた

警護の警察官に何事かを尋ねる女性達

シャンゼリゼ通りをスマホで撮影する観光客達

ここにもベロタクシーがいた

パリの公衆電話

ユニセックス(男女共用)のお店

そのショーウインドウを見るカップル

路上のカフェ、サーブする男性氏が恰好いい!

GAPとZARA前

そこで、ビデオ撮影をする

お父さん

それを見た子供が

僕にもやらせてと言った感じで飛び跳ねていた

こちらを見つめるイスラム系の女性



この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその2    投稿者:佐渡の翼

2016年01月24日 03時37分20秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

シャンゼリゼ通りの右側を通行中

観光客で一杯

パヴイオン・エリゼ・ルノートル付近

で行列を作る人々

地元のおじさん

や、おばさん

警官

携帯電話で通話中の警察官

パリの秋って感じ

スマホで撮影する観光客

遠くに見えるのはプチ・パレ美術館かと思う


この記事をはてなブックマークに追加

シャンゼリゼ通りその1    投稿者:佐渡の翼

2016年01月23日 03時17分09秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

シャンゼリゼ大通りの東端

南側

木木は秋の色付き

再び大通り前

ベンツやアウデイなどのドイツ車も多い

可愛い観光三輪自動車

オメガの広告の前を横切る人々

信号待ちのパリジャン

歩道には落ち葉が

2014年9月21日だが、パリはもう秋

ツアーバス

と、道行く人々


この記事をはてなブックマークに追加

コンコルド広場    投稿者:佐渡の翼

2016年01月22日 04時07分44秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

コンコルド広場(Place de la Concorde)は、フランス・パリにある有名な広場。パリの中心部、チュイルリー公園とシャンゼリゼ通りに挟まれて位置する。1755年、アンジュ=ジャック・ガブリエルによって設計され、当初ルイ15世の騎馬像が設置されていたため「ルイ15世広場」と呼ばれていた。その後、フランス革命の勃発により、騎馬像は取り払われ、名前も「革命広場」に改められた。フランス革命中には、ルイ16世やマリー・アントワネットへの処刑が行われた刑場でもある。1795年に、現在の「コンコルド広場」という名前で呼ばれ始めた。以上はウイキペデイアからの引用だが、いつ行っても大勢の観光客で賑わう広場である。広場の真ん中にはエジプトのルクソール宮殿から運んで来たオベリスク(クレオパトラの針)がある。

コンコルド広場

右の方へ移動して撮影

オベリスク

パリらしい風景

シャンゼリゼ大通り

海軍作戦本部

遠くに凱旋門が見える

another big bus

オベリスクの塔


を間近で撮影




この記事をはてなブックマークに追加

ヴアンドーム広場からコンコルド広場へ    投稿者:佐渡の翼

2016年01月21日 03時09分09秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ヴァンドーム広場(仏: Place Vendôme)とはパリの1区にある四角い広場で、テュイルリー宮殿の北、マドレーヌ寺院の東に位置する。ヴァンドーム広場はラ・ペ通り(Rue de la Paix、「平和通り」の意で、高級ブランド店が並ぶことで有名)の始点でもある。ジュール・アルドゥアン=マンサールによる規則的な建築と、角のところで斜めになっているペディメントの仕切りとで、長方形のヴァンドーム広場は八角形に見える。以上はウイキペデイアからの引用だが、この広場を南下すると右手にウエスチンホテルを見ながらリヴォリ通りに至る。ここを右折するとコンコルド広場に至り、左折すると左手にル・ムーリスホテルを見ながらルーブル美術館に至る。このヴァンドーム広場は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の映画のタイトルにもなっている。

ヴアンドーム広場の入り口付近、右手はリッツホテル。

この建物の中にはシャネルやデイオールのジュエリー部門のお店がある

オープン観光バス

パトカー

ウエスチンホテルの真向いのアーケード街

ウエスチンホテル

こちらはウエスチンホテルの前のアーケード街

メイフェアホテル

コンコルド広場

ライオン、オベリスク、エッフェル塔

時刻はまだ午後3時!


この記事をはてなブックマークに追加

オペラ座からカプシーヌ通りへ    投稿者:佐渡の翼

2016年01月20日 06時21分37秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

右手へ行くとコンコルド広場で、真っ直ぐ行くとパレ・ロワイヤルに至る

オペラ座から南方向を見るとこうなる

ここはカプシーヌ通り

公衆トイレ

インターコンチネンタル・ル・グランホテル

ここはドヌー通りと思われる

ここを左折してみた

真っ直ぐ行くとコンボン通りで左折するとカプシーヌ通り

こんな細い路地だが

寿司屋があった

向うにヴアンドーム広場が見えた

ヴアンドーム広場から見たラ・ペ通り、左手に見えるのがパークハイアット・パリ・ヴアンンドームホテル


この記事をはてなブックマークに追加

オペラ・ガルニエ      投稿者:佐渡の翼

2016年01月19日 03時44分15秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

オペラ・ガルニエ正面

カプシーヌ通り

Lancel方向

オペラ広場

を歩く人々

オペラ座を

撮影する観光客

オペラ座の前

フランスには移民が多い

オペラ座の階段に座る人々


この記事をはてなブックマークに追加

ホテルを出てオペラ座まで     投稿者:佐渡の翼

2016年01月18日 02時38分43秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

ホテルの部屋から見た路上駐車の車

真向いは高級宝飾店

ここはラ・ペ通り

テイファニーがある

この通りにはJTBプラザなどもある

ホテルの外に出てみた、左手はピアジェ

アルフレッド・ダンヒルのお店。どこかの国の取材クルー達

オペラ座前の六差路

Berlitz

Lancel

オペラ・ガルニエ


この記事をはてなブックマークに追加

パークハイアット・パリ・ヴアンドームホテルでのランチ その2(ビーフステーキ編) 投稿者:佐渡の翼

2016年01月17日 03時06分59秒 | 海外旅行フランス・パリ2014年

次いで筆者は、昼酒として赤ワインを1杯注文した。ウエイター氏は「お客様、それでしたらPaulliacと言う2009年物の極上の赤ワインがございますが、それなどいかがでしょう?」と言った。「いや、それではなく、ロワール産の2008年の赤はあるかね」などと一丁前の口答えが出来る観光客はおるまい。大抵の人はウエイターの勧めるがままに唯々諾々とそのワインを注文してしまうだろう。このワイン、グラスで二杯飲んだだけで82EUR(11,480円)もふんだくられた。このホテルは座って水とワインを飲んだだけで12,000円近くも取られるのだから、新宿歌舞伎町のやらずぼったくりキャバクラ並みの料金設定である。さすがは富裕層だけが宿泊できる「パラスホテル」だけの事はある。一般佐渡島民に於かれては間違ってもこのようなホテルで飲み食いしてはならない。金がいくらあっても足りないからだ。このホテルに宿泊するのはいいとしても、館内レストランでの飲食は避けるべきであろう。さもなくば、帰国後カードの請求書を見て腰を抜かす羽目になるからだ。

だが筆者は、この程度のぼったくりにひるむ事なく、自ら進んで更なるぼったくりの被害に遭う事にしたのだからその浪費態度は筋金入りだと言えよう。筆者はウエイター氏に「ビーフのステーキはあるかね?」と尋ねてみた。すると慇懃な物腰のウエイター氏は「お客様、それでしたら当店には極上の和牛のサーローインステーキがございます」と言った。筆者はメニューを見ていちいち値段などを確認せずに、二つ返事でそれを注文した。今回の欧州旅行最後のランチである、けちけせずに大盤振る舞いをしてやろうと血が騒いでいたので値段などどうでも良かった。この和牛ステーキ、厚さは3cmほどあり、食べごたえは充分だった。だが、日本の和牛のような箸で千切れるほどの柔らかさはなく、少々硬かったが味はまずまず美味しかった。後で請求書を見たら105EUR(14,700円)もふんだくられていた。今回のパークハイアット・パリ・ヴアンドームでのランチの総計は198EUR(27,720円)であり、いくらパリは物価が高いとは言え、さすがの筆者もこれには驚いた。27,720円は、パリなら上等な宿に宿泊可能な料金とほぼ同じだからだ。

82EURの超高級ワイン

これっぽっちで82EUR

パンに付けるバター

ウエイター氏

暖炉

椅子

サーブしてくれたウエイトレス

付け合わせのポテトがまたどっさりと出て来た

豪華ランチの全貌

暖炉前の席


この記事をはてなブックマークに追加

ブログの記事内容について

「佐渡の翼」の記事内容は、調査スタッフ個人の、お店や宿泊施設に対する感想や意見を記述したものです。これらは、すべての読者が感じる内容とは必ずしも一致しません。「佐渡の翼」に掲載された記事を参照した後、読者ご自身の判断で行動した結果、生じた損害・損失について、当ブログは一切責任を負いかねますのでご注意下さい。更に、お店の外観写真やメニューはあくまでも取材時点でのものであり、最新情報とは必ずしも合致しておりません、重ねてご注意下さい。佐渡島内の焼肉屋と焼き鳥屋は調査の対象外です。これらのお店に関する情報をお求めの方は「佐渡なび」(http://www.sadonavi.net/)にアクセスしてお調べ下さい。なお、当ブログで紹介後に営業を休止したり廃業した飲食店は、宿根木の日本料理の名店「菜の花」(2013年4月に東京上野桜木で再オープン。電話番号:03-3827-3511)、小木の新保屋食堂、佐和田の居酒屋「侍」、佐和田の中華料理「潤采」と「洛陽」、佐和田のラーメン大学「かねふく」、佐和田のラーメン店「燕人」、佐和田の喫茶店「トムキャット」(バール・フェリチータに変貌)、佐和田の「石川食堂」、佐和田のラーメン屋「げんき家」、佐和田のキャバクラ「パレス」、八幡のスナック「メンソーレ」(カラオケ、ココルに変身)、二見のラーメン屋「二見食堂」、真野の「寿司正」(後継は洋風のお店になる模様)、相川の「りき寿司」、相川ののら犬カフェ、金井の蟹料理専門店「かにっこ」、金井の食堂「ランチ@さとにわ」(佐和田へ移転)、金井のスナック「花音」(スナックyy'78に変身)とスナック「リバーサイド」(居酒屋兼食堂:クッチーナに変身)、畑野の食堂「菜花村」、両津の喫茶&レストラン「アン」、両津のファーストフードの店「マックス」、両津の「彩花停」(海結に変身)です。なお、紹介後に閉館したホテルは小木の「ニュー喜八屋」、佐和田の「シルバービレッジ」(改装され、ホテル浦島東館として再スタート)、相川のホテル「さどや」、えにしの宿「新ふじ」、相川やまきホテル。廃業した旅館は、小木の「ごんざや旅館」と相川の「中山旅館」です。 2017年3月8日現在の情報に基づいています。

佐渡の翼管理人

当ブログは著作権法により保護されています。当ブログ内で提案された「アイデア」の借用、具現化、実行等には何らの制限もありませんのでどうぞご自由にご利用下さい。当ブログの記事内容を著作権者の許諾なしに「引用」することは、その必然性があれば著作権法上は合法です。しかし著作権法第32条では、「引用は、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定められています。「正当な範囲内で」 とは「 引用しすぎてはいけない」という事であり、質的にも量的にも、自身の文章が「主」、引用部分が「従」という関係にある(最高裁判例)事が求められています。なお、アクセス状況は2009年2月1日からの累計です。 Copyright © 2009 Wing of Sado All Rights Reserved