佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

オリガミ(キャピトルホテル東急)   投稿者:佐渡の翼

2017年05月15日 04時45分20秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記

2016年2月28日は東京マラソンの日であった。都心部は午前9時30分頃から交通止めになるとの事で、筆者は午前8時20分に自宅駐車場を出て、首都高経由でホテルニューオータニへ向かった。すると首都高の料金所の入り口で、マセラッテイがi8の前方を通過して行った。ETCゲートを通過したマセラッテイは案の定、時速140kmで首都高を突っ走った。筆者は、ギアをスポーツモードに切り替え、急加速でピタリとこの車を追走した。スピードを上げて後続車を引き離しにかかろうとした時に、相手も加速してピタリと付いて来られるほど嫌な事はあるまい。さりとて車線を譲って相手を追い越させるのはマセラッテイとしてのプライドが許すまい。そういう訳で、カーブに差し掛かるまで、この車はi8の追走恐怖に脅えながらの走行となったようだ。「i8って電気自動車だろ?ガソリン車と違い、カッコだけでそんなにスピードは出ないんじゃないのか?」と侮ってかかるとこういう目に遭う。i8の加速性能は、そんじょそこらの大排気量のガソリン車とは訳が違うのだ。

わずか40分ほどでニューオータニに到着した後、いつもの充電専用の駐車場に車を停め、サツキで休憩した後、地下鉄丸の内線で国会議事堂前駅へと向かった。日枝神社で遅い初詣を済ませた後に、キャピトルホテル東急のオールデイダイニング「オリガミ」にお邪魔した。初詣では「彼女との恋愛がうまく行きますように」と祈願した。

オリガミへの訪問は午前11時10分頃だったが、この日は猛烈にお腹が空いていた。筆者は、サラダと小スープ(コーンクリーム)、メイン、紅茶がセットになった「オリガミセットランチ」(3000円)を注文した。メインには真鯛のポアレクリームソース(トップ画像)をチョイスした。パンはフランスパンとミルクパンの二種類で、瞬く間に全量を完食した。そして苺のミルフイーユケーキ(700円)も注文して食べた。これでお腹一杯になった筆者は、再びホテルニューオータニへと戻り、来週に恋人とデートするためのデイナー場所として、ニューオータニのトゥールダルジャンを選び、その予約を済ませた。

テーブルセッテイング

店内の様子

窓の外には首相官邸が見える

今日のコートとニット

スープ、サラダ、パン

パン

バター

スープ

野菜サラダ

メインの魚料理

デザートと紅茶

苺のミルフイーユ

『グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« B&Bウイリアムモリス    ... | トップ | アーリントン・ロウその1  ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む