佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

ベッラビスタ(ホテルニューオータニ内)    投稿者:佐渡の翼

2017年06月15日 08時34分38秒 | 国内高級ホテルレストラン・料亭食べ歩記

2016年3月13日、筆者は同年2月の高松旅行で地面に落して故障させた、ニコンD810の修理が完了したとの電話連絡を受け、カメラを受け取るためにビックカメラの東新宿支店に向かった。修理完了までに4週間を要したが、これは、交換が必要な部品の取り寄せに時間がかかったためであり、結果的には全ての故障が自然故障に寄るものと判明したため、ビックカメラの長期5年保証に加入していたお蔭で、修理金額の65,124円は免責となった。長期5年保証を得るために支払った金額は高々17,500円であり、高額なカメラを購入する際は是非ともこの保証に加入しておく事を強くお勧めしたい。

カメラを受け取った後、筆者はニューオータニへ戻り、予約しておいたホテル内のイタリアンレストラン「ベッラビスタ」を訪ねてみた。このレストランはタワー館の40階にある。午後1時15分と言う遅めの時間帯にお店にお邪魔した。店内はほぼ満席状態であったが、奥まった二人掛け席へと案内された。筆者は、前菜、小パスタ、メイン、デザートから成るコース料理(税サ込5940円)を注文した。

前菜は、スモークサーモンとそれのムース、トマトとモッツアレラチーズ、野菜の酢漬け、イベリコ豚の生ハムである。いつものベッラビスタ風の一口前菜で実に美味しい。パスタにはシンプルなトマトソースのパスタを選んだ。メインは三重県産の鰆と海老の炭火焼(トップ画像)。これらに菜の花のフリット、蕗に烏賊墨をまぶして揚げた物、ベビーコーン、百合根が付け合わせとして添えられており、ソースはポテトのピューレだけと言ういつものシンプルな塩焼きである。Simple is the best.こそがここのお料理を評するのにピッタリな言葉である。デザートは苺とそれのシャーベット。最後に紅茶を飲み干して終了とした。弥生3月に入ってからのランチとしてはまずまずのベッラビスタであった。

テーブルセッテイング

お水を注文した

メニュー

今年もあまおうのタルトがあった

アラカルトメニュー

パン

全粒粉のパン

前菜

スモークサーモン

トマトとモッツアレラチーズ

野菜の酢漬

イベリコ豚の生ハム

シンプルな

トマトソースのパスタ

鰆の炭火焼

海老と蕗

本日のバッグ

デザート

紅茶

『グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マジェステイックホテルでの... | トップ | マジェステイックホテルのス... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む