佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

佐渡の翼君のお気に入りの美味しい店リスト2013年版

2013年10月10日 01時51分09秒 | 佐渡グルメ美味しい食べ歩記

今日で、当ブログ発足から丸6年が経過した。営業ブログではないにも関わらず、そして島民の様々な嫌がらせやありとあらゆる誹謗中傷、毀誉褒貶を受けながら、それらを蹴散らし、六年間毎日更新の偉業を達成したのは当ブログだけである。誠に「継続は力なり」であり、当ブログの実力を凌駕する人間は今後二度と現れないだろう。自分でもよくぞ6年もやり続けられたなと感心しているくらいである。

以下に記載したお店は、6年間地道に複数回食べ通った末の結果であり、充分信頼できる美味しいお店リストと考えて頂いて構わない。全部で42店舗と、数の上では昨年と変わらない。ニ店舗が脱落し、ニ店舗が新たに加わったからだ。今回のリストから脱落したお店は三店舗であり、二店舗は降格を原因とし、他の一店舗は東京進出が原因である。一方、新たに加わったお店は、佐和田のビストロリハチと、金井の洋食「クッチーナ」さんである。二つ亀ビューホテル以外は通年営業で、完全予約制のお店は「清助」だけである。なお、当ブログで広告しているように、焼き鳥屋、焼肉屋は除外し、蕎麦屋も割愛させて頂いた。

両津地区:カフェロータリー、カフェレストモア、彩花亭、ファンタオ、カフェテラス「四季」、旬香「よし坊」、割烹「漁場」、居酒屋:喜林亭、居酒屋:タロー、海鮮横丁、二つ亀ビューホテル、フレンチ「清助」、妙生庵、ヘブンズキッチンのパスタ(14店舗)

佐和田地区:天麩羅:歌留多、魚処「かすけ」、りき寿司佐和田、フレンチ「アングランパ」、フレンチ「ラ・プラージュ」、フレンチ「ビストロリハチ」、シェ・モリタニのステーキ(8店舗)

相川地区:高千のラーメン屋「赤ちょうちん」、割烹「中庄」、つるやのスパゲッテイ、居酒屋:ちゃらくらげえー、のら犬カフェ(5店舗)

小木地区:とき寿司、中華料理:や志満、小木家の釜飯、魚晴のあわび丼、(4店舗)

新穂地区:居酒屋:ありんこ、居酒屋:なっちゃん、餃子・ラーメンの伝次郎(3店舗)

真野地区:バラ寿司のごしま、寿司正(閉店)(2店舗)

羽茂地区:喜楽亭のハンバーグ、串焼き「えんまん」(2店舗)

畑野地区:割烹:神楽

赤泊地区:中華料理:優遊

金井地区:回転寿司「まるいし」、洋食「クッチーナ」(画像はこのお店の一押しメニューである海鮮パエリアです。本当に美味しいので是非一度お試しあれ)(2店舗)


なお、真野のみずほ病院へと向かう道の途中の右手に「やまご」と言う名称の「手打ち蕎麦兼佐渡の郷土料理」のお店が9月20日にオープンした(当面は金・土の午前11時から午後2時までの営業で2階は柿餅本舗になっている)が、筆者にはそこへの訪問予定はない。場所はこちらで、五十嵐敏郎さんが運営されている。最後に、佐渡の全飲食店主様に於かれましては、かような、しがないブログの評価に一喜一憂する事なく、味向上のための不断の努力を積み重ね益々繁盛される事を切に願う次第であり、今後共佐渡の翼をよろしくお願いいたします。


10月10日の日記:国内家電メーカーのテレビ事業が赤字続きだそうだ。パナソニックは、来年3月をめどにプラズマテレビの生産から撤退する予定だし、液晶テレビについても、大量生産で安く作れる体制を整えた韓国勢に押され、どのメーカーも赤字が続いている。来年7月から4Kテレビの試験放送が始まる予定で、この頃から4Kテレビの大量生産が始まるので、その1年後には価格の下落が始まるだろう。2005年11月に購入した筆者所有のシャープの液晶テレビは45インチタイプだが、間もなく購入後8年が経過する。従って、消費税が10%に増税される直前の2015年の9月頃に4Kテレビに買い替える予定である。筆者はビックカメラで4Kテレビの画面を見た事があるが、従来のデジタルハイビジョンテレビ画面に比べ、若干鮮明度が増しているかなと言う程度で、現在の画質では買い替えるほどの価値はなさそうに思えた。

『グルメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長手岬灯台     投稿者... | トップ | ピエールエルメパリのマカロ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む