佐渡の翼

佐渡の観光名所紹介、佐渡の宿泊施設の宿泊記、佐渡の全飲食店と東京都内高級レストランの食べ歩記、ヨーロッパ及び国内旅行記事

サグラダ・ファミリア教会その2(建設中の栄光のファサード)    投稿者:佐渡の翼

2017年09月24日 06時00分59秒 | ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015
生誕のファサードがあまりにも壮麗なため、サグラダファミリアを訪れる前の人々は、そちらが正面入口だとイメージしがちだが、聖堂で最も重要な正面入口は、更に壮大となるこの栄光のファサードである。ガウディは亡くなる10年前に、建設プロジェクトを引き継ぐ人々に資料を残すことを目的に、栄光のファサードやそこに配置する象徴表現について綿密な研究を行い、多くの模型を残した。しかし、1936年の内戦により、それらは破壊されてしまった。もはやガウディの構想を忠実に再現することは不可能だ、と言う意見から、建築を続けるべきか議論がなされたが、ガウディや協力者が撮った写真、彼が残したメモを手掛かりに建設が再開された。2000年にこのファサードの基礎工事が開始され、約3000個の模型の破片の修復作業は今も尚、並行して行われている。このファサードには7つもの扉が配されるが、2012年に最初の扉(中央扉)の設置が完了した。この扉には「主の祈り」の文句が世界50か国の言葉で刻まれているそうだ。

受難のファザードに向かって右側へ回り込んでみた

ご覧のような彫刻が並んでいた

建設途上なのでこんな感じである

1882は何を意味するのだろう?

受難のファザードを南東側から見るとこうなる

建設中のため厚いコンクリートの壁で覆われているが、完成すればここが栄光のファサードとなる

Eucaristiaとはギリシャ語で聖餐を意味する

『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サグラダ・ファミリア教会そ... | トップ | サグラダ・ファミリア教会の... »
最近の画像もっと見る

ロンドン・バルセロナ・パリ豪華旅行2015」カテゴリの最新記事